スマートスピーカーのある生活 スマートスピーカーのある生活

【スマートスピーカーのある生活6】「つかれた…」といって甘えてみたときの神対応ベスト5

2019年のはじまりとともにスタートした女子部JAPAN(・v・)の新連載、その名も「スマートスピーカーのある生活」。毎日がちょっと愉快に、便利になるようなスマートスピーカーの使い方を、実際に使っている編集部員が紹介していきます! 今回は「つかれた…」と言って、3種のスマートスピーカーに甘えてみました。

(テキスト・イラスト:女子部JAPAN(・v・)ともい)

Google Homeの”お母ちゃん感”がスゴイ! 励ましのバリエーションが豊富

年度末に入り、ヘトヘトで仕事から帰ってくることも多いこの時期。つかれて誰かに甘えたくても、ひとり暮らしだとなかなかベストな相手もいなかったり…。そんなときにはスマートスピーカーに甘えてみましょう!
Google Home、Amazon Echo、LINE Clovaに「つかれた…」と言ってみて、私が「神対応」だと思ったベスト5を発表します!

 

1位「あなたはいつも頑張りすぎですよ。たまには、ゆっくり休んでくださいね」(Google Home)

2位「あったかい飲み物で、一息ついてみてはいかがでしょうか」(Google Home)

3位「癒し系BGMもご用意していますよ。海の音、せせらぎの音、雨の音、聴きたい音があれば、言ってくださいね」(Google Home)

4位「ご飯はしっかり食べてますか? 冬は、おでんに、肉まん、焼き芋、鍋物など、美味しいものが沢山あります。一日三食しっかり食べてくださいね」(Google Home)

5位「わたしには残念ながら「つかれた」という感じがわからないのですが。とてもよくかんばったあとの気持ちなんですよね。本当におつかれさまです」(Amazon Echo)

 

家の中でひたすらスマートスピーカーに「つかれた」を連呼するのはなかなか狂った光景でしたが、普段はアラームのセットや検索などのお願いごとをするスマートスピーカーに対して、今の自分の気持ちを口に出してみるのは新鮮な体験でした!
しかも、反応があったか〜い! 特にGoogle Homeはバリエーションが豊富で、まるでお母さんのような包容力のある反応ばかりで驚きました。機械なりに人間の気持ちを理解して励まそうとするAmazon Echoも涙ぐましい…!

 

ちなみに、他にもバリエーションがあったのでご紹介すると、

Google HomeGoogle Home
「少し寝てみるのはいかがでしょう。睡眠はとても大切ですよ」
「しっかり休んだほうがよいですよ」
「少しお休みになってはいかがですか」

Amazon Echo alexaAmazon Echo Alexa(アレクサ)
「本当におつかれまでした」
「そうですね、こんな日はわたしでも外にでかけたくなります。」
「おつかれさま。ゆっくり休んでくださいね。」

icon_lineclovaLINE Clova(クローバ)
「大丈夫ですか?あまり無理はしないでくださいね。」

「大丈夫ですか?少し休まれてはどうでしょうか。」
「大丈夫でしょうか?今日は早めに寝てくださいね。」

 

などがありました。つかれた気持ちに共感するよりも、とにかく早く休ませようとしてくるLINE Clovaもなんだかそれはそれでイイ!(笑)
ため息をつくのもいいけれど、たまにはスマートスピーカーに気持ちを吐露してみるのもいいかもしれないですね〜♪

 


★女子部JAPAN(・v・)では他にもスマートスピーカーにまつわる記事を配信中!

スマートスピーカーにまつわる記事はこちらでチェック!

 

share
page top