Catevory
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

時代を巻き戻せ!「私の中では死んでない死語」第二弾《しゃべり部》

こんにちわんこそば。女子部JAPAN(・v・)編集部さかいです。

ただいま女子部JAPAN(・v・)では、気軽な投稿で「女子部ポイント」が貯まり素敵な&珍なアイテムと交換できる投稿募集企画を、《しゃべり部》や《旅部》、《キャッシュレス部》にて好評開催中です。 入部で10ポイント、投稿だけで1ポイント。そして採用されたら5ポイントもらえて、50ポイントからアイテムに交換できます!

女子部JAPAN(・v・)にログインできる方のみ投稿できるので、まだの人は、ぜひこちらから!

さて今回は、《しゃべり部》企画「投稿キボンヌ!「私の中では死んでない死語」」に集まった投稿の発表、第二弾。世代によってはノスタルジーを感じるネタも!? (テキスト:女子部JAPAN(・v・)さかい)

 

お若い方はこの方たちをご存知かどうか

「よっこいしょういち」。上司が事あるたびに言うので、私もつい口に出てしまうように…。(なえ/30代)

「腹が立つ」を「はらたつのり~」。 小学校でカースト上位のイケてる女の子が使ってるのを聞いて以来、心の中でつぶやいてます!(村/年代不明)

お若い方の中には、「よこいしょういち(横井庄一)」さんって、何者?という方も多いのでは。よかったら調べてみてください。二つの意味で、実在したんだ!?と思うかも…。 「はらたつのり(原辰徳)」さんは今年度巨人軍をリーグ優勝に導いた監督ですね。それにしても、「はらたつのり〜」を使っている女の子が“イケている”とされていた時代とは!?

 

夏目さんから野口さん、果ては北里さんまで?

「すいませんえん」。いつも言ってる。中学生の頃から使っている、まさに死なない死語。(こばなみ/40代)

わりと定番の、謝罪に使われる死語ですが、「“いつも”言ってる」というのがちょっと気になりますね。細い通路でよけてもらう時とかに「すいませんえん」言ってるのかな…。

 

使う機会がふえてほしくはない死語ちゃん

「わけわかめ」はよく使ってしまいます。わけわかんないことが多いもので(笑)。(めんさん/30代)

わけわかんないことが多いなら「わけわかんない!」でもよさそうなものを、「わけわかめ」と表現するあたり、平和を感じます。理不尽なことがあって怒りや悲しみがこみ上げてきても、「わけわかめ」とつぶやけば、少しは気分がやわらかくなるかも…。

 

若者が面食らう“もっこり”発言

わたしは全く使ったことがないのですが、「真ん中もっこり水曜日」と使われる方にたまに遭遇して面食らうときがあります。もっこりかぁ…。(しるい/20代)

「真ん中もっこり水曜日」は『夕やけニャンニャン』というテレビ番組内の決まりセリフより。“もっこり”と聞くと私の場合は『シティハンター』を思い出しちゃいますね!

 

以上、“死んでない死語”5つ、ご紹介いたしました。死んでない死語に共通して言えるのは、その場を和ませたり気分をやわらげたりする効果があるということでしょうか(「真ん中もっこり」以外は)。 今回、記事に採用された方には、女子部ポイントをさらにプラス5点!はらたいらさんには3000点!

こちらの企画はまだまだ投稿を募集中。部員のみなさまの、自分の中では死んでいない愛すべき死語、もしくは死んで欲しいのに生き延び続ける死語と、それにまつわるコメント、あみんを聴きながら私いつまでもお待ちしております!(投稿には30代、40代といった世代も明記していただけますと助かります!)

 

<投稿はこちらから>

※女子部JAPAN(・v・)にご登録、ログインの上、ご投稿ください。

share
page top