Catevory
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

[2019.12.22]170人が体験! 千葉県鴨川市「ウェルKAMO X’MAS GAMES2019」でボッチャを盛り上げてきました

こんにちは、女子部JAPAN(・v・)のミノシマです。

2019年9月、台風15号で被災した鴨川市を応援すべく、「鴨川女子会」の実施などを行ってきた女子部JAPAN(・v・)が、クリスマスシーズンの鴨川市へ再上陸! 12月22日(日)に行われたパラスポーツなどがゲーム感覚で体験できるイベント「ウェルKAMO X’MAS GAMES2019」でボッチャブースを開設・運営しました。

 

■「ウェルKAMO X’MAS GAMES2019」って?

 

一般社団法人ウェルネスポーツ鴨川が企画した「ウェルKAMO X’MAS GAMES2019」は、クリスマス直前というところに目をつけて、パラスポーツを自分事として捉えてもらうために、パーティのゲーム感覚で誰でも気軽に体験できるようにしたイベントです。

 

 

ブラインドサッカーやボッチャなどのミニゲームや、車椅子を使った障害物レースや、地元の大学生が考えたオリジナルゲームなど、楽しいアトラクションが盛りだくさん! 地元の女子サッカーチーム・オルカ鴨川FCも参加。ステージではパラリンピアンも交えた笑えるトークショーも開催され、多くの参加者とともに賑わいました。

 

女子部JAPAN(・v・)は今回ボッチャブースを担当。

そうなんです、私たちは2018年の秋から、パラスポーツの「ボッチャ」を1000人に体験してもらう!という目標を掲げ、ほぼ毎月ボッチャの体験会を実施しているんです。

今回も、一人でも多くボッチャを体験してもらおうと、小さいサイズのコート2つに加え、フルサイズのコートも用意。参加者のみなさんとボッチャをプレイしました。

 

 

■パラスポーツチャレンジャー・DOマンとの対決も

 

ボッチャを始めるきっかけとなった体験会を一緒に開催したメディア、Yahoo!「DO_ACTIONS」の編集長が扮するDOマンもこのイベントに参加。「DO_ACTIONS」は障がい者やパラスポーツを取り巻く環境をポジティブに変えていくことを目標にコンテンツを発信しています。

 

 

DOマン&こばなみチーム、ともい&おぜきの女子部JAPAN(・v・)チームでいざ対戦!

結果は、DOマンによる後半のミラクルプレイにより、DOマン&こばなみチームの勝利。女子部JAPAN(・v・)チームは本気で悔しそうでした……ファイト!

 

 

 

■170人の鴨川市民がボッチャを笑顔で体験

 

 

イベントには老若男女、幅広い年代の方々が訪れ、ボッチャを体験してくれました。なかには、気に入ったのか、何度も友達と一緒にプレイしにきてくれる子どもたちも。これからもいろんなところで、たくさんボッチャを楽しんでくれるといいなぁ〜。

 

 

投げ方は自由、白いボールに近い方が勝ち、という簡単ルールなので、初めての人でも、運動が苦手な人でも、誰もが楽しめるボッチャ。

そして、一緒にやりながら作戦を立てたりするうちに、自然と仲良くなれるのもこのスポーツの魅力。

そんなよいコミュニケーションが生まれるボッチャを女子部JAPAN(・v・)は今後も広げていきたい!

 

そして目指せ、ボッチャ体験1000人ですが、この日で体験人数は計387人になりました。2020年もがんばるぞ〜!

 

 

 

<ウェルKAMO X’MAS GAMES 2019>

主催:一般社団法人ウェルネスポーツ鴨川/株式会社ミライノラボ
後援:鴨川市/鴨川市教育委員会/社会福祉法人鴨川市社会福祉協議会
協力:学校法人鉄蕉館 亀田医療大学/城西国際大学観光学部/オルカ鴨川FC/NPO法人日本ブラインドサッカー協会/運動科学研究所株式会社(UKKインダストリー)/ 女子部JAPAN(・v・) /合同会社OneSelF

 

WEBで!リアルで!おしゃべりしよう 全国の女子部員、募集中! <登録無料><年齢不問>
share
page top