Catevory
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

【和歌山】#43 橋本市の魅力をInstagramで発信する「はしもとインスタ女子部」

日本全国でがんばっている女性を紹介する「のぼり坂47」プロジェクト。今回は、和歌山県橋本市のPR活動をされている、「はしもとインスタ女子部」メンバーのみなさんに聞きました。

Instagramで、和歌山県の橋本市の「おもしろい!」をPR

はしもとインスタ女子部」は、和歌山信愛女子短期大学の学生で構成されています。メンバーそれぞれの地元は違うところですが、和歌山県橋本市長からの委嘱を受け、「はしもとインスタ女子部」としてインスタグラムを使って橋本市のPR。まちの景色や、神社仏閣など、とにかく「おもしろい!」と思ったところをポストしています。

大学から橋本市までは片道1時間以上かかるので、1Dayトリップ気分。市の担当職員の方と一緒に市内を周り、自由にスマホ片手に写真を撮りながら散策しています。

活動も2020年で3年目となりました。メンバーは基本的に1、2年生で構成されるため、2年生は修了と同時に卒業。1年生はそのまま残り、2年生として新1年生と一緒に活動していくという流れで活動しています。

ゼミで参加した橋本市開催のコンペティションがきっかけに

2017年、和歌山県橋本市で、大学生が市の地域活性化策を競い合う「高野山麓はしもとインターカレッジ・コンペティション2017」が開催されました。そのコンペに私たちの先輩たちがゼミで参加することになり、「交流人口の増加」をテーマに提案。4大学6チームが参加した中で最優秀賞を受賞したことが、「はしもとインスタ女子部」誕生のきっかけです。

当時提案したテーマから、「はしもとインスタ女子部」に至るまでは紆余曲折があったそうです。

先輩たちは橋本市に行ったことがほとんどなかったため、まずはインターネット上で情報を集めることからスタート。数回のフィールドワークをとおして橋本市の魅力に気づいたそうです。

そして、「1日だけの訪問では橋本市の良さを理解できない」「インスタ映えする写真は、一年を通じて市内のさまざまな場所で、たくさんの人が意識して対象を探さないと簡単には見つからない」、通年をとおしての活動の重要性を認識。また、橋本市は高野山の麓にあるため、外国人へのPRも可能であると考えました。

その後、「はしもとインスタ女子部」を発足するまでには、さまざまな議論がなされました。

そもそも、「交流人口の増加」というテーマに沿っているのか。また、すでに橋本市は公式Instagramを開始してキャンペーンなども実施していたため、Instagram利用の観点からどうなのか。完全に行き詰ってしまいました。

そこでもう一度、フィールドワークなどを振り返り、「背伸びをせず、短大生として、自分たちでもできそうなことから始めてみよう」という意志のもと、大学生目線、女性目線での「はしもとインスタ女子部」を作ることになったのです。

そうして、2018年度に正式に「はしもとインスタ女子部」が始動。初年度はテーマを「カフェ巡り」とし、たくさんのカフェ、レストランを回りました。
年度替わり学生の入れ替えもあり、Instagramのパスワードがわからなくなってしまうというハプニングも(笑)。結局、そのアカウントを引き継ぐこともできないまま、2019年に新しくアカウントを作成。テーマを「まち巡り」とし、今も継続しています。
 
 
自分たちが楽しみながら!臨場感のある風景を多くの人に届けていきたい
 
今後は、一昨年に取り組んだカフェ巡りにあらためて取り組み、さらに美味しい食べ物やおしゃれな食べ物を発掘していきたいですね。
新型コロナウイルスの影響で、カフェをはじめとした飲食店は大変なことになっていると思いますが、それぞれのお店ががんばっていること、新しい取り組みなども、一緒に紹介できたらと思っています。
 
観光の面でも、たくさんの人に橋本市を訪れてもらうことはしばらく難しいと思うので(特に海外の皆さんには)、写真や動画で橋本市の美しい景色や見どころを伝えるだけでなく、まるで実際に訪れたかのように楽しめるような工夫を凝らしながら紹介していきたいです。
 
また、紹介する私たち自身がさまざまな体験を楽しむことを第一に考え、わくわくするようなフィールドワークを実施していくつもりです。
 
全国の女性へメッセージ
 
大学の講義で‟女性の権利”などについて学ぶ機会がありましたが、日本の場合はまだまだ女性が思う存分活躍できるような社会にはなっていないと感じています。もっともっと女性が輝ける未来を、全国の皆さんと一緒につくっていきたいです!
身近なところから目標を見つけて、まずは小さなことを積み重ねながら実現していく。そんなところから始めたいと思います。
 
また、仕事や結婚など、将来に不安になることはたくさんありますが、お互いに情報交換して、励まし合っていければ良いですね。新型コロナウイルスによって変化した社会では、女性の考え方や感性が役立つ機会がもっと増えると思っています。がんばりましょうね!
 

★好きな言葉★

「継続は力なり」

 
これからも、「はしもとインスタ女子部」の活動をきちんと継続していきたいです。そしてフィールドワークで協力してくださった方々などへの「感謝」の気持ちを忘れずに、「全てに意味がある」と考えながら、橋本市の新しい魅力を見つけ出していきたいと思います。
「No challenge, No success( 挑戦なくして成功なし)」の精神で、失敗を恐れずさまざまなことに挑戦していきます!
 
和歌山信愛女子短期大学はしもとインスタ女子部

和歌山信愛女子短期大学

〒640-0341 和歌山市相坂702番2

TEL:073-479-3330 FAX:073-479-3321

http://www.shinai-u.ac.jp/

和歌山信愛女子短期大学の「信愛」は「神を信じることは、人を信じ愛すること」に由来し、人を信じ、愛することの尊さ大切さを「一つの心、一つの魂」の言葉に込め、これを建学の精神としています。すべての人を心から愛せるよう力を尽くし、知・情・意の調和のとれた女性を育む、和歌山県唯一の短期大学です。

のぼり坂47では、全国各地で活躍する女性・団体を募集中! 応募方法など詳しくはこちら

 
 
share
page top