Catevory
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

家にいながら診察や健康相談ができる! 「オンライン de ○○」〜診療編〜

こんにちは。女子部JAPAN(・v・)のHicaryです。

ぼちぼち外出する機会も増えてきたとはいえ、新型コロナウイルスの感染リスクがゼロとは言えない今。なるべくなら、医療機関へ行きたくない人もいるのでは?

その一方で、もし気になることが出てきたときに、「このタイミングで受診しなかったら、のちのち大事なことになったりして…」と不安になってきますよね。

でも今回の新型コロナの影響で、今年の4月から初診も含め期間限定で解禁になりました。そこで、家にいながら医療機関の診察や健康相談などができるオンライン診療可能なサービスを、女子部JAPANでピックアップ

なにか健康で不安に感じていることがあったら、参考にしてみてくださいね。

(テキスト:女子部JAPAN(・v・)Hicary)

 

全国の医療機関、さまざまな診療科目をアプリで! 「CLINICS」

https://clinics.medley.life

「CLINICS(クリニクス)」は、全国の医療機関、さまざまな診療科目の診察が受けられるオンライン診療サービス。ちなみに、App Storeメディカルカテゴリで1位(2020年4月)になりました。

パソコンからでも使えますが、基本的にスマホやタブレットに専用アプリをダウンロードし、アカウント登録すると利用できます。

アプリから、現在地近くのオンライン診療に対応した医療機関を探し、自分の都合に合った日時に予約を取ればOK。予約は24時間いつでも取ることができます

アプリで問診票に回答。予約した時間になると、医師からアプリ上で呼び出されます。そして、ビデオ通話がスタート。問診票に沿って診察してもらえます。

会計はクレジットカードで。薬が処方される場合は、処方せんや薬を郵送してもらえます。

医療機関によっては、初診には対応していない場合もあるので、初診からオンラインで診察してくれるところを探す場合は、「CLINICS初診」から調べてみるのがおすすめです。

 

全国4,000施設以上の医療機関が導入! 「curon」

https://curon.co/home?ref=header

「curon(クロン)」は、「CLINICS」と同様に、スマホのアプリを使ってオンラインで受診できるサービスです。

こちらのアプリも好きな時間に診療予約をし、問診票に回答。医師からかかってきたビデオ通話に答えることで診察がスタート。クレジットカードでお会計し、処方箋や薬を配送してもらえます。

なお、診察代金や処方箋・薬の配送料金のほか、アプリ利用料として、診察1回あたり330円(税込)がかかります。

全国4,000施設以上の医療機関が導入しているので、さまざまな診療科をオンラインで受診できるのが特徴。

ただ、基本的にこのアプリの目的は、初診は対面で診察してもらっている人が、次回以降、かかりつけ医と手軽につながること。なので、初診からオンラインで受診したい場合は、curonのサイトから初診受付可能な医療機関を探せるので、事前に調べておくといいと思います。

また、初診を対面で受診していても、すべての疾患で利用できるわけはないので、医師と相談の上、利用してくださいね。

 

ビデオ通話で医師に相談できる! 「健康相談ポケットドクター」

https://www.pocketdoctor.jp/consultation

「健康相談ポケットドクター」は、スマホやタブレットを使って専門の医師に健康相談ができるサービスです。

「心身の不調が気になるけど、病院に行くほどの不調なのかどうか気になる」ってこと、ありますよね? そんなときに利用するがおすすめです。

まずはアプリをダウンロード。そして、医師の選択や相談したい日時を予約。
先生は専門分野やプロフィールを公開しているので、そのなかから自分に合いそうな先生を選ぶことができます。

利用料金は、1回の相談(最大10分間)につき、医師によって2,980円(税別)もしくは、3,980円(税別)になります。

ちょっとお高めな気がしますが、不調を改善するためのベターな方法を知りたい人にはピッタリなサービスです。

 

LINEを使って医師へ相談可能! 「LINEヘルスケア」

https://linehealthcarecorp.com/ja/lp/2019/1

「LINEヘルスケア」は、LINEを使って医師に健康相談ができるサービスです。

相談方法は、待機中の医師に「いますぐ相談」と、医師との相談日時を指定する「相談を予約する」のほかに、医師が質問を確認後、回答する「あとから回答をもらう」があります。

「いますぐ相談」と「相談を予約する」は30分、2,000円、「あとから回答をもらう」は質問1,000文字で1,000円です。
ただ、2020年8月31日までは、無料で利用することができます。

「ビデオ通話で相談というのはちょっと緊張するから、文字ベースのほうがいい」、「手軽に気になったことを相談したい」、「LINE以外の新しいアプリを入れたくない」という場合に利用してみるといいかもしれません。

 

LINEで漢方が処方できる「わたし漢方」

https://www.watashikampo.com

「体のちょっとした不調に漢方を使ってみたい」と思っている人もいるのでは?
「わたし漢方」は、LINE経由でいくつかの質問に答えることで、薬剤師が症状や体質に合った漢方薬を選んでくれるサービスです。

使い方は、LINEで「わたし漢方」を友達登録し、薬剤師の問診に答えるだけ。初回相談は無料です。

処方された漢方薬は、最短で処方日当日に発送。そしてメンバー登録すれば、そのあと、月々定額で漢方相談と注文が可能になります。

心身の疲れや婦人科系トラブル、冷え性、ダイエットや便秘など、さまざまな悩みに対応しています。
もし、気になるお悩みがあったらサイトをチェックしたり、初回の無料相談を試してみたりしてもいいかもしれません。

 

わざわざ医療機関に出向かなくても診察や健康相談が可能!

初診NGなど条件がある場合もありますが、調べてみると意外とオンライン診療に対応している医療機関があることがわかりました。

「病院に行くべきか悩む…」という場合に対応できる、健康相談のサービスも。

普段から医療機関に行くのは苦手な人も少なくないと思いますが、新型コロナウイルスの影響で、なおさら行くのに気が引ける人も多いですよね。私もそのひとり。

でも、こうやって手軽にオンラインで受けられるサービスが増えていることがわかったので、気になることがあったら試しに使ってみようかな…と思っています。

 

みなさんはどんなオンライン体験をしたことがありますか? 体験談や「こんなことがオンラインでできたらいいのに!」と思うこと、そして記事への感想などを教えてください!

<投稿はこちらから>※女子部JAPAN(・v・)にご登録、ログインの上、ご投稿ください。

 

WEBで!リアルで!おしゃべりしよう 全国の女子部員、募集中! <登録無料><年齢不問>
share
page top