じょしぶでにこにこ 話題や流行、気になることを女子トークする掲示板

新規登録 ログイン

新規登録

facebook アカウント登録 >
twitter アカウント登録 >
Email アカウント登録 >

ログイン

facebook >
twitter >
Email >

おしゃべり談話室

こんにちは! 女子部JAPAN(・v・)さのです。

街を歩いていると、たまに女の人からエステの勧誘にあうんですよ。

「お肌について、お悩みのことありませんか?」なんて言って、怪しげなチラシを見せながらね。

あなた、人のお肌の状態みてその勧誘してくるなんて


失礼ですよ!!


すいません、取り乱しました。


そう、実は私、思春期時代にひどい赤ニキビが頬にたくさん出来てしまい、それが現在はクレーターとなり、もうかれこれ8年くらいポコポコの凹凸肌に悩んでいるんです。女子部のなかにもお悩みの方がいれば分かって頂けるかと思うのですが、陥没した肌を治すのって、かなり大変なんですよね……(涙)。


なので、見る人がみるとエステに興味あると思われて勧誘を受けることもしばしば。

過去、あらゆるスキンケア製品を試してみてもほとんど改善されることのなく諦めかけていたのですが、

そんなあるとき、「ニキビ治療が得意なタカミクリニックでなら、治るかもしれない」という情報をキャッチ。半信半疑でいましたが、かすかな希望の光に導かれ、急遽、アゴのラインにできる赤ニキビに悩む、ふるや部員と一緒に、表参道にある「美容皮膚科タカミクリニック」へ治療体験に行って参りました!!



今回は第二回目「ニキビ跡のクレーター肌を改善」編をお届け!

ふるや部員の「大人ニキビの気になる赤み撲滅編」編はこちらからどうぞ。





ニキビ外来、毛穴外来、シミ外来、美肌育成外来の4つの専門外来を設け、メスを使わない美容皮膚科として、その人の品格をも上げるような透きとおった美しい肌をサポートしてくれます。

多数の女優やモデルの「かかりつけ」としても有名。



■まるでホテルのロビーかのようなタカミクリニック内へ、いざ潜入! 

モデルやタレントさんもお忍びで通うという「タカミクリニック」。クリニック内はプライベートが守られるように、待合室には一つひとつに仕切りがあり、とってもキレイ。



まずは現在の肌状況や日頃行っているスキンケアについてなどをカルテに記入したら、

次にメイクを落とし肌をまっさらな状態にして、山屋雅美医師による皮膚の診察を行ってもらいます。


ニキビ跡のクレーター以外あまり肌悩みはないかな、と思っていたのですが、山屋先生によると「毛穴も開いてますね」とのこと。み、見抜かれてる…(笑)。




診察の結果、私のクレーター肌と毛穴の開き具合から、

“ニキビ跡改善”と“毛穴収縮”に効果バツグンという「タカミ式フラクショナルレーザー治療」の施術を受けることになりました!




このフラクショナルレーザー治療とは、皮膚にレーザーを照射し、目に見えない微小な孔(傷)を開けて、お肌の再構築を促し、コラーゲン細胞を刺激させることにより、ニキビ、傷跡、毛穴、お肌の若返りに効果のあるレーザー機器を使った治療法なのだとか。



また、フラクショナルレーザーには主に「ノン・アブレイティブタイプ(レーザーによる熱作用利用した治療)」と「アブレイティブタイプ(皮膚の剥脱を行うような治療)」との2種類があるのですが、

施術後の赤みが2,3日程度で収まる初めてさん向けの「ノン・アブレイティブタイプ」を体験することになりました。

タカミクリニックの場合5 タイプのオリジナルメニューがあるので、

「多少ダウンタイムがあっても効果を求めたい!」「回数がかかっていいからダウンタイムなく治療を重ねたい!」などの希望にピッタリ合った治療ができるもの嬉しい。



■熱でコラーゲン細胞を活性化!「タカミ式フラクショナルレーザー治療」スタート

熱作用を利用したレーザー治療のため、ちょっぴり痛みが発生するということで、

まずはレーザーを照射する部分、つまり、肌の凹凸が気になる両頬にクリーム麻酔を塗布していきます。


ちなみに、施術は看護師さんが行ってくれ、一つひとつの行程に対して丁寧な説明をしながら進めてくれます。




裏話ですが、今回ふるや部員と一緒に治療体験を受けていたので写真を撮らなくてはならず、麻酔が効くまでの時間を置くことも兼ね、なんと顔にクリーム麻酔を塗ったまま一眼レフカメラ片手に別室へ写真撮影をするという強行手段に出ていました。塗布後、最初は私も笑顔で撮影をしていたのですが、10分ほど経つと、だんだん顔の表情がこわばり、今度は自分がうまく笑顔を作ることができなくなり、ほぼ無表情になりました。麻酔って、すごい!(笑)


そして十分に麻酔が効いたら薬を拭き取り、強い光から目を守るためのゴーグルを置いたら、

「それでは始めますね。痛いようであれば言ってください」という看護師さんの合図で照射スタート。




個人の肌の状態に合わせて、レーザーの照射力の強さも微調整しながら、ピッピッピッと、レーザーを直接肌に当て、片頬におよそ10箇所以上にわたりまんべんなく照射。

最初は「痛いのかな…」と思い、グッと手に力を入れて構えていたのですが、麻酔が効いているおかげか、ちょっと熱いかな、という刺激を感じるだけで、この時点ではまだ痛いという感覚はありませんでした。

しかし、「なんだ平気じゃん」と油断していると、このあと麻酔が切れた頃にじんじんとした痛みが増してくるのでご注意を。

ただ、これで美肌へ近づけるのかと思えば、耐えられないほどではありません(笑)。




約15分にわたる照射を終えたら、軟膏を塗り、肌の再生を促す「成長因子」が含まれているというパックをしてもらい、

その上から冷却材を載せて熱を帯びてほてった顔を冷やして、治療は終了。



最後は、スキンケアアイテムがずらりと揃うパウダールームで、お肌を保湿したり、メイク直しができます。

レーザー治療の後でも、すぐにメイクをしてもOKとのことで、気になる箇所はファンデーションでカバーして帰宅することができます。

さすがにすっぴんで表参道を歩くのは気が引けますから、これには安心しました。


帰りは、肌のバリア機能を高める「セラミド」が配合されたエッセンスを処方してもらい、本日の行程は全て終了!

約1時間半の治療を体験してみましたがその効果はいかに……!?





【結果】内側からパンッとハリが生まれて、クレーターも減少!?

レーザー治療の場合は、治療の直後赤みが発生し、2,3日は続くダウンタイムがありますので、効果を実感できるのはその後から。ということで、治療から数日後の肌で施術前の写真とくらべてみました!


★Before(※スッピンです)



★After(※スッピンです。ガチです)



おや……、これはもしかして、ちょっとクレーターの跡にあった赤みが薄くなっている気が…。



写真では分かりずらいかと思いますが、内側からパンッと肌にハリが生まれ、それだけでなく、毛穴もキュッと引き締まりました。

ちなみに周囲からも、凹凸部分の赤みがなくなったような気がする、との反応も! これは嬉しい!!




私は過去に肌の代謝を促して、肌の再生へと促すピーリング治療を受けたこともあるのですが、正直そのときよりも凹凸肌の改善を実感できているので、かなり大満足です。

ちなみに私が体験したこの「タカミ式フラクショナルレーザー治療」は、タイプによってお値段が変わってきますが、両頬で1回約18,000円(税抜)〜になります。


理想をいうと、5回ほど通うとかなりの美肌に近づけるそうですが、1回でも肌質の変化を実感できますので、

私のようにクレーター肌を治すのを諦めかけていた方は是非一度、足を運んでみては。


下記があてはまる方は、いますぐタカミクリニックをチェック!


□ニキビ跡に悩み続けている

□ニキビ跡のみならず、最近は毛穴も開いてきた

□跡は治しずらいことは分かっていてもなんとかしたい

□凸凹のない、滑らかなお肌に憧れている

□凹凸さえなければ、と思っている


お肌がキレイだと、不思議と自信にも繋がりますよね。

高いスキンケア用品を揃えるのもいいですが、ずっと悩んでいるなら、ニキビ専門外来での本格治療でいっきに美肌を目指してみてはいかがでしょうか?




さの/女子部JAPAN(・v・)編集部員

ファンデーションを塗ると、ニキビ跡の凹凸が余計に目立つ気がするのも悩み。むき卵のような白くて滑らかなお肌は永遠の憧れ。あ、プロフィール画像は加工してます(笑)。

このエントリーをはてなブックマークに追加