新規登録

facebook アカウント登録 >
twitter アカウント登録 >
Email アカウント登録 >

ログイン

facebook >
twitter >
Email >

REPORT
【生声】グルメ、コーデ、旅行…イマドキ女子はどうやってInstagramを活用している? <女子部員30名に徹底調査/前編>

こんにちは、女子部JAPAN(・v・)編集部員のいそのです。


2016年12月には、6億人ものユーザー数に達し、今最もアツいSNS「Instagram」。昨年は女子部JAPAN(・v・)でもInstagram女子部と題して撮影&勉強会も行いました。


▲撮影会のロールケーキ写真☆


そんな中、女子部JAPAN(・v・)編集部員がInstagram本を作るという事になり、せっかくだから皆さんの活用具合を調査してみようじゃないか!ということに。


部員さんはどのような使い方をしているのか? 使い始めてから何か変わった事はあるのか? などなど、アンケート結果を前後編の2本にまとめてみたので、ぜひご覧ください! 


ちなみに私は、「#サンドイッチ」の写真を見て「いいね!」をしたり、アイドルの投稿に寄せられたコメントを読んで、今後自分がファンとしてメッセージを送るときのために参考にしたり、それなりに活用しているつもりです。しかし、もっと使いこなせるのでは? とも思っていましたので、今回の調査は勉強になりました〜。


では早速どうぞ!



1★Instagramの利用法

隙間時間にしっかりウォッチ! 簡単トレンドチェック!



圧倒的に多いのがファッションチェック。

みなさん、コーディネートの参考に使うことが多いようです。雑誌で探したり、ネットで気になるコーデを検索するより、手軽なのがポイントでしょうか。タレントやモデルのみならず、一般の方の投稿もあるので、実際に取り入れやすいのも一因かも。


「フードスタイリングやファッションにも興味があるので、その関係の写真をチェック」(Rin/インスタ歴5年)

「自分で作った手芸作品などをアップ、海外のソーイングインスタグラマーの作品チェック」(ざーく/インスタ歴2年)


コスメ、芸能、アートチェックも人気でした。注目されているものは、自然と投稿数や「いいね!」も増えて、人気が一目瞭然なので、Instagramは流行をチェックするのにぴったりなSNS。みなさん上手く使いこなしているんですね。



2★いいねのためのコツ

がっつりタグ付け…だけじゃない⁉ 「いいね!」倍増計画



こちらは王道の「ハッシュタグをつける」が圧倒的に多かったです。

「いいね!」をもらうためにはやはり人目につかねばならない…ということで、より多く検索されるようにハッシュタグをつけるのは基本。


「日本語と英語でタグを付ける」(sayaka.y88/インスタ歴5年)

検索してくれる方がぐっと増えそう!


また、写真が命のInstagram。このような回答も。

「タグ付けすることと写真の質を上げること。一眼レフで撮ったものをパソコンから上げたりします」(Rin/インスタ歴5年)

なるほど。写真のクオリティがいまいちでは、もちろん「いいね!」は期待できないですね。



そのほか、変わりダネとしては…!?

「自分だけのハッシュタグを考えてつけるようにする」(ちさ/インスタ歴1年)

奇跡的に同じタグをつけた方(つける方)がいたら、嬉しくてついコメントしちゃいそうですね!


そういえば、女子部JAPAN(・v・)の過去記事にこんなものも…

インスタグラムのタグ付けを楽しもう! &アカウントの探し方のコツも教えます!

他のユーザーが付けそうにないハッシュタグを付けることで、仲間内だけで楽しむこともできるという使い方も♪ 隠しページのようで楽しそう!



▲女子部JAPAN(・v・)で決めた「#umaing(おいしい)」の現在のフィード。美味しそう!



「たまに顔出しをする」(さやにゃん/インスタ歴6年)

こんな意見も! 効果はどれほどあるのか…、気になります。




3★お気に入りの芸能人・注目アカウント

これぞ醍醐味! こっそり覗く? 憧れ生活



こちらは普段の活用法によって、芸能人、公式アカウント、動物系と少々分かれました。芸能人でいうと、


◆ローラ @rolaofficial

◆水原希子 @i_am_kikoxo

◆渡辺直美 @watanabenaomi703

◆木下優樹菜@yuuukiiinaaa

◆梨花@rinchan521

などのお名前も。


皆さん、有名どころをばっちり抑えてますね。

また、芸能人以外で部員さんが注目しているアカウントはコチラ。



<アート!> @edgar_artis



「とても個性的で面白いアートを更新しているから」(エイプリル/インスタ歴8ヶ月)


食べ物とイラストを組み合わせた作品をアップしている海外のアーティスト。

“フードドレス”と呼ばれる作品は、お菓子やお花を組み合わせ、立体感溢れる仕上がりに! 立体部分は用紙からはみ出ているものもあり、生き生きとした様子が伝わってきます。燃える火を使った作品などもあり、見ててワクワクしちゃいました。



<動物系> @yukitanp


「黒柴犬の動画がとても可愛い」(ringo/インスタ歴5年)


無防備なワンちゃんの動画や写真がいっぱいで、疲れている時にみると1.2倍増しで癒されそう。個人的にですが黒い柴犬が好きなので、フォローフォロー! 

#Shibastagramなる柴犬ファン垂涎のタグも発見!  



<お料理> @amehtm


「お料理の写真がきれい」(yukkysnowy/インスタ歴5年)


お、おいしそう…! と思わず過去の投稿を遡ってしまいました。

朝昼夜、おやつやお茶時間の、おしゃれな写真が満載です。背景のボケ感が女子好み! 




4★Instagramを始めてからの変化

友達が増える! 見た目もスキルも磨ける! 


皆さん、Instagram上で想像以上に交流しているようです。


「共通の趣味の友達が増えた。写真の撮り方、撮られ方を意識するようになった」(うりたん/インスタ歴1年半)

「作品を展示して海外の人からのコメントをもらえて、プチ英会話をしたりすることも」(きょこ/インスタ歴8ヶ月)


ほかにも、昔からの友達と気楽にコメントのやりとりをしたり、新旧問わずに交友関係が広がっている方も。



また、友達が増える、交流関係が拡がる以外の変化としては、おしゃれな投稿を見て刺激を受けた人も多いようです。

「見た目に気を使おうとより思った」(k/インスタ歴1年半)

「素敵な料理、食卓の写真を見て、参考にしたりして、自分の食生活が変わった」(ゆみこ/インスタ歴6年)


「誰もみていない」と思っておざなりにしがちなことも、写真で客観的に自分を見ると、悪い意味でのギャップに愕然とする事も多いですよね…。どうせならきれいなものを残したい!とやる気につながるのは良いことかも。



他には、

「『タグを辿って来ました!』とテレビの取材が舞い込みました!」(kazoo/インスタ歴1年半)

「女子旅行の本に写真が掲載された。そういう事態を全く想定してなかったので、嬉しかったが驚いた」(sayaka.y88/インスタ歴5年)

など、取材やメディア掲載されたという人も。これは嬉しいですよね。発信すると、気づいてくれる方がいるんだと実感し、ますます投稿に力が入りますね! 



さて前編はここまで。部員さんのインスタ活用状況が少しずつ露わになってきましたね〜。後編では、インスタグラムに何を求めているか、そしてその解決方法を伝授しちゃいます! お楽しみに〜!




そして、今回の内容も掲載されているInstagram本はこちら!

 e-MOOKInstagram Magazine」(宝島社)

本体830円+税

2017128日発売


人気インスタグラマーの作り出す世界観に浸ったり、もふもふな動物に癒されたり。楽しみ方はまだまだありそうです! インタビューもたっぷりですよ! 

ぜひお手にとってご覧くださいね。すぐに検索できる、便利なQRコード付き! 





女子部JAPAN(・v・)編集部員いその/ちょっとしたスキマ時間につい開いてしまうInstagram。腹ペコの時ほど、美味しそうな食べ物写真を見て喜んでいます。


-いそのよりおすそ分け-

♯タマゴサンドの検索結果。う〜ん、幸せの黄色い画面です! 


このエントリーをはてなブックマークに追加
画像UP


×