Catevory
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

食べ物とそうでないものの区別とは(ぶっとび編)

ここは知る人ぞ知る、クスクス、ムフフ…の“珍”コーナー! その名も『セキララ部室』。
女子部員たちから集まった、リア友には言えないあんな話や男子禁制のそんな話、とにかく誰かに知らせたいこんな話を紹介していきます。
(セキララ部室 室長:女子部JAPAN(・v・)さかい)

私の夫は、作ったものをなんでも美味しいと言って食べてくれる、グルメじゃないなんでもペロリ男です。

ある日、残業で遅くなる夫の帰宅を待つ気などさらさらない私は、いつものように作った夕食のおかずを冷蔵庫に入れておきました。

次の日の朝、冷蔵庫の扉を開けると、おかずだけでなく、脱臭効果のために入れておいた黒焦げのパンが、無くなっていました。

まさかと思って夫に詰め寄ると、
「えっ? 食べちゃダメだったの?」。
焼きすぎちゃったから真っ黒に焦がして脱臭剤として入れておいたのに…と説明すると、
「皿の上に置いてあったら食べ物かと思うでしょ」
と、なんなら私の方が少々責められてしまいました。

そして一言。
「どうりでココアパンにしては苦すぎると思ったよ」

ココアの甘い香りは微塵もしなかったはず。それに苦すぎるなら全部食べなくてもいいのに…。

[部員 こげぱん]

腹ペコ度 ★★★★★

焦がしっぷりは、甘かった!?
さて、『セキララ部室』では、みなさまから衝撃や笑撃を受けたクスクス、ムフフ、アッハッハなエピソードを募集しております。採用者にはiTunesCard(500円分)をプレゼント!
【セキララ話を投稿する】

次回のセキララ話もお楽しみに〜!

share
page top