Catevory
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

母が発展させすぎた流行語(トンデモ編)

ここは知る人ぞ知る、クスクス、ムフフ…の“珍”コーナー! その名も『セキララ部室』。
女子部員たちから集まった、リア友には言えないあんな話や男子禁制のそんな話、とにかく誰かに知らせたいこんな話を紹介していきます。
(セキララ部室 室長:女子部JAPAN(・v・)さかい)

当時、なぜかのりピー語にハマった母。
のりピー語には、「うれピー(うれしい)」や「わたくピ(私)」などがあるのですが、特に「いただきマンモス」などのマンモス系がお気に召したようで…。

流行から数十年経った今も、実家に帰れば
「おかえりなさいマンモス」。
もはやマンモスの使い方がただの語尾。

最近ではさらに発展し、
「マンモス、今度はいつ帰るの?」
となぜか私のことをマンモス呼ばわり。

私のことは「なーちゃん」と呼んでくれていたのに…。

[部長 なみ]

なつかC度 ★★★☆☆

マンモスたのピーご家庭ですね!
 
さて、『セキララ部室』では、みなさまから衝撃や笑撃を受けたクスクス、ムフフ、アッハッハなエピソードを募集しております。採用者にはiTunesCard(500円分)をプレゼント!
【セキララ話を投稿する】

次回のセキララ話もお楽しみに〜!

share
page top