2014年07月16日

【iPhone調査隊】無意識でやってない? 歩きスマホや電車でのスマホ使いの現状とは!?

こんにちは、iPhone女子部のアツコです。

歩きながらスマートフォンを操作することを、最近ではなんと呼ぶか知ってますか?
ニュースでもよく耳にしますよね。そう、「歩きスマホ」です。
人とぶつかったり、スマホに夢中になって転倒したり、老若男女問わず社会問題になっています。

私も、「危ないよな〜」と思いつつ、ついつい歩きながらスマホを使っちゃうんですよね。
しかし、街でもよく見かけるように、私のようについ無意識のうちに歩きスマホをしてしまう人も多いはず!
実際の歩きスマホ事情はどうなっているんだろう!?
というわけで、iPhone女子部部員さんにアンケートをとってみました。

 

★無意識のうちに自分が歩きスマホをしていませんか?

ほぼ8割の方が「はい」と答えました! 普段の自分の行動をちょっと振り返ってみると、いかに自分が無意識にスマホを操作しているかがわかります。

 

 

★あなたがついつい歩きスマホをやってしまう瞬間って?

歩いているときに突然メールが届くと思わず見てしまったり、バイブレーション通知に反応してしまう人も多いようですね。女子ならではの「夜道を歩くとき不安だから」という声も多くありました。
「1人のとき」という意見の方は、友達や同僚が一緒にいない時など、手持ち無沙汰でスマホをいじってしまうようです。
「地図アプリを見るとき」と答えたのは9人。たしかに、初めて行く土地では地図アプリに頼ってiPhone片手に歩き回ることは多いですもんね。

 

★歩きスマホをしているとき、iPhoneで何をしていますか?

「とにかく地図アプリを見る!目的地につくまでiPhoneが片手にないと不安」
「仕事のメールが届くと、急ぎの場合もあるから歩いてても見ちゃう」
「帰り道ではハマってる海外ドラマを見ながらイヤフォンを耳にはめて視聴」
「電話ならすぐ出れるけど、メールだとついつい画面に見入っちゃう」

 

電話には出たいけど、メールは今すぐ返さなくてもいいという場合、
電話だけの通知をONにして、それ以外のメッセージやメールの通知をOFFにしておくと良いかも

 

設定アイコン>通知センター>(例:メッセージをタップ)>通知音>なしを選択>(必要に応じてバイブレーションもなしに設定)

電話が来たときだけ通知がくるので、画面に集中しないといけないメールやLINEなどの通知はあえてOFFにしておくと、歩きスマホ防止になるかも

 

 

★歩きスマホをしたことによって起こったアクシデントはありますか?

「信号が赤なのに気付かずに渡っていて、本当に危ない思いをしました」
「スマホに集中していて、段差に気付かずつまづいた」
「階段が終わっているのに気付かず転んでしまった…」
「向かいから歩いてきた人とフェイントし合ってしまった」
「転んで両ひざに怪我をしたことがある」
「歩きスマホをしている人が駅の階段で人とぶつかり、その衝撃でスマホを落としてた」
「足元をちゃんと見ていなくて、排水溝にヒールがはまった」
「自分が歩きスマホをしているとき自転車にぶつかりそうになり、自転車に乗ってた人に怒鳴られました」
「駅のホームに落ちそうになった」

事故種別ごとの救急搬送人員では、「ぶつかる」が51人と最も多く、全体の約42%を占めており、次いで「ころぶ」が38人、「落ちる」が30人となっており、この3つの種別で約98%を占めているんだとか。(参考:東京消防庁

そうそう、自転車を運転中のスマホ使用は東京都道路交通規則で禁止されていますよ! 自動車を運転中のスマホ使用も、もちろん禁止です!

 

★歩きスマホをしている人を見て、どう思いますか?

「自分の世界に入ってしまってまわりを見ていない!」
「人や車とぶつかりそうになっても、自分のせいであることに気付いていないんじゃ!?」
「車を運転しているときなどに見かけると、スマホの画面に夢中でこちらの存在に気付いていないこともあって、車に乗ってるこっちの方が怖いと感じる」
「相手が歩きスマホをしてぶつかってきたが、すみませんのひと言も無く、逆に睨まれた」

相手からぶつかってきたのに何も言わずに睨まれるなんて、ぶつかられた人の気持ちを考えてほしいですね!

 

(株)情報通信総合研究所は、「渋谷交差点で全員が『歩きスマホ』したらどうなる?」と題して、YouTube動画とともにレポートを発表しています。

↓画像をクリック↓

 

さて、電車内でのマナーはどうでしょう。

まわりを見回してみると、みんなゲームやメール、Twitterなどに夢中でいるうちに、最寄り駅で降り過ごしてしまう人もチラホラ。
私もよく、ゲームに夢中になってしまい降り過ごしてしまうんですよね…。
次の駅に着いて引き返すと、仕事に遅れそうになったり、気持ちもどんよりしてしまいます。

電車でスマホを見てはいけないわけではないけれど、満員電車のときにスマホをいじっていると、まわりの人の邪魔になりますよね。「なにも今ここでいじらなくても…」という気持ちにもなってしまいます。

 

「SNS依存症なので1日に何回もTwitterのタイムラインを見てしまいます。故に、歩きスマホもしてしまう…」という声も。
ずっとSNSを見ていないと不安になってしまう人もいるようです。できるだけ意識的にiPhoneを見ない時間を作って慣らしていくとか、そういう意識付けも必要かも!

 

ふむふむ、『歩きスマホ』、最近ではテレビコマーシャルでも抑制を促すよう呼びかけられていますが、どこまで世間の人々の心に浸透しているのか気になるところですよね。電車でのマナーも、各路線でポスターが貼られて人々の目に止まるようになっていますが、実はじっくりと読んだことってなかったかも…! 私も今一度マナーを見直すきっかけとなりそうです。

さらに言うならば、歩きスマホを規制化させるなら、喫煙エリアのように「スマホエリア」ができるといいなぁと思います!

 

 

今後は事故に巻き込まれたり他人に迷惑をかけないためにも、ひとりひとりがマナーを守り、良識的な範囲でスマホを活用することが大切ですね。
歩行中や自転車で走行中にスマホを操作したり画面を見ることは、まわりが見えなくなるので危険です。立ち止まって安全な場所で行いましょう!

 

つまりは、自分のモラルをどこまで守れるか、ですよね!

 

アツコ/iPhone女子部の新米編集部員。iPhone歴2年ちょっと。iPhone5sのゴールド64GBを使用中。最近気になるのはアサイー! 美容やらなにやら、栄養がたくさん摂れると聞いて、ちょっと遅れてどハマり中。オススメはRobeks Juicesのアサイーボウルです。

iPhone女子部TOPページに戻る

iPhone コラムの最新記事

iPortal
エキサイトゲームナビ
Antenna