新規登録

facebook アカウント登録 >
twitter アカウント登録 >
Email アカウント登録 >

ログイン

facebook >
twitter >
Email >

REPORT
【大きな声では言えないけれど】婦人科検診、ここ1〜2年で受けた? 再検査になった?(調査16)

女子部員たちのココロをハダカにして無意識な気持ちを探る「すっぴん調査」。今回は女性特有の病気を診察する「婦人科検診」について。カラダの中でも胸や子宮といったデリケートな部分の検診のため、なかなか女子同士でも相談しづらかったりして、なんとなく検診を受けないで過ごしていくうちに実は病状が深刻になっていることも。

昨年婦人科検診を受けるために、紹介してもらったクリニックへ初診の予約の電話をした際、「妊娠の可能性は?」と聞かれて「あ、全然ないです! 心配ないです!!」と即答した自分に電話を切った後に悲しくなった女子モドキ編集部員・トモイ25歳が、36人の女子部員たちの検診事情に迫りました。


(テキスト:女子部JAPAN (・v・)  トモイ)


Q.婦人科検診、ここ1〜2年で受けた?

   

(回答者数 36人) (2017年4月29日 第2回すっぴん調査+WEB調査にて)


<すっぴん結果>

さすが女子部員、

2/3は受診していた!


そもそも婦人科検診とは・・・

子宮筋腫、卵巣のう腫、子宮頸がん、子宮体がん、乳がんなどの女性特有の器官に現れる病気の早期発見を目的とした検査。

医療施設によっては「婦人科検診」をパックで提供しているところもあって、一度に受けられるから便利。ただし、病院によってどの検査が含まれているか、オプションがつけられるかが違うので、事前によく確認しておきましょう!


日本の検診受診率は先進国の中でも最下位と言われており、企業の健康保険組合が実施する健康診断では、乳がんや子宮頸がんなどの女性の検診受診率は30%台に留まっているそうです。


そう考えるとさすが女子部JAPAN(・v・)の女子部員。受診していて、素晴らしい!!

1月にハロスマ女子部会を開催した甲斐があります…。


そして婦人科検診を受診した女子部員さんたちに、再検査になったかどうかを聞いてみたところ、なんと36人中13人が再検査になったそう。ちょうど五分五分ですね。

部員さんたちに具体的に聞いてみました。



病気が見つかった! やっぱり受診するのは大切◎



乳がんをやりました。でも、早期発見で、よかったです。(Mさん)





月経困難だったので、念のため子宮がん検診を受けたら、子宮筋腫でした…(Mさん)





子宮筋腫が見つかりました。大きくて「よく自覚症状なかったねー」と言われましたがホントにわからず。出産の予定もなく、良性の筋腫なのでほったらかしてますが。(Hさん)





自覚症状がある方もいれば、検査をしてみて発覚という方もいるようですね。どちらにせよ早期発見につながっていることには違いないので、受けるにこしたことはない!




未来の自分のカラダのために

しっかりみてこう 経過観察



子宮頚がんでひっかかって以来、マメに受けてます。今のところ経過観察。(Nさん)





乳がんの超音波検査をして経過観察に。母親が乳がんになったことがあり、妹も検診で再検査になったので、専門病院で調べてもらいました。今すぐどうこう…って問題はなかったものの定期的に診てもらおうと思います。(Uさん)





高校生の時に卵巣のう腫になったので、それからずっと1年に一回は検査してる。乳がんも気になる年齢になったけどまだ検査したことない。こわい。(Iさん)





子宮筋腫の疑いがあると健康診断で言われて、再検査に行かなければならないがまだ行けない。(Mさん)





いまは大丈夫でもいつ発症するか分かりませんし、少しでも疑いがあるならやはり定期的に診察してもらうほうがいいですよね。特にお仕事をされていると診察に行く時間を作るのが難しいかもしれませんが、この先もずっと同じ自分のカラダと付き合って行くためにもしっかり経過はみていきましょう!


かくいうわたしも実は現在 経過観察中です。

中学生の頃から部活やバイトなどで忙しいと数ヶ月単位で全く生理が来なくなるのですが、昨年 7月頃から半年近く来ず、3ヶ月の間に急に8キロ近く体重が増え、ニキビが顔だけではなく胸や背中にまでTシャツの襟から見えるほどできてしまい、「さすがにこれはおかしい」と思い婦人科へ。病気ではないものの、多のう胞性卵巣症候群との診断を受けました。

また、そのときに受けた子宮頸がん検診では、ある数値が3段階で0.5と診断され、「この段階なら8割の人が治るから安心してください」と言われ、再検査を受けました。結果は問題なし! 今後も経過を見て行くことになりました。



再検査になったけど、問題なかった!



子宮頸がん検診で再検査。でも特に問題なし(Yさん)





乳がんはマンモと超音波をやって再検査になって、怖かった。結局セーフ。(Kさん)





診察結果が出たとき、ほっと安心したことでしょう…何にもないのがイチバンです。定期検診ではなく、妊活をするためにも検診を受診している部員さんもいらっしゃいました。

また、婦人科検診を受けて再検査にはならなかった部員さんから、「特になかったけど、婦人科検診についてもっと調べる・学べる機会があったらと思う。」という声もありました。


ちなみに今回の部員さんたちに知っている団体・活動を複数回答で聞いてみたところ以下になりました。


みなさんテレビや雑誌、電車の中吊りなどが知る機会となっているようです。



婦人科検診を受けて損はなし!

かしこく受けて、しっかり健康維持!


今回の調査を通して、自覚症状がなくても病気がみつかったという声などを聞き、症状が表に現れにくい分、婦人科検診を受診することの大切さを改めて痛感しました。

また、婦人科検診について調べていたところ、地域によっては20歳から2年に一回、子宮頸がんの一時検診を無料で実施していたり、無料の子宮頸がん検診クーポンを配布していたりもするので、気になる方はこれを機に一度 お住いの地域で検索して受診してみてはいかがでしょうか?

何もみつからなくても、何かが見つかっても、自分のカラダと健康のためですから受けて損はないですよ!!


余談ですが、わたしが通っている前述のクリニックは女性の先生なのですが、その話を友人(女子)にしたところ「男性の先生の方が絶対いいよ!!」と強く勧められてびっくり!

その理由は「女性の先生は同性で痛みがわかっているから、こっちが痛がっていても遠慮なくグイグイやってくるけど、男性の先生はその痛みはわからないし、なにより対女性だからす〜〜〜〜っごいソフトタッチだよ❤」とのことでした。しかもフェザータッチらしいです。

すっぴん調査であらためてみなさんに「病院の先生は男性と女性どちらがいいか」も聞いてみたいなと思いました。



商品やサービスの課題を女子の生声で解決しませんか?

すっぴん調査の依頼はこちら!!



すっぴん調査会に参加してくれる部員さん募集中!

詳細はこちら!


このエントリーをはてなブックマークに追加
画像UP


×