2014年08月11日

【ハンドメイド】オシャレで簡単! デコパッチを使ったオリジナルiPhoneケースの作り方

こんにちは。iPhone女子部のさかいです。

ハンドメイド好き、デコ好きの間ではもはや定番ともなってきた、スマホケースのデコ。
自分の好きなように、オリジナルの一点モノができるのって、嬉しいことですよね。

スマホケースにデコる方法はいろいろとありますが、今回はフランス生まれのデコレーションペーパー「デコパッチ」を使ったやり方をご紹介。
材料さえ揃えれば、初めての方でもすぐに挑戦できますよ。

 

1★ まずは必要なものをそろえよう

・無地のケース
デコに向いているケースは、ポリカーボネート製などのハードタイプのプレーンなもの。色はなんでも大丈夫ですが、白や透明だとペーパーの色柄がキレイに出ます。

・デコパッチペーパー
160種類以上もあるデコパッチペーパーの中から、好きなものを選びます。

・ペーパーパッチ(のり)
ペーパーを貼るためののり。できれば、小分けにするカップも用意すると◎。

・ブラシ(筆)
のりを塗るのはこのブラシを使います。手も汚さず貼っていくことができますよ。

・水&キッチンペーパー(タオルでも可)
ブラシを洗うための水と、洗ったブラシを拭くためのキッチンペーパーやタオルを。

・アクアプロ(ニス)
仕上げに塗るニス。これを塗らないと、せっかくのデコが長持ちしません。

 

2★ ペーパーをちぎる、切る

ペーパーを決めたら、完成させたいイメージに合わせて、手でちぎったりハサミで切ったり。とても薄く柔らかい紙なので、カッターは切れ味のよいものを使いましょう。

今回はまず2種類の紙をちぎったものを全面に貼ることにしました。
ちぎった紙は、テーブルの上にオモテ面を上にして置いておきます。

 

3★ 筆を使ってペーパーを貼っていく

小分け容器にのりを取り分けます。小分け容器にオススメなのはお弁当用シリコンカップ。終わった後、放っておくとペロンとキレイにのりが取れます。

筆にのりを付け、ケース表面に塗ります。

ちぎったペーパーよりも少し広めに、白っぽく見えないくらいに薄く塗ります。

そしてそのままの筆で、ちぎったペーパーの表面にチョンと触れ、ペーパーをピックアップ。

先ほどのりを塗ったところに乗せ、その上から、空気を抜くように、ケースにフィットするように薄くのりを塗ります。

土台にのりを塗って、筆でペーパーを取って乗せ、上からものりを塗る。これを、ペーパーを少し重ねながら繰り返し、全体に貼っていきます。

側面はまっすぐにカットされた部分を利用して、ピッタリに合わせてはります。

内側に折り込んでもOKですが、iPhoneにケースをはめるときにちょっとキツくなります。

 

4★ カメラ穴の部分を調整する

難易度が高そうなカメラ穴の部分ですが、意外と簡単。
まずは穴を気にせずペーパーを貼って塞いでしまいます。
少し乾かしたら、カッターなどで切り込みを入れます。

そして端を内側に折り返し、のりで抑えればOK。

もちろん、はじめから穴を避けてペーパーを貼ってもキレイに仕上がります。

応用☆ ポイントになるモチーフを貼る


ペーパーで埋め尽くしただけでも十分かな、と思えましたが、今回はさらに花火(のイメージ)とマトリョーシカをONして、「夏の思い出」的な作品に。
ハサミでモチーフを切り抜いて、ちぎった紙と同じように貼ります。

5★ のりを乾かす

のりを乾かす時間は、だいたい30分くらい。のりは速乾性なので薄くキレイに塗れば、すぐに触れるほどにはなりますが、完全に乾くまでガマンして待ちましょう。

そして乾かしている間に筆を洗います。水でキレイにしたらよく拭いておきましょう。

6★ ニスを3度塗り

のりが完全に乾いたら、ニスを薄く塗ります。筆はのりを塗るときに使ったものでも、洗ってあればOK。

頑丈にしたいからと、たっぷり塗るのではなく、薄く塗って乾かす、を3回以上繰り返すのが理想的。
ニスを乾かす時間は多い方がいいので、なるべくなら1時間くらいは置いておきましょう。
忘れた頃に塗る、を繰り返す感じがいいかも。

そして3回目のニスが完全に乾けば、完成!

ツヤツヤで既製品のようなケースの出来上がりです。
自分で作ったものは愛着も増しますね!

いかがでしたでしょうか。
決して難しくないので、小学生のお子さんと一緒に作ることもできますよ。
デコパッチはペーパーも豊富なのでたくさんのバリエーションが作れるのもいいところ!





デコパッチはiPhoneケースだけでなく、硬い素材のものならばなんにでも貼れます。

例えば……
iPhoneケースだけでなく、おそろいでバングルにもデコパッチ。

ヘアゴムにデコパッチ。

スツールにデコパッチ。

キッズの椅子にデコパッチ。

ダストボックスにデコパッチ。

はさみにデコパッチ。

などなど……、大きいものから小さいものまで。デコパッチにハマると、気づけば身の回りにデコパッチ作品がたくさん。

暑い日はおうちにこもってデコパッチを楽しむのもいいかも。
興味のある方はいろいろ挑戦してみてくださいね!

 

酒井 絢子/iPhone女子部編集&ライター兼デコパッチ・デモンストレーター。iPhone女子部ではデコ班を担当。デコパッチだけでなくストーン、レジン、マステなどこれまでにデコったiPhoneケースは数えきれないほど。デコパッチ作品をご紹介しているブログもよかったらご覧ください!→デコパッチ日誌

iPhone女子部TOPページに戻る

iPhone コラムの最新記事

iPortal
エキサイトゲームナビ
Antenna