Catevory
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

推しが強すぎる!オススメ動画<特別編> 映画『キングダム』の吉沢亮的楽しみかた

こんにちは。女子部JAPAN(・v・)のたけだです。

巣ごもり期間におすすめの動画を紹介しているこの企画。1回目はドラマ(『古畑任三郎』)、2回目はアニメ(『PSYCHO-PASS サイコパス』)、3回目はバラエティ(『水曜どうでしょう』)に続き、今回は特別編!

おなじみ、日テレ系の金曜午後9時『金曜ロードSHOW!』で、2020年5月29日(金)に放送される『キングダム』をピックアップ。映画版を映画館で観て、アニメや原作の漫画も読んだことがある編集部員おぜきと、映画版を動画配信サービスで観た編集部員Hicaryが、映画版の見どころを紹介していきます。

これを読んで、皆さん一緒に『金曜ロードSHOW!』で『キングダム』を楽しみませんか? 記事の最後にはアニメ版の動画配信サービスや原作漫画の情報も載せていますので、ぜひチェックしてみてください。

主役をくっちゃった!? 吉沢亮の演技に注目!

 

たけだ:まず、何も知らない私に『キングダム』をひと言で教えてください。 

 

おぜき:超短的に言うと、中国春秋戦国時代のお話。中国版時代劇?みたいな感じでしょうか。

 

Hicary:映画で描いているのは、壮大な兄弟喧嘩の話。中国の秦の王となるはずだった嬴政から王の座を奪おうと、彼の弟・成蟜がクーデターを起こしたことがきっかけで、主人公・信(山﨑賢人)がその動乱に巻き込まれるストーリーなんです。 

 

 

 

たけだ:なるほど〜! ところで、二人は、なんで『キングダム』の映画を観ようと思ったんですか? 

 

おぜき:ちょうど、映画館に行きたいと思っていたタイミングで上映していたのが大きいのですが……。もともと原作漫画は大好きだったのですが、実写化は大失敗することも少なくないため、あまり心惹かれることは少ないんです。でも予告編を観たときに、中国で撮影したという壮大な風景とONE OK ROCKの主題歌がキングダムの世界観にピッタリで、とにかくカッコよくて!これは、映画館の大画面で見てみたいと思いました

 

Hicary:わたしは動画配信がはじまってから見たんですよ。「吉沢亮が主役の山﨑賢人をくってた」って知人から聞いて「これは見ないと!」と思って。その演技を見てみたかったんです。  

 

おぜき:そうそう、吉沢亮がよかった。  

 

Hicary:一人二役やっているんだけど、まったく違うキャラクターの二人を演じ分けている演技力が本当に圧倒される! 

 

 おぜき:吉沢亮の、カリスマ性をもった若き王のイケメンぶり!と、下僕の少年でありながら、賢くまっすぐな「漂」役の2つの顔の演じ分けがすばらしいですよね!そして、数人の味方のみで戦わざるをえない 若き王のこれからを予想させる成長ぶり!もぜひチェックしてほしいです。  

 

Hicary:この作品で、吉沢亮は第43回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞もとりましたよね。  

 

おぜき:まさに主役の山﨑賢人をくっちゃってましたねぇ。山﨑賢人もぜんぜん悪くはなくて、むしろイイくらいなのに!吉沢亮の役がカリスマ的存在だから、しかたないかな(笑)   

 

Hicary:純粋で快活なキャラクターと、一見冷徹だけど芯には熱い心を持っている…真逆のキャラクターを見事に演じ分けていて、前から演技がうまいと思っていましたけど、「さすが、吉沢亮!」と惚れ惚れしました。 

 そして、とにかくアクションもすごい! 吉沢亮は剣道経験者なだけあって、殺陣のシーンは迫力があった!

 

おぜき:確かに!山﨑賢人との息もぴったりな感じでしたね。  

 

山﨑賢人も、長沢まさみも、大沢たかおもイイ!けど、やっぱり最終的には吉沢亮!

 

たけだ:二人は吉沢亮派かもしれないけど、私は山﨑賢人派なんですよ。賢人も十分かっこいいんでしょ?

 

Hicary:かなり吉沢亮推ししてしまったけど、山﨑賢人は野心ある主人公のハングリー精神はバッチリ表現できていたし、アクションは吉沢亮のシーンと同じくかなり見どころ。アクション俳優としても活躍する坂口拓さん演じる左慈とのバトルは必見ですよ! 

 

おぜき:そうそう、山﨑賢人の演技も良かったんですよ!ただ、役柄が下僕の少年役なので、どうしても王様役(吉沢亮)に持っていかれてしまう部分はしょうがないかと。大将軍を目指しているので、これからの成長に要注目!って感じですかね。しっかり主人公の「信君」でした!  

 

Hicary:長澤まさみも良かったですね。スタイルの良さとアクションもカッコよかった!こちらも日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を取りましたね。 

あと、原作を読んでなかったので、衝撃だったのが大沢たかおが演じてた王騎。「ンッフ」とか「フォッフォッフォ…」ってよく言っていたけど、あれは原作もそういうキャラなの…? 

 

おぜき:あのキャラクター、原作でも人気のキャラなんですが、まさか大沢たかおが演じるなんて!!原作キャラを知ってるからこその衝撃でしたね。再現不可能なんじゃないかと思っていましたが、「王騎」のガッシリした大将軍感も、不気味さ(!?)もしっかり演じられてて、さすが大沢たかお!!って思いました。 

 その他にも、吉沢亮の弟王役・成蟜として登場している本郷奏多も再現率高し。高貴な身分の役で、性格がひねくれている嫌な奴なんですが、それが原作に忠実でおもしろかった! 

 

 

 

たけだ:原作を知っている人はその再現率を確認しながら楽しめるというわけですね。  

 

Hicary:なるほど。映画を先に見ちゃったけど、私も原作読んでみようかな。ちなみに、余談だけど、『キングダム』と同じ山﨑賢人・吉沢亮・橋本環奈の3人が出ている『斉木楠雄のΨ難』(ギャグ映画)を見たら、山崎賢人と吉沢亮がとても同一人物とは思えない衝撃を受ける人が多そうな予感が…(笑)。 

 

 おぜき:『斉木楠雄のΨ難』に2人とも出てたんですね!アニメはチラッと見たことがありますが、確かにぶっ飛んだ内容だったようなので『キングダム』の感じとはかけ離れてそうですね!! ちょっとそれも気になりますな!

 

 

 

たけだ:このまま放っておくと、どんどん脱線しそうなので(笑)、最後に映画版『キングダム』の魅力をコンパクトに語っていただけますか?  

 

Hicary:やっぱり吉沢亮の目力! 映画のシーンを思い返してみると、目の演技がものすごくうまくて。それで、キャラクターの内なる想いを語っていた気がします。 

『キングダム』の演技を見ちゃうと、主演が決まった2021年の大河ドラマ『青天を衝け』も期待しちゃうなぁ〜。  

 

おぜき:映画『キングダム』は、吉沢亮の演技力の高さが際立つ作品でしたね! ぜひ2役の演じ分け、そして凛とした王様っぷりをテレビで観てファンになってほしいです。

原作ファンとしては、まだ序盤の物語ということもあって、ちょっと盛り上がりにかけた感は否めませんが、濃いキャラたちの再現率の高さ、そして、広大な自然の映像にONE OK ROCKの主題歌『Wasted Nights』がさらなるスケール感を感じさせてくれて、日本映画ではなかなか見られないスケールの大きな作品に仕上がっていると思います。

そしてやっぱり、見ているだけで癒される「吉沢亮の美しさ!」。どのシーンも美しい!それだけでも観る価値ありですよ♪

 ぜひこれを機に原作やアニメもチェックしてほしいですね。 原作は絵が苦手という方もいるかもですが(私も最初はなかなか手が出せませんでした)、読み始めると気にならなくなりますし、次第にそれがクセになるはず(笑)。濃ゆ~いキャラばかりなので、ストーリーとともに推しキャラを見つけてみてください。  

Hicary:そういえば、映画は続編を感じさせるようなラストでしたよね? あと、おぜきさんの話を聞いたら、漫画もアニメも見たくなってきました…。どちらも未読・未視聴なので、チェックします! 

 

 

たけだ:私は、まず「金曜ロードSHOW!」で見てみますね〜。楽しみ!

 

●二人が熱い視線を送る吉沢亮が出ている『キングダム』は、日本テレビ系列の「金曜ロードSHOW!」で2020年5月29日(金)9時〜放送! 

 

 

 ●アニメ版『キングダム』第3シリーズが、NHK総合テレビで2020年4月6日(月)午前0時15分~から放送(※現在は放送延期中)

Amazonプライム・ビデオでは、アニメ『キングダム』が現在第1シーズンから第3シーズン最新話まで視聴可能。

●Amazonで原作の漫画も購入可能。

キングダム 1 (ヤングジャンプコミックス)
  408877079X 

 

●女子部JAPAN(・v・)の「推しが強すぎる!オススメ動画」記事はこちら

 

share
page top