2012年10月30日

【イチオシ】ステキングな習い事「乙女心を刺激する”フルーツアート”」

心の休息と潤いに最適な「習い事」。三十路ライター部員もっこが探して来た、ちょっと楽しい、ちょっと使える、そんな習い事を毎月紹介していきます。

第一弾は、「フルーツアート」。フルーツアートは、楽しい、キレイ、美味しいの三拍子がそろった、素敵ングな習い事です。しかもこれ、ペティーナイフ1本でできるから、ちょっとした特技になったり、さらにはプロを目指すこともできるというまだまだ新しい、魅力的な習い事なのです。

早速アポ入れをすると、快くご了承いただき、iPhone片手に教室へGO!

ここで活躍するのが、iPhoneのMAPアプリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

iPhone5をゲットした人や、OSをアップデートした人から、「MAPが使いにくくなった」というお話はよく耳にしております。

実際、上の写真の左「Google MAP」と真ん中「標準搭載されているapple MAP」を比較してみると歴然! そこで私はブラウザから左の「Google MAP」を開いて、画面下の矢印アイコンをタップ。すると右の画面になるので、「ホーム画面に追加」をタップして、使っています。これで、マップのイライラは解消されますよ〜。

と、話それましたが、まぁ〜iPhone女子部なので、iPhoneの話はお約束。

そして、教室に着くと、上級クラスの生徒さんが作ったというフルーツアートを見せてもらいました。

 

 思わず、うっとり〜。

さらに素晴しいのが、フルーツアートでは、食べ物をムダにしないという点。普段捨ててしまうような葉や皮も巧みに利用しているのです。

まずは先生のデモンストレーションを拝見。

 メロンになにやら模様を描くように切れ目をスイスイと入れて行きます。

すると、ギザギザにカッティングされたメロンと、もう半分の皮からハートがお目見え。もはや、神の域な手さばきに見ているだけで釘付けに。

そして完成したのがこちら。

フルーツアートはお皿に盛りつける最後まで大切。葉や皮などがお皿からはみ出すと不合格になるくらい、きめ細やかなルールとクオリティがあるのです。

また、生モノだから、カッティングや盛り付けは10分以内に作るのがルール。

 

それでは、部員もっこもトライ!

今日は特別メニューで初級者向けのオレンジとバナナのフルーツアートを「日本フルーツアートクリエイター協会」代表の高梨由美さん自らレクチャーしていただきました。

まずは、ふきんの畳み方から。そしてペティナイフの置き方など衛生面やケガ防止のためのルールを伝授。

いざ、カッティング。うちの包丁より、サクサクというより、スルスル切れる〜!先生の教えの通りに切っているだけです。

「見よう見まね」とはまさにこのこと。言われた通りに切ってくだけで、まずはひとつめのオレンジのフルーツアートが完成。ここまで、ほんの2〜3分。カッティングが上手だと先生に褒められ、ご機嫌でもう半分のオレンジを使ったフルーツアートの作成に。

 お皿の盛り付けへの気配りもさすがプロ!ミントやブルーベリーでキレイにデコレーション!そして、残すはバナナ!バナナは丸ごと食べるもんだと思っていたもっこ部員、いぶかしげな表情で、先生のカッティングを拝見。



 

 

 

 

 

 

 

 

 皮をお皿にするという、ムダのないアイデアに脱帽しつつ、実践。お皿へ盛り付けた最後は「FRUITS ART」と書かれたプレートを中央に飾れば完成です。

完成した後には、使ったまな板とペティナイフを洗い場へ持って行くのですが、このときもケガをしないよう、包丁の刃をふきんで包んで移動。ぬかりナシです。

ご満悦のもっこ部員と高梨先生。顔の大きさなどツッコミどころは満載ですが、それは、まぁ〜さておき、どうですか? 捨てるところなく完成したオレンジとバナナのフルーツアート。

なんとこのフルーツアートは、高橋先生が第一人者で、国内でプロとして資格をもっているのは、まだまだ100人程度。プロとして教室を開いたり、百貨店でデモンストレーションをしたりと、新しい自分と出会うにはオススメです。もちろん、ホームパーティーで、ちょっと自慢できたり、日々の食卓に彩りを与えるために通うのもOK。

まずは、毎月行っている、説明会からスタートしてみるのがおすすめ。

説明会では、先生の華麗な包丁さばきが見れるデモンストレーションに、お茶とフルーツがついて、一人1500円。その他、短気コース(全7回/2ヶ月)や、合宿コース(全4日間)、プライベートコースなど、あなたのニーズに合わせて、学ぶことができます。

では、最後に……

【もっこ的「フルーツアート」】

気分転換度 ★★★★☆

女子力アップ度 ★★★★★

お手軽度 ★★★☆☆

 

【今回の取材先】

一般社団法人 日本フルーツアートクリエイター協会

http://fruit-art.com/index.html

 

 

【プロフィール】

なんでもライター&エディター 山森京子(通称:もっこ)

iPhoneはもちろん、グルメや旅行、宇宙までなんでもかんでも取材&編集&執筆。

好物は、マンホール、お守り、木彫りの人形、酒、旅行、北の国から、宇宙、桃鉄など。

毎週火曜日は御茶ノ水のバーにて手相占いスナックも酒に溺れながら開店中。

http://www.nabesho.net/

iPhone女子部TOPページに戻る

女子ネタの最新記事

iPortal
エキサイトゲームナビ
Antenna