教えてセンセイ! 教えてセンセイ!

【女子50人に調査】ふるさと納税も NISAも! 使える制度は使わなきゃソン!? セキララ!わたしのオトク術100<ふやす編(91)〜(100)>

巷にはいろんなオトク情報があふれていますが、知りたいのはリアルに使えて、しかもトライしやすいオトク術ですよね。そんな“ホントに使える”オトク術を知るには、部員のみなさんがやっていることを聞くのが一番!ということで、すっぴん調査を実施!節約やオトク大好きな部員のセキララな熱い声がたっぷりと集まりました。
女子部JAPAN(・v・)でおなじみの節約アドバイザー、和田由貴先生のワンポイントアドバイスとともに、100個ドカンと紹介していきます。ラストの技10は、まさにマネーの猛者!オトク上級者の部員さんによる、資産運用テクをズラッと公開!

(テキスト:女子部JAPAN(・v・)たけだ)

まずは少額から! 税制優遇のあるNISAなど、投資信託を活用!

(91)NISAをしている。最初はやり方がわからなかったけれど、銀行で講座を聞いて、してみようと思った。(あやや/30代)

(92)少額の投資信託で小銭が増えるようにしている。勉強が足りないのでマイナスになってもいい5万円未満でやり取りをしている。(ののかの/30代)

(93)ネット系バンクで最も率の高い普通預金を利用するのは当然のこと、もちろんNISAも利用して株式や投信積立。株主優待や配当で、貯蓄に自然と回ります。(ball/40代)

投資信託とは、ざっくり説明すると、みんなから集めたお金を投資のプロが、債権や株式などいろんな種類の投資先を選んで運用してくれる商品のこと。最近は、ポイント投資や500円投資などの少額からでも投資信託をはじめられ、より身近になっていますよね。そして、NISAとは、投資信託で得た利益が非課税(利益に税金がかからない)になる制度。NISA、つみたてNISA、ジュニアNISAといった種類があって、対象者や非課税枠などに違いがあります。せっかく投資信託で得た利益、できれば税金を引かれることなく、まるごとゲットしたいですよね! 今回のオトク100では、そんなNISAを利用しているという部員さんの声が目立ちました。

 

ふるさと納税や株主優待、いだだきものにオトクあり!

(94)NISAで投資をしています。あとは、株主優待銘柄に投資して、食費を節約しています。(匿名希望/30代)

(95)安くなっている株を買って値段が上がったら売ったりしています。株主優待狙いで購入したりもします。ふるさと納税は満額利用しています。(まちねえ/40代)

<和田先生のアドバイス>
ふるさと納税は、応援したいふるさとや自治体に寄付する仕組み。オトクな返礼品がもらえることで話題になっていますよね。寄付金額から自己負担額の2000円を引いた金額が、その年の所得税から還付されたり、翌年の住民税から控除されたりするので、税金を納めている人はぜひ利用したい制度です。2019年6月からは、制度が見直しされる予定なので、現行制度でかけ込むなら今がチャンスかも!
私もふるさと納税や株主優待の恩恵にあずかっていますが、最近は実用的なものを選ぶようにしています。豪華な返礼品も魅力ですが、それが本当に自分に必要なものか冷静に考えることが大切ですね。

 

ふるさと納税、株&株主優待、国債、投資信託、不動産投資……ぜんぶ盛り!?

(96)ふるさと納税やセルフメディケーション税制など、利用できるものはしっかりと活用しています。また、今の時代、預金だけではお金が増えないので国債、投資信託、株などの資産運用も行っています。毎年もらえる株主優待は本当に助かります。(詩音/20代)

(97)ふるさと納税は、ポイントも使える楽天ふるさと納税を活用。あとは、NISA枠を活用して投資。また、なるべく株主優待、配当金、値上がり益のトリプル益を狙っています。日本株は現物取引、投資信託は積み立てで世界市場へ分散投資。(エミーシャ/50代)

(98)証券会社の担当が祖母・母と同じ人。非常に良くしてくれて買い時の株の銘柄や新規公開株の情報などをマメに連絡してくれるので、自分ではあまり投資に時間をかけず比較的安定して資産を増やせています。また、既婚・子なし世帯で税金の控除をあまり受けていないので、ふるさと納税は毎年忘れずに申し込んでいます。二人暮らしなので賞味期限の長いお酒の返礼品を中心に選んで、日々のお酒代もかなり助かっています。(みほ/30代)

(99)IPO株*に申し込みを行い、優良株(?)を購入して利益を得たりしています。定期預金ではなくキャンペーン時に国債を入れて、利息+αを得ています。国債などのローリスク・ローリターンを7割ほど行い、残り3割でハイリスク・ハイリターンの投資を行っています。(ゆう/30代)

*Initial Public Offeringの略語。「新規公開株」や「新規上場株式」などと訳されます。

(100)海外オフショア投資をやっています。自分で海外の金融機関と契約するので、英語でのやり取りが必要になりますが、利益が非課税の地域を選ぶとオトク。日本でも、利益が非課税になるNISAがありますが、それとは違って上限額がないところが魅力です。お金のことをいろいろと勉強してきたので、今後は金融関係のフリーランスとして独立しようと考えているところです。(maco/30代)

聞き慣れない専門用語がたくさん並ぶ、マネーの猛者たちの声! 株式や債券、投資信託などは、どれもリスクがゼロではないだけに、何がオトクかをしっかりと考えて取り組んでいる感じが伝わってきます。詩音さんが言っているように、今は預金の金利が低く、「預金だけではお金が増えない」時代。猛者たちの声を聞いていると、お金のことをもっとしっかり勉強したくなります!

 

自分に合った「貯め方」「買い方」「ふやし方」を楽しんで!

ハイリスク・ハイリターンな投資に挑戦するオフェンスタイプの人もいれば、「できる節約はとことんやらないと気が済まないけど、株は株主優待目的でしかやらない」という和田先生のようなディフェンスタイプもいます。自分の性格に合ったオトク術が見つかると、普段の暮らしの中でストレスなく、そして楽しみながら取り入れていけそうですね。
そして、どんなときでも肝に銘じておきたいのは、目先のオトクさに目がくらんで、不要なものにまで手を出してはいけないということ。巷には「オトク」の文字があふれていますが、それが自分にとって本当にオトクなのか考えるクセをつけて、上手にオトクと付き合っていきたいですね!

他にも「こんなオトク術、おすすめです」「オトクで気になっているけど、あのサービスの仕組みがよく分からない」などありましたら、ぜひ女子部JAPAN(・v・)編集部までお知らせください〜。

*紹介した商品やサービスなどの内容は、変更になっている場合があります。オトク術を取り入れるときは、事前に調べてから、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

 

 

<今回教えてくれた先生>

節約アドバイザー 和田 由貴(わだ ゆうき)先生

 

消費生活アドバイザー、家電製品アドバイザー、食生活アドバイザーなど、幅広く暮らしや家事の専門家として多方面で活動。私生活では2人の子を持つ母で現役の節約主婦でもあり、日常生活に密着したアドバイスを得意とする。「節約は、無理をしないで楽しく!」がモットーで、耐える節約ではなく快適と節約を両立したスマートで賢い節約生活を提唱している。

http://wada-yuki.com

share
page top