新規登録

facebook アカウント登録 >
twitter アカウント登録 >
Email アカウント登録 >

ログイン

facebook >
twitter >
Email >

REPORT
【100歳まで楽しむ生理との付き合い方】女性ホルモンバランスプランナーに集団取材! 自分のホルモン乱れタイプを知っておこう

これまでの「すっぴん調査会」で、とくに女子の関心が高かった記事のテーマは、ズバリ”生理“のこと。月に一度は必ずやってきて、ココロにもカラダにも大きな影響を与えてしまう生理は、実は2つの女性ホルモンのバランスが鍵のよう。そこで今回は、女性ホルモンバランスプランナーの烏山ますみ先生に女子のカラダとホルモンの関係について取材してみました! 

(テキスト:女子部JAPAN(・v・)あり)


女子のカラダの鍵を握るのは、
美のホルモンとブスホルモン!?


烏山先生:女性ホルモンには、美のホルモンと呼ばれる「エストロゲン」と、ブスホルモンと呼ばれる「プロゲステロン」という2つのホルモンがあるのをご存知ですか? とくに、女子にとってうれしいホルモンが、生理3日目から排卵前までに増えていくエストロゲン。肌にハリや弾力、潤いを与えてくれるので、美しい肌になれるチャンスなんです!





あり:ええ!? 生理中は辛いことばかりだったのに、3日目からそんな素敵なカラダの変化があるんですか?





烏山先生:新陳代謝もアップするので、痩せやすくダイエットにもぴったりの時期なんです。 


その一方で、ブスホルモンのプロゲステロンが増えるのが、排卵後から生理がはじまるまでの期間。肌のトラブルが増え、手足がむくんだり、イライラしたり……。ダイエットにも不向きなので、潔くこの時期は諦めるのが無難かもしれません。



こばなみ:なんとなくダラダラとダイエットをしていても、効果がなかったのはこのせい!? これからは、自分のカラダのタイミングに合わせて、効率よくダイエットします!





烏山先生:2つのホルモンは脳から指令を受けて卵巣から分泌されるので、ホルモンバランスはストレスや生活習慣によって影響を受けてしまうんです。ホルモンの乱れは、そのタイプによって対策も違うので、まずは自分の「ホルモン乱れタイプ」をチェックしてみましょう!




自分のホルモン乱れを知るのが第一歩!
原因は脳の疲れ? それとも卵巣疲れ?


今回参加してもらった女子部員さんに、項目の中で生理前の症状で当てはまるものをチェックしてもらいました。A・B・Cの中で一番数が多かったタイプは?



烏山先生:みなさんは、どのタイプにチェックが一番多く付きましたか?





こばなみ: 私はBのセロトニン不足タイプでした〜。





あり: 私はCの卵巣疲れタイプ!





烏山先生:みなさんのタイプを集計すると、Cの卵巣疲れの方が一番多いみたいですね。ただ、この卵巣疲れは、基本的には年齢が45歳以上の方が当てはまると考えてください。45歳未満の方は、AかBで多い方を参考に。


AとBは脳の指令によって起こる症状、Cは卵巣の機能低下による症状だと考えられます。45歳以下の方のホルモンバランスの乱れは、ほとんどが脳の指令によるものです。





ともい:それって、脳の加齢などが原因ですか?





烏山先生:いえ、脳が疲れているってことですね。脳が卵巣に指令を出して卵を大きくし、その過程でホルモンを分泌させているので、この指令が上手く伝わらないと、ホルモンが乱れてしまうのです。脳の疲れは、生活習慣の食習慣の乱れ、ストレス、睡眠不足、運動不足が原因だったりします。





こばなみ:同じ脳の疲れが原因でも、AとBのタイプの違いは何ですか?





鳥山先生:Aは体に不調が出やすいタイプ。冷えや肩こり、めまいなどの症状が出ます。Bは気分や感情に影響が出てくるタイプですね。もともと生まれ持った気質も関係していて、Aタイプの方は論理的だったり、効率重視の方が多くて、Bタイプの方は感受性豊かで行動派、好奇心旺盛なところがあります。



部員さん:私、全体で1つしかチェックが付かなかったんですが……。





鳥山先生:チェックが少ない場合は、カラダの変化に対する自覚が薄いか、ホルモン自体があまり出ていないのかもしれません。「チェックが多い方がよくない」と思う方もいると思うのですが、女性はホルモンによって体調の波があるのは自然なこと。ただ、自分のカラダの症状や乱れのタイプがわかっていたら、対策や対処もしやすくなりますよね。




次の生理からトライできる、
タイプ別対策ポイントを生活に取り入れよう!


自分のタイプが分かったら、タイプ別のアドバイスを参考にしてみましょう。




こばなみ:私はセロトニン不足だったので、朝日を浴びながらお散歩がいいんですね。出社前に少し意識すれば、すぐに実行できそう!





鳥山先生:アドバイスを体質改善として生活に取り込んでいくと、ホルモンのバランスも安定するし、健康的な生活になれますよ。お風呂の入り方や軽い運動、食事の摂り方など、比較的誰でもできる対策なので、ぜひ実行してみてください!




ホルモン乱れタイプを知って
1カ月ごとにカラダをリセットしよう!

女子である以上、生理前の不調はどうしても避けられないもの。まずは、チェックリストを利用して、自分のホルモンバランスの乱れを知ることからはじめましょう。一時的なホルモンの乱れであれば、女子のカラダは1ヶ月でサイクルしているので、リセットもしやすいそう。次の生理から生活を見直してみれば、ホルモンのバランスが少しずつ改善していくはずです。





女性ホルモンバランスアドバイザー 烏山ますみ先生

吉祥寺の「aroma&esthetic ICHIKA.」にて、独自の知識・技術をもとに「女性ホルモンバランスプランナー®」として活動中。更年期や不妊、PMSで悩む方だけでなく、女性ホルモンを背景としたお悩みに働きかけるオリジナルセラピーを考案し、女性のキレイを応援している。

http://esthetic-ichika.com/

https://ameblo.jp/esthetic-ichika/

このエントリーをはてなブックマークに追加
画像UP


×