教えてセンセイ! 教えてセンセイ!

【女子50人に調査】安く買うため労力惜しまず!? セキララ!わたしのオトク術100<買う編(41)〜(50)>

巷にはいろんなオトク情報があふれていますが、知りたいのはリアルに使えて、しかもトライしやすいオトク術ですよね。そんな“ホントに使える”オトク術を知るには、部員のみなさんがやっていることを聞くのが一番!ということで、すっぴん調査を実施!節約やオトク大好きな部員のセキララな熱い声がたっぷりと集まりました。

女子部JAPAN(・v・)でおなじみの節約アドバイザー、和田由貴先生のワンポイントアドバイスとともに、100個ドカンと紹介していきます。今回は、何は無くとも安く買うことが節約になる!? とにかく安値で「買う」技10を公開!

(テキスト:女子部JAPAN(・v・)さかい)

買う前に、まずはしっかり下調べ!

(41)ふだん買う食料品や日用品などは、チラシサイトで何曜日に何が安いかを確認してから買いに行っています。(詩音/20代)

(42)ネットで買い物をするときは送料を含めて一番安いところで買うようにしている。スーパーは最安値を見比べて、野菜はA、パンやヨーグルトはBなど分けて使っている。(ののかの/30代)

(43)店頭でいいなと思うものがあったら、まずはネットで価格の比較をします!(PKちゃん/30代)

(44)いろんな服を店頭で合わせたりコーディネートしてみた上で、最安値か送料無料のネットショップで、ポイント◯倍の日にクレジットカードで買っています!(まいぷ/30代)

(45)スキンケアが好きなので、高級化粧品の成分を参考にし、手作り化粧品サイトから同等の成分の商品を購入したりしています。また、フリマアプリとヤフオクの両方をチェックし、より安く商品を買えるようにしています。(ゆう/30代)


洋服は店頭で試着して、ネットで買うようにしているという人も少なくない様子。最近は、実店舗でなくネットショップでも試着OK(返品時の送料無料)のサービスをしているところが増えてきています。和田先生ご自身も靴などはサイズ違いで注文し、ピッタリのもの以外は返品する、という買い方をしているそう。忙しくてなかなか実店舗まで足を運べないと言う人にも便利なサービスですね。

 

 

定価で買うのはもってのほか!? セールを待つ!

(46)半額商品をスーパーで買う。(がーちゃん/30代)

(47)試着して安くなるまで待つ。(ねこまる/30代)

(48)YahooやAmazonなどネットショッピングアプリのセール通知を利用している。(あーちん/20代)

<和田先生のアドバイス>

お洋服をセールの時に買うというのは確かに賢い買い方ですね。でも、セールの時期はシーズンも終わりなので、着られる期間は短くなりますよね。安い値段で短い期間だけ着るか、定価でも長い期間着られた方がいいのか…。なかなか難しいところですが、着る期間も加味してお買い得かどうかを考えてみるといいかもしれません。

 

いつでも確実に安い店をチョイス!

(49)お菓子を買う時は、コンビニでもスーパーでもなく近所のドラッグストアで購入しています。そこが一番安いし、お店のポイントと楽天ポイントも貯まって、さらに会計時にLINE payも使えるので、一度の買い物で3社分のポイントがつくのですごくお得です。(みほ/30代)

(50)食料品などは業務用スーパーで買う。(まいぷ/30代)


私も食料品はもっぱら『高品質・Everyday Low Price』のOKストア。価格の安いスーパーは、回転率もいいので生鮮食品が新鮮だと感じます!(ちなみに…、OKストアは会員カードを持っていると現金払いで食料品が3%引きになるのですが、お酒や日用品は対象外。ということでまとめ買いの時はわざわざカゴを分けて、食料品は現金払い、それ以外はポイントの溜まるクレジットカードを利用するようにしています。以上、OKストアのプチおトク情報でした)

 

 

買った後、使った後のことも考えて検討を!

節約を心がけている人は、洋服も食料品も定価を避けていることが多いようです。食料品などの消耗品については、安いからと言って買いすぎて余らせることのないよう見通しを持って買うのが大切ですよね。そして、洋服や靴などは「売ること」も見越して買うのもおすすめだと和田先生。

「メルカリやヤフオクなどで売ることを前提に考えて買うのもアリだと思います。いまは手続きや発送方法も簡単になっているので、やったことがないという人も不用品から試してみるといいですよ。
婦人服や靴はもちろん、子ども服とかはすぐサイズアウトしてしまうので、特におすすめ。コートやフォーマルウェアなどは汚れることも少ないので売りやすいんです。いいものは買った時の半額以上で売れることもあるので、売りにくい安物を買うよりも結果的に安上がり!なんてこともありますよ。」

メルカリからは「メルペイ」も登場し、売上金を実店舗で使えるようになったこともあり、ますます「買ったら売る」が定着していきそう。後先を考えず定価で欲しいものを買う!というのもたまにはいいですが、しっかりと買った後のことを考えて購入するのが賢い節約方法なのかもしれません。

次回は見逃せない「買う」ための「ポイント使い」について、ご紹介していきます!

*紹介した商品やサービスなどの内容は、変更になっている場合があります。オトク術を取り入れるときは、事前に調べてから、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

 

 

<今回教えてくれた先生>

節約アドバイザー 和田 由貴(わだ ゆうき)先生

 

消費生活アドバイザー、家電製品アドバイザー、食生活アドバイザーなど、幅広く暮らしや家事の専門家として多方面で活動。私生活では2人の子を持つ母で現役の節約主婦でもあり、日常生活に密着したアドバイスを得意とする。「節約は、無理をしないで楽しく!」がモットーで、耐える節約ではなく快適と節約を両立したスマートで賢い節約生活を提唱している。

http://wada-yuki.com

share
page top