教えてセンセイ! 教えてセンセイ!

【女子50人に調査】中古や優待で賢く購入!セキララ!わたしのオトク術100<買う編(51)〜(60)>

巷にはいろんなオトク情報があふれていますが、知りたいのはリアルに使えて、しかもトライしやすいオトク術ですよね。そんな“ホントに使える”オトク術を知るには、部員のみなさんがやっていることを聞くのが一番!ということで、すっぴん調査を実施!節約やオトク大好きな部員のセキララな熱い声がたっぷりと集まりました。

女子部JAPAN(・v・)でおなじみの節約アドバイザー、和田由貴先生のワンポイントアドバイスとともに、100個ドカンと紹介していきます。今回は、フリマやクーポンなど一手間かけて安く「買う」技10を公開!

(テキスト:女子部JAPAN(・v・)さかい)

中古品を上手に取り入れる!

(51)気になる服を店頭で見つけたら、フリマアプリで探して、見つけたら使用感・値段を考慮して購入。(陽淳大/30代)

(52)本を読むのが好きなので、大好きな作家以外の本は、まず古本屋やメルカリなどで検索。(よーこ/30代)

(53)いらないものをフリマアプリで売って、その売上金で必要になったものを購入するようにしている。(ちさ/20代)


メルカリなどのフリマアプリが身近なものとなり、中古品が手に入れやすくなった今では、活用しない手はないのかも。中には未使用の新品が販売されていることもあるので、中古品に抵抗があるという人は「新品・未使用」のカテゴリから検索してみると、お店で買うより安く手に入っちゃうかも!?

 

株主優待や会員特典で特別に安く!

(54)通販サイトの会員登録で貰ったポイントを使って、服をタダで!(ちさ/20代)

(55)ミュージカルが好きなのですが、都民劇場に入会するととてもお得に観劇できます。(まちねえ/40代)

(56)イオンの20日30日の5%オフの日に、イオンカードもしくはイオンカードでチャージしたWAONで支払い。さらにイオン九州アプリのゲームで当たったクーポン券を使用。さらに1000円で1枚使える100円の株主優待券を使用。さらに株主優待カードを提示(後日半年分のお買い物金額の3%現金キャッシュバック)!(エミーシャ/50代)

<和田先生のアドバイス>

私も株主優待目的で株を持っていますが、よく使う飲食店の優待券がもらえるところだけに絞っています。以前はいろいろな商品の詰め合わせとかをもらっていたけれど、よく考えると自分がお金を出して買いたくなるほどのものがないんですよね。優待券や金券のように、ほぼ「現金」として使えるものなら、節約に一役買ってくれます。

 

クーポンや割安チケットをくまなく活用!

(57)電子決済でクーポンが出ているところで買ったり、ポイントが付くところで買ったり。ドコモのdエンジョイパスやスゴ得コンテンツを利用して、抽選で商品をもらったり、500円の映画のチケットや銭湯のチケットを購入しています。(まちねえ/40代)

(58)買い物や外食の予定がある時は、金券ショップやオークション、フリマアプリで、金券や優待券を安く手に入れています。特に活用しているのは、JCBギフト券と図書カードとジェフグルメ券。(エミーシャ/50代)

(59)楽天市場は、お買い物マラソンよりスーパーセールのときのほうが金額が下がることが多いから、買うならスーパーセールで。(ゆうこ/●代)

(60)オリガミペイのキャンペーンで半額で買ったり、クーポンを利用したりしています。(こんぶ/30代)

<和田先生のアドバイス>

PayPayやLINE Payなどのスマホ決済は、アプリ普及と顧客獲得のために力を入れたキャンペーンを大々的にやっているので、これには乗っておかないとソンかなと思います。ポイントをコツコツ貯めていく、というよりいきなり現金のように使えるポイント還元のパターンが多いので、コンビニやスーパーで現金で買うよりははるかにお得になる場合が多いですね。
また支払いの記録が確実に残るので、レシートの内容を記録している人はスマホ決済にした方が、管理も楽になるはずです。

 

必要なものを、最安値で買う方法を見極める!

中古、優待、キャンペーン…。みなさん、自分にとって絶対に必要だと思うものについては最安値で買う方法を見出しているようです。
かくいう私も、コンタクトレンズ(ワンデー)はルミネカード10%オフの期間にメルマガ割引をとまとめ買い割引を適用して買うようにして、なおかつTポイントを貯めています。特に何もしないで購入するより、2,500円くらいおトクになるんですよね。
ある程度高額のもので、必ず買うものや必ず行く店については、一度徹底的に研究して最安値を打ち出しておくといいかもしれませんね。

次回はポイントを駆使して「買う」ためのオトク術をご紹介していきます!

*紹介した商品やサービスなどの内容は、変更になっている場合があります。オトク術を取り入れるときは、事前に調べてから、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

 

 

<今回教えてくれた先生>

節約アドバイザー 和田 由貴(わだ ゆうき)先生

 

消費生活アドバイザー、家電製品アドバイザー、食生活アドバイザーなど、幅広く暮らしや家事の専門家として多方面で活動。私生活では2人の子を持つ母で現役の節約主婦でもあり、日常生活に密着したアドバイスを得意とする。「節約は、無理をしないで楽しく!」がモットーで、耐える節約ではなく快適と節約を両立したスマートで賢い節約生活を提唱している。

http://wada-yuki.com

share
page top