Catevory
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

消費税10%を迎え撃つ! わたしの選んだキャッシュレス②「ビューカード×Suica」のふだん使いでJREポイントをガッツリ貯める

2019年10月1日から10%に増税された消費税。お酒以外の食料品は軽減税率が適用されるとはいえ、日用品や衣服、外食などで例えば毎月5万円使っているとしたら、消費税が2%増えるだけで1000円の支出アップ。年間で考えると、チリツモでけっこうな痛手です。

その増税対策の1つとしてはじまったのが、「キャッシュレス・消費者関連事業」。対象店舗で、キャッシュレスで買い物をするとポイント還元(2%または5%)が受けられるという制度です。

さらに、各キャッシュレスサービスが、それぞれ独自の還元ポイントキャンペーンなどを打ち出していたりして、どれをどう使いこなせばよいか、とにかく分かりにくい!

ということで、女子部JAPAN(・v・)の編集部員が、それぞれのライフスタイルや好みに合わせて選んだキャッシュレスの使い方について、モデルケースとしてご紹介していきます。

今回は、編集部さかいが「Suica」をどう使っているかをレポート。必死で貯めている「JREポイント」の目指すところとは…??

(テキスト:女子部JAPAN(・v・) さかい)

ネット通販はビューカード決済。店頭や自販機など、とにかくSuicaが使えるところはSuicaで!

数あるキャッシュレスの中から、私が選んでいるのはクレジットカードとSuica。

クレジットカードはかれこれ20年弱利用しているルミネカードです。当時ルミネでよく買い物をしていたため、「ルミネ・NEWoManでのお買い物がいつでも5%OFF」といううたい文句に惹かれ入会したのですが、転職や引っ越しを経ても愛用中。これにはライフスタイルが大いに関係しています。

<わたしのライフスタイル>

●住まいはJR線沿線

●券売機に寄っていると遅刻するのでSuicaはオートチャージ機能を利用

●衣料品、贈答品、お惣菜はルミネで

●食料品、日用品は近所のスーパー、ドラッグストア

●水やお米、本搾り(酒)など重たいものはネット通販

 

キャッシュレスのマイルール

●Suicaが使える場所では、とにかくSuicaを使う

●ルミネでは、ルミネカード(クレジット)払いをする(常時5%オフ)

●チャージ額が足りなくなったら、オートチャージの機会を待たずに駅のATM「VIEW ALTTE」(ビューアルッテ)でクレジットカードからチャージ

●コンビニで飲み物など、数百円の買い物をする際は、メルペイや楽天ペイの期間限定ポイントがある場合はそちらを優先利用

●貯まったJREポイントは目標値になるまで使わない

●そのほか、大きな買い物をするときは、その都度どのキャッシュレスがおトクか調べる

 

Suicaのオートチャージは、JRをよく利用する人には便利でオトクな機能

Suicaのオートチャージとは…

自動改札機にタッチするだけで、Suicaへの入金(チャージ)ができるサービス。Suicaの残額が設定金額以下になると、改札入出場時に自動的に設定金額が入金(チャージ)されるので、残額不足の心配がなくなります。
オートチャージ利用可能エリアは、首都圏、仙台・新潟エリアのSuicaエリアや、首都圏の私鉄・地下鉄のPASMOエリア。

ルミネカードを作った当初は、あったら便利だなと思っていただけだったSuica機能ですが、オートチャージの機能があると知った際に、すぐに設定。 券売機でチャージをする必要がないオートチャージ機能は、面倒くさがりで遅刻癖がある私にはうってつけ。その便利さだけを享受していたのですが…

気がついたらカードのポイント(JREポイント)がオートチャージを始める前よりたくさんたまるようになっていたのに気がつき、そこからポイ活がスタート。

ルミネカードから直接払うポイントと、Suicaにチャージをしてからのポイントでは、付与率が違うと知り、そこからルミネ以外ではSuicaを最優先する生活が始まりました。

Suicaの利用でどんどん貯まるJREポイント

ルミネカード(ビューカード)のJREポイント付与率は、以下のとおり。

通常の買い物・食事・公共料金の支払いは、1,000円(税込)につきJRE POINTが5ポイント。(ポイント還元率0.5%)
定期券の購入(※)やオートチャージの利用はポイント3倍。1,000円(税込)につきJRE POINTが15ポイント!(ポイント還元率1.5%)      (※JR東日本のみどりの窓口やびゅうプラザ、券売機で購入された場合)

クレジットカードのポイント還元率は1%以上がお得と言われている中、Suicaへのチャージは1.5%! クレジットカードをそのまま使うよりもSuicaにチャージしてから使う方がポイントが貯まりやすいのです。

そのため、オートチャージ機能を設定している私の場合、Suicaのチャージ残額が少なくなったのに自動改札を通る用事がない(電車に乗る用事がない)ときなどには、近くの駅のATM「VIEW ALTTE(ビューアルッテ)」でクレジットカードからチャージ。できる限りSuicaがいつでも使えるような状態にしています。

 

キャッシュレス消費者還元事業では、対象店舗でSuica払いをすると最大5%還元!

2020年6月までのキャッシュレス消費者還元事業では、対象店舗でJREポイントサイトに登録したSuicaでお買い物をすると最大5%JREポイントで還元されます。フランチャイズ店舗は2%。ただし、大手コンビニ等「購入金額へのポイント等相当額の即時充当」により還元されるお店での利用は、JREポイントによる還元はありません。これはほかのキャッシュレスサービスと同様ですね。

なお、JREポイントの場合、還元のタイミングは利用月翌月の上旬。一ヶ月分のポイントがまとめて還元されます。

 

モバイルSuica、Apple Payを利用しない理由

スマホひとつで支払いができる便利なApple Payですが、私の場合は利用しないことにしています。なぜならば…

・ビューカードと一体型のSuicaをApple Payに登録することはできない(新たにSuicaの発行が必要)

→私の場合:Suica機能付きのルミネカードを利用中。新規発行も面倒…

・Apple Payは分割払いの指定ができない

→私の場合:手数料不要の2回払いを高額の際などに時々指定している

・電源切れのiPhoneでApple Payは利用することができない

→私の場合:電源が切れるのは不安だが、モバイルバッテリーを持ち歩くのも荷物が増えるので避けたい

・Apple Payは、駅(みどりの窓口、券売機など)での支払いに利用できない

→私の場合:私を含め家族で固定期間をよく利用するので、少しでもおトクに便利になるように「普通回数券」を買っているのですが、券売機で回数券を買うのはクレジットカードでないとできない

 

Suica付きクレジットカードをiPhoneと一緒に持ち歩くと便利!

上記の理由から、私が選んだのはカードの入る手帳型スマホケース。

これにこっそり1000円札を入れて持ち歩けば、都内ならほぼお財布いらずでお出かけできます。

貯めたJREポイントはどうする?

JREポイントの貯め方や利用方法は、以下の通り。

[JRE POINTサイトより転載]

Suicaにチャージしたり、加盟店で1ポイント1円として利用することもできるJREポイントですが、実はSuicaチャージよりもルミネ商品券に交換したほうがおトク!私は24,400ポイントでもらえる3万円分のルミネ商品券を狙っています。1ポイントあたり最大1.2円になるのなら、必要に迫られていない限りは貯めていくスタンス。

24,400ポイントなんて、貯まるまで果てしなく時間がかかるのでは…と思われがちですが、「兎にも角にもSuica払い」を実践していると、私の場合は毎月2000ポイントほどが貯まっていくので1年前後で30,000円分ルミネ商品券がゲットできる計算に。

ちなみにルミネ商品券は使用期限もなく、お釣りが出るので現金と同様の使い方ができるんです。 ルミネはお洋服というイメージが強いですが、美味しいお店もお惣菜もあるし、肉や野菜など食材もあるし、書籍や生活雑貨、ドラッグストアやコンタクトレンズ店が入っている店舗も。 商品券も生活必需品に利用すれば無駄がありません。

 

JREポイントアプリでポイント残高をチェック

JREポイントの残高をチェックするには、JRE POINT アプリ が便利。 残高チェックだけでなく、最新のキャンペーン情報をチェックして、エントリーしておくとちょっとしたボーナスポイント貯まることもあります。

「チェックイン」や「鉄道すごろく」など、楽しくポイントを貯めることができる機能もあるので、暇つぶしがてらやってみたり。

また、貯まったポイントを登録したSuicaへチャージすることもできます。

期間限定ポイントは早めに実店舗やJREモールで消化!

JREポイントには二つの有効期限があり、通常は、ポイントを使ったり、貯めたりした日から自動延長で2年後の月末まで有効となります。 ですが、キャンペーンなどでもらえる期間限定ポイントは、個別の有効期限があり、注意が必要です。

この有効期限に気を取られて目標数まで行っていないポイントを商品券などに交換してしまうと還元率が悪くなってしまうので、私の場合は、500ポイント程度溜まった際にはエキナカの店舗で飲み物などを買う際にポイント払いに。店頭では「ポイントを使ってください」と伝えれば自動的に期間限定ポイントから差し引かれます。

******

ビューカード×Suica×JREポイントの仕組みは非常に複雑なので、あくまでも個人的な活用状況として、ご紹介してみました。
JR東日本では2019年10月から「鉄道利用で貯まるポイントサービス」も開始され、上記のクレジット決済に応じたポイントの付与とは別にJREポイントが付くようになり、ますます貯めやすくなっています。
私のようによくJRやJR系列の店舗を利用するという方は、今一度カードやSuicaの状況を見直してみることをオススメします!

share
page top