検証シリーズ 検証シリーズ

【スマホ決済検証③】加盟店限定のおトクなキャンペーンが多数!Origami Payを使ってみた

気になるアプリを実際に使ってみて、細か〜く検証するのが得意な女子部JAPAN(・v・)。ただ今、編集部内ではスマホで決済ができるモバイル決済アプリに注目して、そのはじめ方やリアルな使用感を掘り下げ中です。

 

こんにちは。女子部JAPAN(・v・)さかいです。
スマホ決済サービスにはすっかり乗り遅れた感のある私でしたが、デジタルライターの綿谷禎子さんに詳しくお聞きした際に、近頃よく耳にするPayPay以外にもたくさんのスマホ決済サービスがあることを知りました。そしてなかでも私が個人的に気になったのがOrigami Pay
吉祥寺「Sign KICHIJOJI」で500円OFF!? DEAN & DELUCAで半額〜!? はたまたローソンのLチキがもらえる、だと!?(※)
便利なだけじゃないのね!とダウンロードしてみたのでした。

(テキスト:女子部JAPAN(・v・) さかい)

※終了しているキャンペーンも含みます

 

加盟店豊富! キャンペーンも満載! なんだかオシャレなOrigami Pay

まずは数あるスマホ決済サービスのなかでも私がOrigami Payを選んだのは、以下の4つの理由から。

1.代表的なスマホ決済サービスであること。
Origami Pay(オリガミペイ)は株式会社Origamiが提供するQRコード決済サービス。リリースは2016年で、国内ではQRコード決済のパイオニア的存在!

2.加盟店が魅力的であること。
代表的なスマホ決済サービスなだけあって、OrigamiPayが使える加盟店が多数。そしてその店がなんだかちょっとオシャレ!?
<代表例>DEAN&DELUCA、PARCO、ロクシタン、ESTNATION、ロフト、Francfran などなど

3.クーポンやキャンペーンが豊富であること。
これまでにケンタッキーフライドチキンやDEAN&DELUCAの半額キャンペーンが開催されたり、ローソンでLチキやシュークリームが無料になったり。便利なだけじゃなくてお得!

4.支払い方法でクレジットカード払いが選べること。
クレジットカードのポイント集めに躍起になっている私。銀行口座からのチャージで使えるQRコード決済もありますが、ほんの少しでもポイントが欲しいから、クレジットカード払いができるのが嬉しいのです。

 

Origamiデビューの第一歩。まずは銀行口座かクレジットカードを登録

Origami Payを使うには、まずはアプリをダウンロード。そしてメールアドレスもしくはFacebookアカウントからOrigamiアカウントを作成したあとに、金融機関口座を登録します。

ホーム画面の「銀行口座とカード」から、「金融機関口座」か「クレジットカード/デビットカード」を選択。私はクレジットカードで登録をしました。

クレジットカード番号と名義人を入力し「クレジットカードを追加する」を押せば登録完了です!

 

一番最初に使ったのは…、ローソンの無料クーポン!

さっそく使ってみようと向かったのはローソン。その時期はちょうど、「Origamiアプリにお支払い情報の登録でカップみそ汁(100円)をプレゼント」というキャンペーンが開催されていました。

まだ馴染みのない支払い方法でいきなりお金を使うのをためらうドケチな私に、ぴったりのキャンペーン。堂々と無料でゲットしてやるぜ!と意気揚々ローソンに入店し、カップみそ汁を手にレジへ。

店員さんに「あのぉ、これ…」とOrigamiの画面を見せました(もっと何か良い言い方があったと思うのですが)。

店員さんは慣れた手つきでコードをピピッと読み取り。超短時間で一つのカップみそ汁が私のものになりました。

ローソンではバーコードを店員さんに読み取ってもらったのですが、店舗によっては、こちらのスマホからQRコードをスキャンするパターンもあります。その場合は、トップ画面左上の「スキャン払い」をタップし相手側のコードを読み取ればOK。

 

続いてケンタッキーを半額でゲット!

無料のカップみそ汁でだいたい使い方がつかめた私は、続いてケンタッキーフライドチキンの半額キャンペーンを利用しました。
500円以上の支払いで最大割引金額割引上限は1,000円という条件があったので、せっかくだからたっぷりおトクを楽しもうと家族全員分で2,000円分くらいの注文をすることに。

キャンペーンページからコードを表示し、店員さんに読み取ってもらうと半額になる、という流れなのですが…、

あっという間に支払い終了!してしまい、キャプチャを撮ることができませんでした。それほどまでにスピーディー。まさにファーストフード。

前回の無料のクーポンとは違い、こちらではキャンペーン適用分を引かれた1,300円の支払いが生じました。このお金は事前に登録したクレジットカードで決済されます。

支払われた後は「メッセージ」に明細が届き、レシートも確認できるので安心。内容をメールで送ることもできるので、家計簿や経費精算などでも便利そう。

 

使えるお店がすぐわかる!地図から探せる加盟店

加盟店が莫大なOrigamiPayですが、実際にどこで使えるかは、アプリ内の地図をタップすればすぐに現在地近くの加盟店がわかります。

このような機能は多くのQRコード決済サービスにもあるかと思いますが、目的地につくまでの移動時間に地図を見ながら「どこでOrigami使えるかな〜」と検索するのは楽しいものです。

Origami Payは還元キャンペーンなど大々的なキャンペーンは打っていませんが、続々とおトクなクーポンなどが配布されていて、実は見逃せません。
主な加盟店によく行く人(たとえばデパートなら阪急! 牛丼なら吉野家! ファーストフードならケンタッキー! コンビニならローソン! スーツならAOKI! メガネならZoff!…のいずれかに当てはまる人)には、特にオススメ。
これかどんなキャンペーンが開催されるのか、とっても楽しみです(つい先日Origami Payクーポンで無料ゲットしたローソンのシュークリームを頬張りながら)。

 

★女子部JAPAN(・v・)では、編集部スタッフ自らがスマホ決済を実践&検証する記事を配信中です。
読みたい方はこちら

 

share
page top