Catevory
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

【女子50人に調査】お金をふやすチャンスは意外と身近に!? セキララ!わたしのオトク術100<ふやす編(81)〜(90)>

巷にはいろんなオトク情報があふれていますが、知りたいのはリアルに使えて、しかもトライしやすいオトク術ですよね。そんな“ホントに使える”オトク術を知るには、部員のみなさんがやっていることを聞くのが一番!ということで、すっぴん調査を実施!節約やオトク大好きな部員のセキララな熱い声がたっぷりと集まりました。

女子部JAPAN(・v・)でおなじみの節約アドバイザー、和田由貴先生のワンポイントアドバイスとともに、100個ドカンと紹介していきます。今回は、身近な工夫でお金をふやす技10を公開!

(テキスト:女子部JAPAN(・v・)たけだ)

 

まずはここから!? 定期預金の利息でコツコツふやす!

(81)定期預金を活用。(ねこま/30代)

(82)定期預金の特別金利キャンペーンを利用。(yn/20代)

(83)目標を決めて○○万貯まったら定期預金などしている。(まいぷ/30代)

(84)外貨預金、日本円と分けて貯金している。(たみー/40代)

<和田先生のアドバイス>

すぐに使わないお金があるなら、定期預金はおすすめです。株や投資信託などのように元本割れ(お金が減る)のリスクもなく、普通預金より金利が高い場合が多いのが特徴。ynさんのような特別金利キャンペーンを利用すれば、よりオトクな金利が適用されますね。ただし、普通か定期かに関わらず、受け取る利息には税金(20.315%)がかかるのでご注意を。

銀行などに預金していれば、通常は年に2回、利息がついてお金がふえていきます。ただ、ゼロ金利時代とかマイナス金利時代と言われる今の日本では、メガバンクの普通預金の金利は0.001%程度(2019年5月現在)。100万円を1年間預けても、利息は10円程度だったりします。一方、ネットバンキングなどの特別金利キャンペーンでは、条件にもよりますが金利が0.02〜0.3%になる場合も。普通預金の0.001%と比べると20〜300倍なので、かなりオトクに感じますね。たみーさんが利用しているように、金利のいい外貨預金も気になります。ただし、手数料がかかったりするので、仕組みを少し勉強してから活用したいですね。

 

フリマで! プチバイトで! 臨時収入にウハウハ

(85)メルカリなどのフリマアプリを使って、要らないものを売ってお金を作っています。(あめ子/30代)

(86)家の中の不用品をメルカリで売っています。あと、番組観覧やエキストラに参加して、すこーしお礼をいただいたりしています(ほとんど交通費くらいですが)。(まちねえ/40代)

(87)覆面モニターに複数社登録。ポイントや現金がもらえるだけではなく、セミナー参加などでは高級ケーキが食べられたりしてオトク。月に1万円以上にはなる。(よーこ/30代)

(88)モニターのバイトをしています。覆面調査などだと、20分くらいで3000〜4000円を現金でもらえたりします。(えび/40代)

(89)覆面調査等の臨時収入は、そのまま貯金する。(SNOOPY/50代)

(90)FPの勉強を始めました。これから増やすための術を学んでいきたいです!(みぃ/30代)

 

<和田先生のアドバイス>
【女子50人に調査】安く買うため労力惜しまず!? セキララ!わたしのオトク術100<買う編(41)〜(50)>でもお話ししましたが、フリマアプリはオトク生活の強い味方。自分はゴミだと思っていても、別の人には価値あるものになる “かくれ資産”って意外とたくさんあるものです。例えば、ラップやトイレットペーパーの芯、葉っぱやどんぐりなどに買い手がついていることもありますよ。ハンドメイドしたものを出品したり、得意なことを活かしてプチ複業(副業)をしている人もいます。フリマアプリは、使いよう。不要品を売るだけでなく、お金をふやすチャンスがたくさんあります。一度、どんなものが出品されているかをチェックして、自分に向いているお金のふやし方を考えてみるといいですね。

覆面調査やエキストラのプチバイトで、楽しみながらお金をふやしているという部員さんもチラホラ。また、みぃさんのように、本格的にお金の勉強をしているという部員さんも! フリマやプチバイトで臨時収入があるとついパッと使ってしまいがちですが、お金をふやすにはSNOOPYさんのように、しっかり管理することも大事なのかもしれませんね。

 

できることから始めてみれば、だんだん知識や経験もふえていく!

お金を「ふやす」と聞くと、株や投資信託などの資産運用をイメージしがちですが、それ以外にも身近なところに「ふやす」チャンスはけっこうあるもの。和田先生も「私は、ディフェンスタイプだから、株などの資産運用でリスクは取りたくない派」とのこと。その代わり、フリマアプリはフル活用してオトクにお金とモノを循環させていると言います。まずは、自分に合った「ふやす」技を始めてみること。知識や経験を積んでいけば、ふやす技もどんどんレベルアップできるかもしれませんね。

次回は、ズバリ、株や投資信託などで「ふやす」オトク術をご紹介していきます!

*紹介した商品やサービスなどの内容は、変更になっている場合があります。オトク術を取り入れるときは、事前に調べてから、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

 

 

<今回教えてくれた先生>

節約アドバイザー 和田 由貴(わだ ゆうき)先生

 

消費生活アドバイザー、家電製品アドバイザー、食生活アドバイザーなど、幅広く暮らしや家事の専門家として多方面で活動。私生活では2人の子を持つ母で現役の節約主婦でもあり、日常生活に密着したアドバイスを得意とする。「節約は、無理をしないで楽しく!」がモットーで、耐える節約ではなく快適と節約を両立したスマートで賢い節約生活を提唱している。

http://wada-yuki.com

share
page top