Catevory
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

多肉のキホンの育て方①  夏の水やりや置き場所はどうしたらいいの?《多肉部》

こんにちは。多肉女子部のアリです。

梅雨が明けてから、毎日猛暑が続いていますね。私たち人間にとっては辛い季節ですが、それは植物たちにとっても同じ。とくに多肉植物は乾燥地域の植物なので、湿度の高い日本の夏は苦手なようです。でももちろん、この夏も大事に育てて乗り切りたいところ!

そこで今回は、夏の多肉の管理や水やりの仕方についてご紹介します。

(テキスト:女子部JAPAN(・v・)あり)

 

夏の強烈な直射日光はNG。 部屋の中では風通しがポイントに!

気温が高くてムシムシする夏は、どのような場所で多肉植物を育てればいいのでしょうか。

屋外で育てている場合、直射日光が当たる場所での管理は避けましょう。強烈な光に当たると、土の温度が上昇してしまい、枯れてしまう原因にもなります。庇(ひさし)などで日陰になる場所や木陰、大きな鉢の影になる場所などに移動するのがいいですね。もし、そのような場所がなければ、遮光カーテンやすだれなどを活用するのも手です。雨ざらしにならず、適度な風通しがある場所がベスト!

さらに、コンクリートの上などに直接置いていると、地面からの熱で温度がますます高くなってしまうので、その場合は鉢の下にコンクリートブロックなどを使って、鉢の下の風通しをよくしてあげるのもいいようです。

室内で育てている場合は、さらに注意が必要です。締め切った部屋は温度が上昇してしまい、多肉植物にとっては一番避けたい環境に。夏はできるだけ風通しがあり、家の北側など涼しい場所に置いてあげましょう。どうしても風が循環しない場合は、サーキュレーターを活用したり、冷房などで温度を調整することも必要です。

 

休眠中の多肉は、水やりも控え目に。葉がシワっとしてきたら、よきタイミング!

夏場の水やりですが、実はちょっと難しい時期。多肉植物は春が成長期で、夏は休眠期に入るので、水のやり過ぎには注意が必要です。休眠期の間は控え目にして、風通しのよい日陰などで多肉を休ませてあげましょう。

ただし、水が全くいらないというわけではありません。もちろん、水不足になると枯れてしまうことも。水をあげるタイミングとしては多肉の葉がシワッとしてきた時。さらに水やりの時間帯も意外と重要で、夏は朝にあげてしまうと、昼にかけてどんどん土の温度が上がってきてしまい蒸れてしまうとか。あげる場合は、少し気温が下がってきた夕方がおすすめです。

また、夏でも比較的涼しい日を狙って水をあげるのもポイントです。あげる量は、通常よりも少し少なめで大丈夫。だいたい、月に1〜2回程度でOKなのです。

ちなみに、エケベリアのように花のような形の多肉植物に、葉っぱに向かって水をあげてしまうと、葉の中央に水が溜まってしまいます。この中央に溜まった水滴がレンズのような役割になってしまい、葉を焦がしてしまうこともあるので要注意。もし、水が溜まってしまったら、取り除くようにしましょう。

 

愛情は程よくかけて、土が乾いていてもグッと我慢!

多肉植物の置き場所は、風と光が重要です。夏はとくに、直射日光が避けられて、風通しがよい場所を選びましょう。また、夏の水やりは控え目にして、水をあげる場合は涼しい日や気温が下がってきた夕方にします。

多肉植物のぷっくりした葉の中には、たっぷりの水が貯められています。この水分を少しずつ使って生きているので、土が乾いていても問題ないのです。他の植物のように、土が乾いているからと水を頻繁にあげてしまっては、葉っぱが持つ水のタンクがキャパオーバーに。土が乾いていても、ここはグッと我慢が大切ですよ。多肉は愛情のかけすぎよりも、程よいぐらいがちょうどいいみたいです。

 

多肉女子部では、あなたの多肉写真もお待ちしています!
写真には、多肉植物の種類(わかる範囲でOK!)や、多肉にまつわるコメントも添えていただけるとうれしいです。

みなさんの投稿写真は編集部で厳選して記事にて発表させていただきます。投稿された方には、女子部ポイントを1ポイント、写真やコメントが採用された方には、さらにプラス5ポイント!

多肉女子部では今後、多肉に関するさまざまなイベント開催も計画中です。こんなことしたい!なんていうご意見もお待ちしております〜。

 

<投稿はこちらから>

※女子部JAPAN(・v・)にご登録、ログインの上、ご投稿ください。

ポイントの仕組みやご褒美の詳細は、こちらをチェック。

share
page top