教えてセンセイ! 教えてセンセイ!

【女子50人に調査】浪費防止にあの手この手!? セキララ!わたしのオトク術100<貯める編(11)〜(20)>

巷にはいろんなオトク情報があふれていますが、知りたいのはリアルに使えて、しかもトライしやすいオトク術ですよね。そんな“ホントに使える”オトク術を知るには、部員のみなさんがやっていることを聞くのが一番!ということで、すっぴん調査を実施!節約やオトク大好きな部員のセキララな熱い声がたっぷりと集まりました。

女子部JAPAN(・v・)でおなじみの節約アドバイザー、和田由貴先生のワンポイントアドバイスとともに、100個ドカンと紹介していきます。今回は、前回の先取り貯金にプラスしてやるとさらにお金が貯まりやすくなる「節約術」10人分を公開!

(テキスト:女子部JAPAN(・v・)Hicary)

侮れない! 振込手数料を減らして貯める!

(11)お金の振り込みは、(手数料が安くなる)ネットバンキングを使うようにしている。(ともみん/30代)

(12)毎月、夫との共通口座に一定額を振り込んでいますが、振り込み作業が面倒くさいし、手数料がかかるのもバカらしいので、じぶん銀行(ネットバンク)の「定額自動入金サービス」を使っています。自分のメイン口座であるみずほ銀行も、引き出しや振込手数料が一定回数無料になるサービスを活用しています。(みほ/30代)


銀行への振り込みって、安い手数料でもファストフードのコーヒー1〜2杯分、高ければ、6杯分くらいに相当すると考えると、損した気分になりますよね……。手数料の節約は侮れません!

スマホ料金を安くして貯める!

(13)家族全員分のスマホを格安SIM(mineo)に変更し、節約しています。(ゆう/30代)

(14)今は、TOKAIホールディングスの株主優待でスマホ1台を無料で使用中。固定費削減が一番お金が貯まります。(エミーシャ/50代)

<和田先生のアドバイス

通信費は高いので節約しがいがあるところですね。特にスマホは格安SIMを活用するのがおすすめ!
 

 


ちなみに以前、mineoを例に、和田先生から格安SIMがどれだけオトクか解説してもらった記事があるので、よかったら参考に!

【mineo×iPhone女子部5】キャリアにこだわる時代は終わった!? mineoなら家族3人分の通信費が1万円以内も夢じゃないゾ

 

現金は持たないようにして貯める!

(15)基本的にギリギリまで銀行からお金を下ろしません。(匿名希望/30代)

(16)給料が入っても一定額以上は下ろさず、一定額以上使わない。(せーこ/30代)

(17)なるべく現金を持たないで、クレジットで買う。手持ちがないときは諦める。そしてピン札は使わないようにする。(まいぷ/30代)

<和田先生のアドバイス>

現金の支出を管理するときは、毎月、財布から出してもいい金額を決めておくだけでOK。その枠を越えなければ、何にどう使ったかまで管理しなくて良いと思います。“ザルはダメだけど、どんぶり勘定はOK”。そう考えると節約のハードルがぐっと下がりますよね!
また、クレジットカードだと管理しづらいと思われがちですが、電子決済は確実に記録が残るので、現金で支払ったものを家計簿につけるよりも家計管理が楽になり、節約しやすい場合もあります。

 

とにかくお金を使わずに貯める!

(18)カフェなど誘惑が多いので、必要最低限しか外出しないようにしています。(みぃ/30代)

(19)必要なもの以外は買わない。あと、バザーなどを利用する。(がーちゃん/30代)

(20)カレンダーに一銭も使わなかった日に花丸をつけるとモチベーションが上がって、使わない日を多くしたくなる。(おにく増量中/40代)

そもそも使わないようにすればいいという根本的な節約法! 使わなかった日をカレンダーにつけていくのは印が増えていくたび気分が高まるし、お金は貯まるし、一石二鳥な方法ですよね〜。私もやってみようと思いました!

 

「節約」で貯める近道は、無駄な出費を減らすこと!

お金が手元にあったら使ってしまうから、あの手この手で節約して、貯めるようとするアイデアもおもしろかったですが、今回、みなさんの声や和田先生のアドバイスを聞くと、固定費をカットしたり、手数料を安くしたりといった、無駄な出費をしないように節約するほうが近道のような気がしました。
特に個人的に気になったのはスマホの料金。私も自分のプランをしっかり見直してみよう!と思いました。
次回は、「節約」からさらにステップアップして、「ポイント」で貯めるオトク術をご紹介します!

*紹介した商品やサービスなどの内容は、変更になっている場合があります。オトク術を取り入れるときは、事前に調べてから、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

 

 

<今回教えてくれた先生>

節約アドバイザー 和田 由貴(わだ ゆうき)先生

 

消費生活アドバイザー、家電製品アドバイザー、食生活アドバイザーなど、幅広く暮らしや家事の専門家として多方面で活動。私生活では2人の子を持つ母で現役の節約主婦でもあり、日常生活に密着したアドバイスを得意とする。「節約は、無理をしないで楽しく!」がモットーで、耐える節約ではなく快適と節約を両立したスマートで賢い節約生活を提唱している。

http://wada-yuki.com

share
page top