Catevory
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

【女子のホンネ調査】毎月のスマホ代、いくら支払ってる?

女子部員たちのココロをハダカにして無意識な気持ちを探る「女子のホンネ調査」。今回のテーマは、月々のスマホ代について。みなさん、月のスマホ代っていくら支払っていますか? ちなみに私は8000円ほど。以前はもっと高かったのですが、キャリアの光回線に契約して割引を受けたり、機種代の返済が終わったりで、少し安くなりました。それでも請求額を見ては、高いな〜なんて思う日々。実際、女子のみなさんはスマホ代にいくら払っているのでしょうか!

さらに今回は、2017年の調査と2021年の調査も比べてみましたよ。この4年で、スマホ料金にもずいぶんと変化があり、女子のみなさんの意識もきっと変わったはず!

(テキスト:女子部JAPAN (・v・) アリ)

※2017年7月26日に掲載した記事に加筆・再編集し、掲載しています。

 

Q.スマホ代、月々いくら支払ってる?<2017年>

(回答者数 64人)

 

Q.その金額についてどう思う?<2017年>

(回答者数 64人)

 

Q.MVNOって知ってる?<2017年>

(回答者数 64人)

 

Q.MVNOにしない理由は?

その他:良い評判を聞かないから、仕組みがよく分からないから、キャリアでスマホ代と家の電話とネット料金をまとめて支払っているから
(回答者数 45人)

 

(2017年6月17日 第6回すっぴん調査会+WEB調査にて)

Q.スマホ代、月々いくら支払ってる?<2021年>

(回答者数148人)

 

Q.スマホ代の見直しをしていますか?<2021年>

(回答者数148人) (2021年2月 女子部JAPAN(・v・)WEB調査にて)

※スマホ代:月々の通信料や通話料、機種代、各種サービス料など、毎月支払っている料金のこと

<調査結果>

格安SIMの登場で、
スマホ代の支払額には大きな差がある!


「スマホ代=高い!」と、勝手に思い込んでいた私にとって、ちょっと意外な結果になった2017年の調査。月々のスマホ代を聞いてみると、「8000円~10000円」が一番多くて9人、「6000円~8000円」が7人、「2000円~4000円」が6人いう結果でした。おそらく大手キャリア契約でスマホを使っている人が「6000円~10000円」あたりで、「2000円~4000円」の支払いという人は、格安SIMを利用しているのでしょう。こうして見てみると、やはりスマホ代の金額にはかなり開きがありますよね。なかには、16000円以上支払っている人もいました。

また、2017年と2021年の調査と比べてみると、大きな変化があることがわかります。前回は少数派で全体の9%だった「2000円〜4000円」の価格帯の人数が、今回は大幅に増加して約20%ということがわかります。ただし、同じく約20%の人が「10000円〜12000円」とも答えています。つまり、2021年はスマホ代をしっかり節約している人もいながら、一方でがっつり払っている人も実は多いことがわかります。これは、コロナ禍によって、スマホの利用が増えたのも一因かもしれませんね。

さらに、2017年の調査では、自分が支払っている金額に対して、「高い」と思っている人は17人。そして、「妥当」と思っている人が17人という結果に。ちなみに、「安い」と思っているのは3人だけ。金額を妥当と思っている人と、もっと安くしたいと思っている人が半々という結果になりましたね。

2021年のスマホ代の見直しをしているかという調査では、見直しをしている人が25%いる一方で、42%の人がまだ見直しをしていないという回答でした。みなさん、見直しをしようと思いつつ、なかなかできていないことがわかります。また、2021年3月に各キャリアが発表した、格安プランの登場を待っていた人もいるのではないでしょうか。

 

8000円以上は高くて不満!
でも、解決方法が分からないという声も。

 

もう少し安いとうれしい!(葉月さん/10000円〜12000円/2017年)

 

高いと思うけど、どうして良いか分からない。(maaさん/8000円~10000円/2017年)

 

スマホは便利だけど、ガラケーより高い理由がわからない!(♪しおんさん/8000円~10000円/2017年)

 

ここをもう少し削れれば、他の生活費に使えるのになあ……。(akiさん/12000円~14000円/2017年)

 

1万以下にしたい!(いそまるさん/10000円〜12000円/2017年)

 

機種代やサービス料も込みとはいえ、この金額はお財布に痛い!(ゆうさん/6000円〜8000円/2017年)

 

お給料が少ないので、この金額は高いです。でも、ネットができる環境と便利なアプリでスマホは重宝しています。(抹茶さん/6000円〜8000円/2017年)

 

通信制限がかからない月がないぐらい。つらい〜! (まさゆきさん/14000円〜16000円/2017年)

 

3月からの見直しを考えています! (まるこさん/10000円〜12000円/2021年)

 

楽天モバイルなど格安スマホを検討したいけど、ネット環境が不安で二の足を踏んでます…。(うさみとんさん/8000円〜10000円/2021年)

 

新たな料金プランが出たので、もうしばらく様子見てます!(せーこさん/8000円〜10000円/2021年)

 

見直したい気持ちはあるが、タイミングが分からない。(まゆゆさん/10000円〜12000円/2021年)

 

やはり、月々の支払いが8000円以上になると、「高い!」と感じる人が多いようですね。でも、スマホは便利だからやめられない、でもどうしていいのかも分からない……という声が多いのかもしれません。

スマホ代を安くするには、格安SIMを利用するのが確実な方法かもしれませんが、そこにはデメリットも。たとえば、キャリアのメールが使えなくなる、通話料が高い、故障した時に持ち込めるショップが少ない、通信速度が遅くなる可能性もあるなどなど……。このようなデメリットを理解したうえで、格安SIMを検討するといいかもしれません。

大手キャリアでは、どうしてもスマホ代が高いというイメージがありますが、他の方法で少しでもスマホ代を安くする方法もあります。たとえば私の場合ですが、家の光回線をスマホと同じSoftBankに切り替えることで、月々のスマホ代が割引かれます。また、Tポイントカードを登録して、月々のスマホ代の利用金額をTポイントで貯めることで、他の買い物などでポイント分の割引が使えるように。いろいろなサービスを上手に使うことで、スマホ代の見直しはできるのです。


さらに、2021年の3月には、docomoから「ahamo」、SoftBankから「LINEMO」、auから「povo」といった格安プランが発表されました。これまで、3大キャリアから格安SIMへの変更をためらっていた人は注目ですね!

 

「妥当」と答えた人は、
6000円〜8000円が圧倒的に多い結果に!

 

機種代込みと思えばこんなものかなあ……と。(Taguさん・6000円〜8000円/2017年)

 

キャリアのスマホをやめたくないので妥当だと思う。(りなさん・6000円〜8000円/2017年)

 

みんなそのくらいかと思ってた!(編集部員・さかい・6000円〜8000円/2017年)

 

docomoユーザーでいたいので、乗り換えは検討していないです。(えみさん・6000円〜8000円/2021年)

 

明細を見て、何を払っているのかをたまに確認しています。いらないものがあれば見直ししています。(ひとみさん・6000円〜8000円/2021年)

 

今のスマホ代を「妥当」と答えた人が全体の約半分弱。妥当と答えた人は、「6000円〜8000円」の支払いが圧倒的に多かったようですね。たしかに、格安スマホほど安くはないけど、スマホ代としては納得できる範囲の金額ですよね。

 

MVNOを利用している格安SIM派は、
使い勝手にもスマホ代にも満足!

 

大手キャリアから格安SIMに乗り換えたけれど、電話も問題なく使えるので妥当だと思う。(すずまるさん・2000円以下/2017年)

 

不便を感じない!(ゆきこさん・2000円/2017年)

 

コスパがいい!(けいこさん・2000〜4000円/2017年)

 

格安SIMばんざい!(なりさん・2000円~4000円/2017年)

 

格安SIMの低額プランと、WiMAX使い放題を組み合わせているので、スマホ自体は1000円ちょっと。通信費合計としては毎月5000円くらいです。(ハマさん・2000円以下/2017年)

 

mineoにかえたので、スマホ代は安いと思う。まだ、前のキャリアに残高を払ってますが。ただし、さいさん吠えていますが、格安スマホは通話代に注意!!(部長・こばなみ・2000円〜4000円)

 

auの一番安いプランとesimで楽天モバイルを併用していて、1年間は楽天が無料なので快適に使えてます。(ハマさん・2000円以下/2021年)

 

数年前に格安スマホに乗り換えたので、高いときでも2000円しないくらいです。ただし、通話時間によります!(こあらーさん・2000円以下/2021年)

 

見直しして、今は3000円弱。見直し前は、夫婦2人で合計20000円以上は支払っていました。(さーしゃさん・2000円〜四千円/2021年)

 

MVNOとは、格安SIMを利用することができる携帯電話キャリアのこと。たとえば、mineoやUQ mobile、Y!mobileなどがそうです。2017年の調査時には、このMVNOという言葉を知っていた人は、42人中27人、すでに利用している人は7人でした。つまり、約6割の人がMVNOを知っていることになります。2021 年現在では、ほとんどの人が知っているのではないでしょうか。

そして、すでに格安SIMを利用している人は、ほどんどの人が2000円〜4000円の支払い。やはり、大手キャリアに比べると、スマホ代はかなりお安いことが分かります。格安SIMは、さきほども書いたようにデメリットもありますが、たとえば、普段からあまり通話をしなかったり、ほとんどWi-Fi環境でしか利用しない、ある程度スマホに関する知識があるなどであれば、格安SIMを利用するのもおすすめです。さらにコロナ禍で在宅ワークが増えて外出の機会が減った人は、スマホ代の見直しをすると、スマホ代がお安くなる可能性があるかもしれません!

 

スマホ代が高いと思っているなら、
MVNOの検討や見直しをしてみては?

今回の調査で分かったのは、みなさんが支払っている月々のスマホ代は、大手キャリアで利用するか、MVNOを利用するかで大きく差がありました。また、新機種にした場合や機種代を返済している間は、どうしても高くなってしまいますよね。

もし、どうしても高いのが気になっているようなら、MVNOの利用を検討してみるのもひとつの手。ただし、そこにはデメリットがあることもお忘れなく。

また、通信状況が気になるからと、大手キャリアにこだわっている人も多いですね。その場合は、2021年3月に登場した、「ahamo」「LINEMO」「povo」などの大手キャリアから出された格安プランを検討してみるのも手。ただし、受付がすべてインターネット対応など、それなりに条件もあります。

電気やガスが自由化されたように、スマホも利用の仕方がさまざまになりました。今や、自分でキャリアを自由に選べる時代に。自分の合った利用方法を見つけて、スマホ代も納得のいく金額を支払いたいものです。

 
WEBで!リアルで!おしゃべりしよう 全国の女子部員、募集中! <登録無料><年齢不問>
share
page top