Catevory
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

生理が早く終わるってホント!? 女性のデリケートゾーンを内側からケアする「inclear」のアレコレを聞いてきました《生理部》

ドラッグストアの生理用品コーナーをのぞいてみると、最近はデリケートゾーンのケアアイテムが並んでいます。それだけみんな関心があるということですよね。いろいろあるなかで気になった商品が、膣内ケア「inclear(インクリア)」。膣内ケアってなに? ワンプッシュってどういうこと? 目新しい商品なので興味津々。そこで今回は、「inclear」を販売している「ハナミスイ」さんのオフィスに伺って、商品の誕生秘話から使い方、期待できる効果などをたっぷりお聞きしました!

(テキスト:女子部JAPAN(・v・) あり)

 

ニオイが気になるときや生理の終わりを快適に!


あり:「inclear」は腟内洗浄ができる商品ということですが、どういったときに使用するものですか?

 


石田さん:女性の膣内環境は通常、酸性に保たれているんです。ただ、不規則な生活や仕事のストレスなどによって女性ホルモンのバランスが崩れると、膣内環境が乱れがち。そうなると、膣内に雑菌が増えやすい状態になって、デリケートゾーンのニオイが気になってしまったり、おりものが増えたりするんです。そんな時に「inclear」を使うことで、膣内を洗い上げ清潔に保つことができるので、女性特有の悩みが解消されることが期待できます。


たけだ:特にこれから夏の蒸し暑い時期は、ニオイやムレは気になりますよね。女子部JAPANの部員の声にも、そういった悩みが多くありました。(こちらの記事もチェック!)


石田さん:ユーザーさんの中でも、ニオイで悩んでいる人はとても多いです。「inclear」のジェルの中には乳酸(pH調整剤、弱酸性)が入っており、このジェルで洗い流すので、本来、膣が持つ自浄作用を弱めることなく清潔に保つことができます。ニオイやおりものなどの悩みがあるときに、ぜひ使ってみてほしいです。

ともい:個人的には、デリケートゾーンで使用するので安全面も気になります。

 


石田さん:インクリアは医療機器として厳選された成分で作られていますし、徹底管理された工場で生産されています。

 


たけだ:女性のなかには、1サイクルの生理を早く終わらせたいってと思う人も多い(こちらの記事もチェック!)ですが、そういうタイミングでも「inclear」は使えますか?


石田さん:そうなんです。実は、生理の終わりかけのタイミングに使うのもおすすめなんです。生理の最後って、少量の経血がダラダラ続くことってあるじゃないですか。私の場合、そういった生理の終わりかけに一本使うと、膣内に残った経血が洗われて、ダラダラが長引かずスパッと終わることがよくあります。夜寝る前に使うのがおすすめですよ。


あり:なるほど! 夜寝ているときにキレイになって、朝スパッと生理が終わるって理想ですね。

 

挿入感ほぼなし!初心者にも優しいアプリケーター

 


石田さん:「inclear」は、使い捨てタイプのアプリケーターを膣内に挿入して、ジェルを注入します。実はこのアプリケーターの開発にも、私たちはかなり力を入れてきました。


あり:形はタンポンにも似ているけど、それより少し細くて長めの印象ですね。

 


石田さん:そうなんです。このアプリケーターの形はかなり工夫されていて、使いやすさはもちろん、女性がパッと見て「太い!」と感じないようなデザインになっているんです。先端はタンポンと同じくらいの直径なのですが、そこからだんだんと細くなっていきます。このだんだん細くなっている形状が、太いと感じさせないポイントなんですよ。私も実際に使っていますが、挿入感は全くないし、不快感はゼロですよ!

 

 


ともい:私も「inclear」を使ってみたのですが、挿入感がほとんどなく、スーッと入ってびっくりしました。ジェルを注入したときも、全くわからないほどです。私はタンポンを今まで一度も使ったことがないので、すごく心配だったのですが、意外と抵抗なくできました。


石田さん:「ハナミスイ」の商品はすべて、女性のためを思って考えられたものなんです。まず一番大事なのは、衛生的に使用できること。ですから、アプリケーターの挿入部には全く指を触れずに使用することができるんです。先端のキャプも袋の中でポキッと折って、外せるように工夫しています。


あり:衛生面はとても気になるので、こういった配慮はうれしいですね。

 


石田さん:このアプリケーターでは、いくつか特許を取得していますが、その中で一番驚かされるのが先端のキャップの仕様です。キャップを取らないでアプリケーターを押しても、女性の力ではほぼ100%キャップは外れません。万が一、寝ぼけていたりでキャップを外さずに膣内に入れてしまっても安心です。

 

 

デリケートゾーン市場の高まりで、女子の意識にも変化!

 


あり:そもそも「inclear」という商品はどういった経緯で誕生したのですか?

 


石田さん:私たち「ハナミスイ」の代表は韓国出身。韓国では出産したお母さんが母体の回復を早くするために、出産後の膣内ケアを行うそうなんですが、日本ではそういった習慣はありませんよね。


あり:たしかに、日本では出産後の膣内ケアは聞いたことがありません。

 


石田さん:日本はこういったデリケートゾーンに対するケアが、世界の国々と比べるとかなり遅れているそうなんです。そういった経緯から、アプリケーター型の膣内洗浄を開発して日本で販売がはじまりました。


あり:私たちも生理について取材をしたりして勉強してきましたが、あまりオープンにしてはいけないという雰囲気はまだまだ感じますね。それでも、ここ最近、生理について取り上げられる機会が増えているような気がします。


ともい:女性の意識も少しずつ変わってきているのかもしれないですね。

 


石田さん:「inclear」の売り上げも年々アップしてきていて、デリケートゾーンのケアを大切にしようというムーブメントを、私たちもひしひしと感じていますね。最近では妊活をしている方からも問い合わせが多くて、膣の健康を真面目に考えたいという人が増えているようです。


たけだ:デリケートゾーンのソープなどは目に留まりやすいと思うのですが、「inclear」など膣内洗浄アイテムは、どうやって日本の女性に広げていったんですか?


石田さん:「inclear」は販売を始めて5年になるのですが、大々的な販促はしていないんです。基本的には、ユーザーさんがいつでも買えるような環境を作るため、まず大手のドラッグストアに置いてもらうことをメインにやってきました。そこから口コミで広がり、ここ最近、デリケートゾーンの市場が高まってきたことも追い風になったのかもしれないですね。あとは、雑誌のデリケートゾーン特集に掲載させてくださいという問い合わせがすごく増えてきました。そういったこともあって、少しずつ知ってもらえるようになったのかもしれないです。


あり:ユーザーさんの声を参考にすることもあるんですか?

 


石田さん:お客様相談室を設けて、商品の購入を検討していたり、実際に購入したユーザーさんからの問い合わせには、社内できちんと対応するようにしています。ユーザーさんの声から、新しい発見もありますし、それが新商品につながることもあるんです。

 

次回(7/30更新)につづきます!

inclearの商品はお近くのドラッグストアや、ホームページでも購入することができます。くわしくは、「ハナミスイ」のサイトをチェック!

 

★女子部JAPAN(・v・)では、生理にまつわる商品の最新情報や、生理アプリの徹底レビュー、婦人科の先生に生理について取材をした記事などを配信しています。
気になる方は「生理部」をチェック!

share
page top