担当者にトツゲキ 担当者にトツゲキ

【担当者にトツゲキ】生理用品もファッション感覚で楽しんでほしい! 「EMILY WEEK」が提案する女性のバイオリズムに寄り添うライフデザイン

ライフスタイルブランド「EMILY WEEK」では、生理週間を軸に女性のバイオリズムに寄り添うアイテムを提案。女子の1カ月は「月経期(RESET)」「月経後1週目(ACTIVE)」「月経後2週目(NEUTRAL)」「月経後3週目(BALANCE)」の4つの時期に分かれ、それぞれの時期で女子のカラダも悩みも変化していきます。それぞれの時期をポジティブに過ごすために、バイオリズムや悩みに合わせたアイテムを選ぶことができるのが、EMILY WEEKの魅力。今回も、ベイクルーズの柿沼さんと牧野さんに、オリジナルアイテムについてお聞きしてきました。

(テキスト:女子部JAPAN(・v・)あり)

 

 

リネン、コットン、シルクニット…。
その時期の悩みに合わせた素材選びがEMILY WEEKらしさ。


あり:生理周期に合わせた、商品の提案の仕方も面白いですね。

 

柿沼さん:女性の1カ月のホルモンバランスの変化は大きく4つの時期に分けられて、女性のカラダも悩みも変化していきます。EMILY WEEKでは、同じアイテムでも、その時期に合わせた素材を提案しているんです。

 

 

たけだ:おもしろい! 時期によって素材が違うんですね。

 


柿沼さん:たとえばデリケートパッド(布製ライナー)は、生理期には内側に防水布を入れていたり、生理後1週目のおりものの量が多い時期には肌面の素材に、常にサラッとした肌触りを保てるリネンを使用しています。リネンは丈夫なのでガンガン洗ってもくたれないんです。

生理後2週目に提案している素材はオーガニックコットン。冷えが気になってきたり、集中力が切れて眠くなりがちな時期なので、コットンのふかふかの肌触りでリラックスできます。生理後3週目で生理直前の時期はシルクニット。シルクは素材の特徴として保温性が高く、通気性や抗菌作用にも優れています。

 

こばなみ:素材がいろいろ選べるのはいいですね!

 


牧野さん:肌素材を変えているのがEMILY WEEKの特徴なんです。最初にどれを買えばいいか迷ったら、一番悩みの多い時期のものを使ってみるのもいいですね。

 

 

シンプルな色やデザインにもこだわり。
楽しく使えるおりもの用ライナーも人気!


たけだ:私も10年前から布ナプキンを併用しているのですが、あまり使いたいデザインがないのが悩みだったんです。

 


牧野さん:布ナプキンをお使いの方からの「好みのデザインが見つからない」という声は多いんです。それで、EMILY WEEKのデリケートパッドはデザインにもしっかりこだわって、色味を抑えてシンプルでミニマムな感じに仕上げています。

 

 

あり:このライナーの柄、すごく素敵ですね。なかなか見かけないデザインです。

 

 

こばなみ:布ナプキンって、ちょっと使うのに抵抗がある人も多いですよね。実際はどうなんでしょうか。

 

柿沼さん:EMILY WEEKのお客さまでも、そういう方は多いです。使い慣れるまでは少し抵抗感はあると思いますが、生理のはじまりや最後の経血量が少ない時に使いはじめてみるのもいいですね。外出先や量が多い日は使い捨ての紙ナプキンと併用するという人もいますよ。

 

 

こばなみ:素朴な質問なのですが、使用済みの布ナプキンって、どうやって持ち帰るんですか?

 

柿沼さん:布ナプキンも取り替える必要があるので、ジップ付きのビニール袋に包みポーチなどに入れて家に持ち帰ります。家ではすぐに漬け置き洗いをしておいて、気になる汚れは軽く手で洗ってからネットに入れて洗濯機へ。ちょっと手間ではありますが、それ以上に使用感が心地よいので、私の場合は苦にならない感じですね。

 

 

こばなみ:へ〜! そう言われると、断然使ってみたくなります。

 

 

あり:布ナプキンは、きちんと経血を吸収してくれるんですか?

 

 

柿沼さん:布製なので吸収力はもちろんあります。タオルみたいに洗うたびに吸収力がアップしていくんですよ。

 

 

あり:そう考えると、布ナプキンの方が経済的ですね。

 

 

4つの時期に合わせてブレンドされた5種類のアロマも展開。
オイル、ロールオン、スプレーがあり、使い方に合わせて選ぶことができます。

 

ファッション感覚で選べる生理アイテムをきっかけに、
毎日がんばる、自分自身のカラダとゆっくり向き合おう!

これまで主流だった紙の生理用ナプキンに加え、オーガニックコットンナプキン、月経カップ、布ナプキンなど、最近の生理用品はバリエーションが増え、女子のみなさんにとっても選択肢がどんどん広がってきています。

もし今、何か悩みがあるようなら、まずは自分の心やカラダと向き合いながら、ムリなく楽しく使えるようなアイテムを選んでみてはいかがでしょう。例えば、オーガニックコットンナプキンや布ナプキンなどを使えば、経血やおりものの様子をしっかり確認することができます。ちょっとアイテムを変えることで、自分の中での気持ちや意識が変わるのかも。アロマを焚いてリラックスしたり、機能性と着心地を追求したショーツやパジャマを身につけたり、自分へのご褒美感覚でアイテムを選んでみるのもいいかもしれませんね。

EMILY WEEKは、生理や女性特有の悩みをファッション感覚で楽しむことをステキに提案してくれますよ。通常はオンラインストアのみの販売ですが、期間限定でポップアップストアなどもオープンしているそうです。また、春は新商品も続々と登場しています。詳しくはWebサイトでチェック!

 

【今回トツゲキした担当者】

EMILY WEEK

牧野さん(左)と柿沼さん(右)

オンラインストアはコチラから。

エミリーウィークの最新情報はInstagramから。

 

 

調査記事に協力してくれる部員募集中 食べながら飲みながらディープにおしゃべり。
share
page top