ハンドメイド女子部 ハンドメイド女子部

[2019.3.9]UVレジンを使って2種類のピアス(イヤリング)をつくりました

こんにちは!女子部JAPAN(・v・)のともいです。

2017年12月を最後に、ずっとお休みをしていたハンドメイド女子部ですが、アンケートの回答やイベントの際にみなさんから「ハンドメイド女子部を復活してほしい!」という声をたくさんいただきましたので、今年からまた定期的に開催をしていきたいと思います!

 

今回は女子部員でありslow.としてハンドメイド作家をしているNatsukiさんを講師に迎え、レジンを使ったアクセサリー作りの会を開催しました。


レジンを使いながら、コットンパールを使用したスクエア型と、ドライフラワーを使ったドーム型の2種類をつくりましたよ!
かんたんなレシピと共にイベントの模様をレポートします!

 

今回使用した材料、道具のご紹介

(スクエア型のパーツ)
・スクエアフープ ゴールド 2個
・マットパール6個(お好みのカラー、サイズ)
・ブリオン 8個(お好みのカラー、サイズ)
・ピアス(イヤリング)キャッチ 1セット(貼り付け型も可)

(ドーム型のパーツ)
・ドーム型のシリコンモールド
・お好みのドライフラワー
・お好みのシェルパウダー
・ピアス(イヤリング)キャッチ 1セット(貼り付け型も可)

(道具)
・UVレジン液
・UVライト
・接着剤
・ピンセット
・つまようじ
・クリアファイルをカットしたもの

今回使用するドライフラワーは、ネット専門でプリザーブドフラワーショップ「FLEUR」を開業された、鳥取の女子部員の尚子さんから取り寄せました♪
発色が良くて、茎の部分でも何か作りたくなってしまうほどかわいい…!

 

<スクエア型のピアス(イヤリング)の作り方>
①クリアファイルの上にスクエアフープを置き、枠の中にUVレジン液を入れる。空白ができないようにつまようじでUVレジン液をまんべんなく広げる。

②マットパールを3個ずつ配置して、UVライトで約5分硬化させる。

 

③隙間の部分にUVレジン液を流してブリオンを4つ配置し、UVライトで約5分硬化させる。

小さいブリオンを手で配置するのは至難の技なので、ピンセットを使うことをオススメします!

真剣にブリオンを配置する女子部員のmayuさんとさかい編集部員。姿勢も服の色味も似ています……(笑)。

 

④スクエアパーツの裏側にUVレジンを塗り、ピアス(イヤリング)のキャッチを乗せて、UVライトで約1分硬化させたら完成!

UVライトで硬化中の様子。UVレジン液で接着するのが苦手な方は、瞬間接着剤でくっつけるのも◎!

 

スクエア型を固めているうちに、2つめのドーム型のパーツを選んでおきます。
ドライフラワーもシェルパウダーもたくさんの色をご用意していたので、みなさんとっても悩まれていました。

 

さかい編集部員が選んだのはこちら!

 

<ドーム型のピアス(イヤリング)の作り方>
①シリコンモールドにUVレジン液を7割くらい流し、つまようじで気泡を取り除きます。

 

②お好みのドライフラワーやシェルパーツを入れて、UVライトで約1分硬化させます。
そしてUVレジン液をシリコンモールドと同じ高さになるまで流しこみ、再び約1分UVライトで硬化させます。

時間をかけてしまうとドライフラワーがどんどん沈んでいくので、「ここだ!」と位置を決めたらすぐに硬化させてあげるほうがいいかも!

 

③スクエア型と同じく、ドーム型になったパーツの裏側(平らな面)にUVレジン液をつけ、ピアス(イヤリング)のキャッチをつけて、UVライトで硬化させたら完成!

 

パーツが増えると個性も増す! 春にぴったりな作品ができあがりました★

女子部員たちがつくった作品の一部をご紹介♪
マットパールを使用したスクエア型は、ベージュを基調にした落ち着いた色味で、大人っぽいデザインになっています。ドーム型はドライフラワーのパキッとした色味に、シェルパーツのキラキラを加えることで、小ぶりながらも華やかなアクセサリーになりました!
みなさんパーツ選びに悩まれていたこともあり、個性が出ていてどれも素敵ですね★

 

 

最後は出来立てホヤホヤの作品を持って、集合写真をパチリ!
ご参加いただきありがとうございました〜!

 

次回のハンドメイド女子部の情報はこちらでチェックしてくださいね!
みなさんのご参加や「これを作ってほしい!」などのリクエスト。お待ちしております!

 

share
page top