Catevory
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

【スマホ決済検証⑤】ファッション系に強い! dユーザならAmazonでおトク! 「d払い」を使ってみた

気になるアプリを実際に使ってみて、細か〜く検証するのが得意な女子部JAPAN(・v・)。ただ今、編集部内ではスマホで決済ができるモバイル決済アプリに注目して、そのはじめ方やリアルな使用感を掘り下げ中です。

今回ご紹介するコード決済サービスは、NTTドコモが提供する「d払い」。「○○ペイ」など、語尾にペイがつくサービスがひしめくなか、「払い」のネーミングを選んだあたりに日本の古株IT系グループらしさを感じます。さて、その使い心地は? 20年超の古株ドコモユーザー、編集部員・たけだがレポートします。

(テキスト:女子部JAPAN(・v・)たけだ)

 

ファッション、家電、ドラッグストア……d払いは使えるお店が豊富! ドコモユーザーならAmazonでも!


iPhoneはこちら
Androidはこちら

私が「d払い」をはじめて使ったのは、2018年の年末。ちょうど世の中がPayPayの第一弾「100億円あげちゃうキャンペーン」にざわついていた頃でした。あっちがソフトバンク系のスマホでオトクになるなら、こっちのドコモユーザーにもオトクなサービスはないのか……と、発見したのが「d払い」! もちろん、ドコモユーザーでなくてもおトクに使えます。

 

数カ月使ってみて、「便利だな」「オトクだな」「よさそうだな」と思ったのはこちら。

 

●ポイントの重ね取り&お得なキャンペーンが続々!

コード決済サービス全般の魅力であるポイント重ね取り。「d払い」では、街の店舗では利用料金200円で1ポイント、ネットショップなら100円で1ポイントのdポイントが還元されます。

「d払い」で設定できる支払い方法は、クレジットカード決済か、ドコモユーザーのみ選べる電話料金合算払い。電話料金合算払いを選んでも、ケータイの料金をクレジットカード払いにしているなら、クレジットカードのポイントと「d払い」のポイントを二重取りできるはず。

さらに、あの手この手でいろいろなポイントアップキャンペーンを行っている「d払い」。ちなみに私は一時、2つのキャンペーンを掛け合わせて、Amazonでのお買い物なら35%ほどのポイントバック状態になりました!

 

●ファッション系の対応店舗がたくさん!

「URBAN RESEARCH」「UNITED ARROWS」「koe」そして「タカシマヤ」などのショップで使えるほか、ネットショッピングなら加えて「FLAG SHOP」「BEAMS」「nano UNIVERSE」などでも使えます。

 

●ドコモユーザーならAmazonでも使える!

「d払い」で支払えば、Amazon独自のAmazonポイントとは別に、dポイントもゲット。さらに、Amazon×「d払い」では、定期的にオトクなキャンペーンを行っているみたいなので要チェックです。

そのほか、「エディオン」「K’sデンキ」「コジマ」「ビックカメラ」などの家電量販店や「メルカリ」「カルディコーヒーファーム公式オンラインショップ」「セブン&アイの通販サイト オムニ7」「ムビチケ」など、使えるお店がバラエティに富んでるところが、「d払い」の魅力。

 

・使える街のお店はこちら

・使えるネットショップはこちら

 

●「dポイント」対応店舗で、還元された「dポイント」が使える!

オトクなキャンペーンで還元された「d払い」のポイントは、期間限定であることが多いため、使い切れるか少し不安でした。でも、「d払い」のポイントは、「dポイント」なので、例えば、スーパーの「ライフ」や「マクドナルド」など、「d払い」には対応していないけど「dポイント」は使えるというお店でも使えます。

「d払い」のアプリのトップ画面下の鳥(「ポインコ」)のイラストをタップすれば、モバイルdポイントカードのバーコードが表示されて「dポイント」で支払うことが可能。「期限間近になればライフへGO!」を合い言葉に、貯まったポイントも上手に活用していこうと思います!

 

アプリをダウンロードして、いざ「d払い」をスタート!

ダウンロードした「d払い」アプリを使い始めるのは、ドコモユーザーなら超簡単。spモード接続にした状態でアプリを立ち上げ、4桁の「spモードパスワード」を入力すればOK。

それ以外の場合は「dアカウント」が必要です。「dアカウント」とは、ドコモが提供する「dマガジン」「dミュージック」「dショッピング」など、ドコモのサービスを利用するためのアカウント(ID&パスワード)。

ドコモユーザーや「dマガジン」などのサービスを利用している人は、すでに発行済みのはず。まだの人は、ログイン画面の下の方にある「dアカウントを発行する」ボタンをタップ!

 

「dアカウント」ができたら、アプリのログイン画面から「dアカウント」のIDとパスワードを入力!

 

メニューバーの「設定」をタップして、お支払い方法を設定します。ドコモユーザー以外はクレジットカード払いの一択なので、クレジットカード情報を登録。クレジットカード番号、有効期限などを入力します。

ここで気をつけておきたいのが、予めクレジットカードの「本人認証サービス」を設定しているクレジットカードが必要だということ。まだの人は、お持ちのクレジットカードのサイトなどで登録しておきましょう。

 

ドコモユーザーなら電話料金合算払いかクレジットカードかを選択。Amazonで使いたいなら、「電話料金合算払い」を。また、電話料金合算払いの場合は、ユーザーの状況によって異なりますが、毎月の使用上限は最大10万円になります。使いすぎを防ぐために、自分で毎月の使用上限を設定することもできます。

クレジットカードや電話料金合算払いの登録ができたら、あとは使うだけ! 店頭での会計時に、「d払いで!」と店員さんに告げ、バーコードやQRコードをかざすだけで、簡単にお支払いできます。

QRコードを読み込むタイプの店舗では、トップ画面右上にあるバーコードアイコンをタップ。店頭のQRコードを読み込んで、金額を自分で入力して決済します。

 

ネットショップでの買い物は、「d払い」のキャンペーンでポイントどっさり!

使えるネットショッピングのお店が多い「d払い」。ネットショッピングでクレジットカード決済をしている人も多いと思いますが、クレジットカード番号などの入力が面倒なときはありませんか? 「d払い」なら、お支払い方法で選択すればスムーズに決済完了できて、さらにdポイントも貯まるのでおトクです。

 

例えば、「UNITED ARROWS」のネットショップでお買い物するなら……

買いたいアイテムを選んで、決済へ。

 

住所など必要事項を入力したら、お支払い方法で「d払い」を選択。

 

 

「d払い」の決済画面が出てきて、いざお支払い。ドコモユーザーの場合は、4桁の「spパスワード」を入力すれば決済完了。かなりスムーズで時短な印象です。

*ドコモユーザー以外なら、ドコモID・パスワードを入力します。

 

 

「d払い」はいろいろなキャンペーンを実施していますが、毎月定期的に行っているのが「金土曜日なら!dポイントが必ず3倍 最大6倍」のキャンペーン(2019年4月時点)。

ネットショップを使うなら、金曜日と土曜日を狙ってオトクにお買い物したいですね!

 

ドコモユーザーがAmazonで使う際は、事前に設定が必要!

ドコモユーザーで「dアカウント」をすでに持っていた私が、「d払い」で一番戸惑ったのがAmazonでの使用設定。一般的なネットショップは、お支払いのとき「d払い」を選択すれば良いのですが、Amazonの場合は事前に設定が必要です。

Amazonのアプリやサイトでロングインしたあと、メニューバーから「お支払い方法の管理」を選択。(私の場合は、すでに「docomo(個人用)携帯決済」が登録されています)

 

「お支払い方法を追加」をタップして、「続行」をタップ。

「sp」モードのパスワードを入力して承認をすれば、登録完了です。

Amazon×「d払い」は、大きなキャンペーンが多いので、Amazonユーザーの方はぜひ利用してみてください。

ちなみに、過去の買い物の履歴は「d払い」アプリのメニューバーの「ご利用履歴/限度額設定変更」をタップすれば、かんたんに確認できます。

私の場合は、簡単にお買い物できるだけに、キャンペーンにつられてつい買いすぎてしまわないように、都度チェックするように心がけています。

 

PayPayなどは20%還元で話題になりましたが、「d払い」でも2019年4月24日〜5月7日までは「+20% dポイント還元」のキャンペーンを開催。はじめて「d払い」のアプリを設定して、1080円(税込)以上使うと、1,000ポイントもらえるキャンペーンも開催するとのこと。

いずれ買わなくてはいけない消耗品や日用品は、おトクなキャンペーンを利用して上手に買い込んでおいて、貯まったポイントでちょっとした自分へのご褒美に使うのが、最近の私の楽しみです。よかったら、連休中など時間に余裕のあるときに、コード決済デビューしてみませんか?

 

※本記事の内容は2019年4月現在の情報です。サービスなどの内容は変更になっている場合があります。


iPhoneはこちら
Androidはこちら

★女子部JAPAN(・v・)では、編集部スタッフ自らがスマホ決済を実践&検証する記事を配信中です。
読みたい方はこちら

 

 

share
page top