Catevory
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

【スマホ決済検証・活用編】女子会や春の新歓にもおすすめ! 編集部のランチ会で、LINE Payの割り勘機能を使ってみた

気になるアプリを実際に使ってみて、細か〜く検証するのが得意な女子部JAPAN(・v・)。ただ今、編集部内ではスマホで決済ができるモバイル決済アプリに注目して、そのはじめ方やリアルな使用感を掘り下げ中です。

 

こんにちは。女子部JAPAN(・v・)のありです。
みなさん、話題のスマホ決済サービス、使っていますか?
編集部内でも、「○○ペイ、使ってみたよ〜!」「いま、〇〇ペイのキャンペーン中だよ!」なんて話が会議のたびに飛び交いますが、私はいまだガッツリSuica派です。
しかし、少しはペイの波に乗りたいな〜なんて密かに思っていたら、いつも使っているLINEのスマホ決済サービスがなかなか便利だと聞き、思い切ってLINE Payを登録。さっそく、女子部JAPAN(・v・)編集部のランチ会で、LINE Payの割り勘機能を使ってみました!
(テキスト:女子部JAPAN(・v・) あり)

※2019年4月2日の時点での内容となります。

公式サイトでLINE Payが使える店をチェック!

LINE Payは、いつも使っているLINEアプリで使えるので、新規に別アプリをダウンロードしてログインする必要はありません。登録もとにかく簡単であっという間!という印象。私は銀行口座と連携させて、チャージを行うことにしました。

※詳しくは、こちらの「【スマホ決済検証】LINE友だちに送金もできる! LINE Payを使ってみた」をチェックしてみてくださいね。

今回のランチ会では、LINE Payの便利機能「割り勘」を試してみよう!ということで、まずはLINE Payが使えるお店を調べてみることに!
LINEの公式サイト内にある「LINE Payが使えるお店」でチェックできます。
「グルメ」「ビューティー」「ショッピング」など切り替えて検索ができるので便利!

オフィスからも近いということで、新宿にある「パスタママ」というイタリアンのお店でランチ会をすることに決定〜!

 

料理を待つ時間を利用して、割り勘グループを作成!

お店に到着したら、いつも通りにそれぞれ頼みたいメニューを注文します。割り勘なので、宴会メニューやビュッフェなど、全員が同じ金額だとより使いやすいですが、一人一人金額が違っても、割り勘時に金額を調整できるので大丈夫。

まずは、LINE Payを開いて、その下の「割り勘」をタップ。

割り勘の機能を利用するには、まずは割り勘グループを作る必要があります。分かりやすいタイトルを入れるとスムーズです。

タイトルを入れたら、下の「QRコードを作成」をタップ。すると、下のようなQRコードが表示されます。

このQRコードを、割り勘したいメンバー全員に読み取ってもらいます。

QRコードを全員が読み取り終えたら、割り勘機能の準備は完了!

今回は4人で利用しましたが、登録自体は4、5分で完了しました。慣れてくれば、もっとサクサクできるはず。

メンバーが割り勘に参加中と表示されます。
会計時などはバタバタしてしまうので、料理が運ばれる前に行うか、人数の多い飲み会であれば、あらかじめグループを作ってから来店するのがおすすめです。

そんなこんなしているうちに、テーブルには、美味しそうなパスタが運ばれてきました〜!

とりあえず、会計のことは忘れて、お腹を満たします!

 

代表者がQRコード決済でお支払い! 個別会計よりかなりスムーズ!

割り勘機能の良いところは、なんと言っても会計時がスムーズだということ。平日ランチの場合、1時間の休憩時間を使ってみんなでランチに行くと、あっという間に休憩時間が終わり、午後の仕事にギリギリになってしまうこともしばしば。
そんな時に一人ずつ会計していると、けっこう時間がかかったりするのですよね。

そんな悩みもまるっと解決してくれるのが、LINE Payです。今回はこばなみ部長が幹事役をしてくれて、会計時の支払いをまとめてLINE Payで4人分支払ってくれました。

全員が個別会計をしてもたつくより、一人がササっと支払ってくれるので、とにかく会計時がスムーズ。あとは、お店を出てからゆっくり割り勘操作をするだけです。

このように、全員分のお支払いが一気にできました!

このように、どのお店にいくら支払ったかを画面で見ることができるのも便利ですよね。

そして、現金払いでなく、LINE Payを使うメリットのひとつにポイント還元があります。支払額の下に表示されている緑色の文字が還元されたポイントで、支払額の3.5%〜5%の還元があるのです。
これは、「マイカラー」の色や実施中のキャンペーンなどによって還元率が異なりますが、使えば使うほど還元率が高くなる仕組みです。
このLINEポイントは、1P=1円でLINE Payの残高に還元することができます。

こばなみが「割り勘をリクエスト」をタップすると、メンバーになっている人へ支払いのリクエストが届きます。

下が他のメンバー側で表示される画面。このように、LINEウォレットからメッセージが届きます。

「LINE Payで支払う」をタップすると、自分のチャージから1,098円が引かれて、こばなみ部長に支払われます。
そしてもちろん、ポイントもそれぞれに割り勘されるので、私にも1.098円分の還元ポイントが貯まりました。

支払いが完了すれば、その都度、幹事さんと支払ったメンバー両方に通知が届きます。
このように、1098円など細かい金額ではお釣り問題も出てきますが、LINE Payならお釣りをじゃらじゃら渡し合うこともなし!
スムーズに受け渡しできるのもいいですよね。

このように、未払いの人がひと目でわかるので、幹事さんも未払いの本人も分かりやすいですね。
しかも、未払いの催促を口頭でするのって、なんとなく仲間内だと気まずいものですが、LINE Payの割り勘機能を通してなら、お互いわだかまりなく支払いの催促ができそうです。
割り勘を使ってみて、個人的に一番いい!と思ったのが、実はこの機能でした。

また、金額が均一でない場合も多いと思いますが、そんな時でも大丈夫!
リクエストされる金額は、そのままだと合計金額を人数分で割った金額になりますが、これは個別に変更することもできます。
例えば、メニューの値段がそれぞれで違う場合、飲み会で男女の金額を変えたい場合、後から参加した人を少し安めにしたい場合など、メンバー内で金額の調整ができるのも便利なのです。

ランチの割り勘も簡単に支払いが完了するし、お得なポイントも還元されて、言うことなし! みんながLINE Payを使っていれば、これは使わない手はないですよ。

 

幹事さんの負担が軽くなる! 春の新歓イベントにも、LINE Payはおすすめ

今回、LINE Payの割り勘機能を使ってみて、一番便利だったのが、未払いの人がひと目で分かること。しかも、未払いの通知をLINEが代わってしてくれるので、幹事さんの負担も軽減しそうです。また、平日のランチタイムは時間との勝負なので、複数人での支払いでも驚くほどスムーズ。割り勘の支払いはLINE Payでいつでもできるので、午後の仕事の合間や移動中などを利用するのもいいですね。

これまで、ランチや飲み会などの割り勘でモヤモヤした経験がある人は、ぜひ利用してみてくださいね。私も実際に使ってみて、思いがけず便利なことにびっくりしました。

ただし、割り勘の利用には全員がLINE Payに登録している必要がありますので、いつも一緒にランチや飲み会をする仲間などを、LINE Payに誘ってみるのもおすすめですよ!

share
page top