Catevory
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

7/6(土)は古来種野菜についてwarmerwarmer・高橋一也さんに聞きながら、実際に食べてみよう!

こんにちは!女子部JAPAN(・v・)のともいです。

 

みなさんは、「古来種野菜」をご存知でしょうか?
古来種野菜とは、日本各地の土地に根づいて、古くから今に至るまで大切に種を受け継いで育てられてきた品種野菜のことをいいます。(「伝統野菜」「固定種」「在来種」といった呼び方をすることもあります)

例えば、スーパーマーケットに並んでいる大根は多くても2〜3種類しか見かけませんが、実は日本には100種以上あるんです。しかし、味はおいしくても収穫量が少なかったり、不揃いだったりして、なかなか流通しないそうなんです。そう言われると、古来種野菜がどんなものなのか、気になりませんか?


そこで、7/6(土)に「This is traditional Japanese vegetables!」をテーマに、古来種野菜の流通と啓蒙活動をしている八百屋『warmerwarmer(ウォーマーウォーマー)』さんと共に、イベントを開催することが決定しました!

warmerwarmerさんは、吉祥寺にある食堂 キチムにて、100日限定で『古来種野菜の100日食堂』を週末に実施しています。今回のイベントでは、特別に席をご用意いただき、100日食堂のランチを食べながら、warmerwarmerの代表・高橋一也さんに古来種野菜にまつわるミニトークをしていただきます。

 

3月に、一足お先に100日食堂に行って食べてきたメニューがこちら!
2つの重には、五木赤大根、小岩井かぶ、しゃくしなのお浸し、菊芋の味噌漬け、とっとき1号の焼きもの、人参芋、綿内蓮根の焼きもの……など、彩りもきれいに15品も入っていてとっても豪華。
味付けはとてもシンプルで、煮る・焼く・蒸かすなど、だれでも馴染みのある作り方でできているにも関わらず、古来種野菜の素材のうまみが活かされていて、「いままでこんなに美味しい野菜を食べたことがない!」と感動してしまうほど、一品一品がおいしいんです……!

メニューの内容は、季節によって変わることもあります。また、野菜本来の形によって、重の盛り付けが変わることもあるそうなので、それも含めて当日のお楽しみ! いまからどんな古来種野菜を食べれらるかワクワクしますね!

 

日本各地から取り揃えた古来種野菜を、一度でこんなに食べられる機会はないので、野菜が好きな方も、古来種野菜が気になる方も、とにかく食べるのが好きという方も、お気軽にご参加ください♪

 

<This is traditional Japanese vegetables!>

[日時]
7月6日(土) 12:00頃スタート予定
14:00すぎ終了予定

 

[場所]
吉祥寺 キチム
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-14-7 B1

 

[参加費]
1800円(予定)

 

[内容]
・旬の古来種野菜を中心にした、ヴィーガン対応の定食をいただきます。
・高橋一也さんによる、その日に供される古来種野菜にまつわるスペシャルミニトーク

 

[定員]
10名
※先着順となります。
※応募者多数の場合、キャンセル待ちの受付をする場合がございます。

 

[〆切]
7/1(月)いっぱい

 

[備考]
・当日の模様は、後日女子部JAPAN(・v・)と提携サイトにて、イベントレポートとして掲載いたします。
・顔写真を掲載する可能性がございます。ご了承くださいませ。

 

 

女子部JAPAN(・v・)にご登録、ログインの上、応募ボタンを押してください。
後日参加の確認のメールをお送りいたします。

 

イベント応募
share
page top