2012年11月01日

【ラブ】両思いになるための恋活☆虎ノ門①「月に2回は独身男性に会いに行こう♪」

女子のみなさま、こんにちは。
恋してますか? ときめいてますか?
女子の恋愛を日々、追及し、取材・執筆をしています恋愛作家のにらさわあきこです。このコラムでは、私が古今東西の男女を取材して得た「恋の秘訣」を惜しみなく書いていこうと思います。どうぞ、ご期待くださいね☆

第一回目は、「出会い」についてです。
恋の悩みで一番多いのが、「出会いがない」という意見。確かに、大人になってくると、新しい出会いはなかなかないですよね。
だけど、それを「よし」としていると、恋人がずっとできなくなる! 一度、誰かと別れたら最後、長い「恋人のいない」人生を長く送ることになるのです。

というのも、私は某女性誌で“彼のありなし調査”をしたのですね。それによると、今や20代女性の5割強に恋人がいなかった! これが28歳以上では7割以上に恋人がおらず、30代以上ではなんと8割の独身女性に彼がいないというのです。

おお、これは大変なことですよっ。だって年齢が上がるごとに“恋人のできる”確率が年々下がっていくということなのですから。

ということで、明日より若い今日のうちに、なんとかしようではないですかっ。

では、どうするかという話ですが、重要なのはやはり「出会うこと」。

もしもあなたがアラサーでしたら、月に2回以上は独身男性と出会う場所に出かけてください。私の調査では、月に2回以上、いわゆる「出会いの場」に出かけていると、たいていの人に3ヶ月以内に恋の機運が生まれていました。
さらに、あなたがアラサー以上なら、頻度をあげるか、期間を広げましょう。

「出会いの場」といっても、別に合コンだとかお見合いパーティーに限るのではありません。単純に、「知らない異性が参加する」場所に、出かけていけばいいのです。イマドキは、街コンというイベントもあるし、Facebookのつながりもある。趣味のサークルや、習い事や、ボランティア、ネットの対戦ゲームだってある。あなたは、この中で「自分に合うな」と思える、参加しやすいものを自分で選べばいいのです。
もちろん、頑張って出かけても、必ずしもすぐに彼氏候補が現れるとは限りません。でも、「独身男性のいる場所に行く」こと自体が、とても大切なのです。なぜかというと、あなたはそこに行くために、男性受けするファッションを考えるし、男性との会話を実地でレッスンすることができるから。

ということで、新しい独身男性と長い間、接していないあなた。今すぐ、何のイベントでもいいから、申し込んで出かけて行きましょう。

そもそも女性は、あらゆる人が「モテる場」を持っているのです。だからこそ、そこを探しに自ら動くことがとても大切なのです。

 

-iPhoneで恋活!!-
妄想電話(無料)
半年くらい男性と口をきいていないあなたにおすすめ。男性のプライベートっぽい声を聞いて、免疫をつけよう!

[プロフィール]
にらさわあきこ/年間100人以上の男女を取材する人気恋愛作家。“崖っぷち婚活隊”と全国の寺社を廻った『婚活の神様!』(幻冬舎コミックス)では、恋に効く“お参りのお作法”と恋愛ハウツーを漫画で紹介。彼や夫をゲットする女性が多発したことで話題になった『必ず結婚できる45のルール』(マガジンハウス)は、11月から台湾でも発売。現在、小説宝石(光文社)にて、『婚活難民』を連載中。

婚活の神様!』(幻冬舎コミックス)発売中!!!

iPhone女子部TOPページに戻る

iPhone女子部TOPページに戻る

女子ネタの最新記事

iPortal
エキサイトゲームナビ
Antenna