Catevory
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

教えてセンパイ!リモートワーク1年生から質問です ④家族と快適に過ごすには?

こんにちは。女子部JAPAN(・v・)のたけだです。緊急事態宣言が延長され、引き続き自宅でのリモートワークが増えているという方も多いのではないでしょうか。

医療や介護の現場で対応されている方、ライフラインを支えてくださっている方に感謝しつつ、そうでない私たちができるのは、「家にいること」。

女子部JAPANの編集部でも、リモートワークに励んでいます。しばらくやっているうちに、特に編集部員のなかでも、これまで通勤組だった、部長こばなみ、ともい、いといが壁にぶちあたることがしばしば。

そこで、これまでも自宅を拠点に活動していた、非通勤組のアリ、さかい、Hicary、おぜき、たけだが、そんな悩めるリモート1年生からの質問に対して、経験談をもとに答えていきます。リモートワークでお悩みの人は、よかったら参考にしてみてください。

リモート中の家族と快適に過ごすには?

質問④

いま家族全員がリモートワーク中という家庭もあるのではないかと思うのですが、お互いに気持ちよく過ごすコツがあったら教えてください。

(リモートワーク1年生 編集部いとい)

 

<センパイからの回答>

さかい

物理的に距離を保つことが、一番重要。扉を閉じるとか、個室がない場合はパーテーションを設けるなど、ひとりになれる空間を保つべきだと思います。

あとは、独り言に気をつけることも大事かも。私はあまり言わないのですが、夫が独り言ばっかり。その場にいる人は、独り言なのか、話しかけられているのか、はたまた文句を言っているのか、わかんないもんです…。

 

Hicary

作業中は自室(作業場所)にいます。お互い干渉しすぎないことも大事……かな?

仕事中に家族に話しかけてきてほしくないときは、事前に「電話する」、「○○する」と伝えるか、部屋のドアを閉めています。

 

アリ

リモートワークは、個室でやるのがベストですね。先日、リビングで午前中からオンラインミーティングして、昼を過ぎてしまったのですが、家族がリビングに入れなくてお腹をすかしていました

あと、周囲のママたちと話したとき、家族がリビングでリモートワークをしたり、仕事の電話をするので、すごく気を使って疲れるという声がありました。

ただ、個人的には、オンラインミーティングで生活感が映り込んでいるのは、かえっておもしろいと思います。この前、後ろに小学生の娘さんが写り込んでいて、「お子さんのいるママなんだ」〜と、新たな発見もありました。

 

 

 

センパイたちみんなが口を揃えて、 「プライベートな空間を確保すべし!」と答えています。

わたし、たけだも家族がリモートワーク中ですが、真っ先に整えたのが家族のワークスペース。個室にデスクを置いて、とりあえずダイニングチェアを合わせて使ってもらっています。

また、編集部Hicaryが事前に家族にスケジュールを共有しているように、オンライン会議の日時は事前に家族ラインで共有。おかげで日中はさほどモメることもなく、夜になって家族が部屋から出てくると「おかえり〜」と迎えるような、これまでと大きく差がない感じで生活できています。

家族分の個室を用意できないときは、編集部さかいの言うようにパーテーションを用意するのも良いですね。1つのダイニングテーブル上でも、プライベート空間をつくれるようなパーテーションもあります

既製品は人気で売り切れの品が多いようですが、参考にしながら段ボールなどでも作れそうです。お子さんの勉強スペースをつくってあげるのも良いですね。

パーティションで隔てただけでは、声は漏れ聞こえるでしょうが、とにかく自分だけの集中スペースをつくるとともに、邪魔しないでねオーラも大々的に放てそうです。

編集部アリのコメントにもあるように、家族のリモートワークの迷惑にならないか気を遣うという心配もありますよね。

実はわたしも、家でひとりでで仕事をするというスタイルが長かったので、自分以外の人が近くで仕事をしているという今の環境にかなりの違和感&ストレスがありました。でも、これまでオフィスに集まって仕事をしていた人にとっては、当たり前のこと!?

私が会社勤めをしていた頃は、デスクの固定電話を使って取引先の人と会話していましたが、隣の人が集中して作業していようが、後ろで誰かが打ち合わせをしていようが、おかまいなしに電話口で大きな声で話をしていましたあまり気にしすぎないというのも大事かもしれませんね。

ちなみに、うちは家族が個室で仕事をしていますが、それでも電話やビデオ会議の声が漏れ聞こえてきます。家族が仕事をしている様子を、これまでほぼ目に(耳に)したことがなかったので、ちょっと新鮮でした。

今後も、女子部JAPANでは、リモートワーク1年生の質問にセンパイたちが続々と回答していきます。お楽しみに!

 

share
page top