Catevory
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

動画を見るなら1.3倍速で! 倍速視聴におすすめの動画&NGの動画

こんにちは。女子部JAPAN(・v・)のHicaryです。

以前「動画配信サービス使いこなし術」でも、言ったのですが、私、映画やドラマは倍速で見る派なんです。

それは、「映像を見る」となったら、ながら観ではなく、その分の時間を取ってきちんと見たいから。ただ、せっかちな性格だからか、できれば早く見たい。一度に複数回見ることもあるので、限られた時間でいろんなものを見たい。そんなこんなで、倍速を利用しています。

そんな私が倍速におすすめの作品、そして倍速はあまり適さない作品を紹介していきます!

ちなみに、1.3倍速で、120分の映画なら90分強連ドラの1話分(約45分)なら約35分で視聴可能。
「映画を見たいけど、2時間かかるのはな〜」とか「連ドラを最初から最後まで見る時間ないかも…」と思っている人にとって、ピッタリの見方が倍速視聴だと私は思っています!

 

倍速で動画を見るには?

作品紹介に入る前に、具体的に私がどのような見方をしているのかお伝えしますね。

まず、基本的には家にあるハードディスク&ブルーレイレコーダーを使って、録りためたものを、日本語作品でも字幕をオンにして1.3倍速(字幕・音声付きで見るとなると、これがレコーダーの早回しの限界のため)で見ることが多いです。
なぜ、字幕をオンにするかというと、集中してしっかり作品を見たいので、セリフが聞き取れず、巻き戻したりするのがイヤなんです! しかも、字幕を出していると倍速で見ていてもセリフがすーっと入ってくるので、この組み合わせはマストです。

動画配信サービスは移動中や自分が録画保存していない作品を観るときに活用します。
動画配信サービスの場合、Amazon「プライム・ビデオ」や「Netflix」は倍速で見ることができないのですが、できるサービスもあります。
たとえば私が加入しているもののなかで、「U-NEXT」だと、1.4倍、1.8倍、「Paravi」だと1.3倍、1.5倍、2倍…という具合。だから配信作品がかぶっていれば、倍速で見られるサービスを優先し、作品の内容に合わせて、速度を変えます。
日本語作品だと字幕が出ないものがほとんどなので、1.3〜1.5倍速で見ます。
海外の作品は字幕が出るので、1.8倍や2倍速で見ることもあります。

そんなわけで、日本語の作品も海外の作品も、倍速にしないで見ることはほとんどありません。

そう言うと、「演技の“間”とか、ストーリーに流れる余韻部分はどうなるの?」と思われるかもしれませんが、個人的には問題ないんですよね…。というのも、(私の体質なのかもしれませんが)1.3〜1.5倍程度なら、倍速の速度が通常で見ているときのような感覚になるので、余韻も通常速度のように味わえる気がするんです。
ただ、音声は当然少し早くなるので、俳優さんの声をしっかり堪能したい人には向かないかもしれません。

でも、「この作品のストーリーをざっと知っておきたい」、「時間がないけど、ドラマ・映画の1本くらいは日常の潤いとして見たい」、「気のせいか最近の動画ってクライマックスまでもったりしている…」なんて感じている人にはぜひ、倍速を活用していただきたいです!

 

倍速NGかも!? な作品!

さて、そんなに倍速を激推している私ですが、まず先に、あまり倍速に適さないかもしれない作品をご紹介します。

■『オール・ユー・ニード・イズ・キル

B00UMY6E5Y

謎の侵略者が迫りくる近未来を舞台に、主人公が戦闘中、敵に殺された…と思ったら、ある日からリセットされて生き返る。これが何度も何度も繰り返され、このループを主人公がいかに抜け出すかを描いたSFアクション。桜坂洋による日本の同名小説を原作としたトム・クルーズ主演の映画です。

字幕付きの洋画だからと、「U-NEXT」にて1.8倍速で見た記憶が(汗)。死ぬ→生き返るのループを描いているシーンはまだよかったのですが、肝心のループする理由とそこから抜け出すところの説明が複雑! しかも激しめなアクションシーンがあったので、映像の切り替えも早く、口コミ評価が高い作品なのに、後半の展開のすごみがよくわからなかったという残念な結果に…。今度、また見返そうと思っている作品候補のひとつです(汗)。

パプリカ

B000O58V8O

セラピーのために夢に侵入するテクノロジーがある世界。それを悪用された事件が発生。セラピスト・千葉敦子=パプリカが、それを解決する姿を描く筒井康隆原作小説のアニメ映画。

BSで放送されていたのを録画して、家のプレイヤーで1.3倍で見ました。なんとか、内容に追いつけましたが、夢の世界を描いているだけあって、突然何かが襲ってきたり、場面の切り替えが早いので、倍速で再生するとちょっと厳しい人もいるかなー…という印象です。
あと、話も若干込み入っているので、真剣に見ないと、結末の納得感が薄くなるかも
ただ、映像美とサスペンスタッチな展開がおもしろい作品なので、ぜひ。

■『カメラを止めるな

B07JXGKRV2

廃屋でゾンビ映画の撮影をしていた撮影クルーのところに、本物のゾンビが襲ってきて、スタッフが次々とゾンビ化してしまい…という、ゾンビサバイバルムービー(?)。

実は映画館で見たので倍速では見ていないのですが、カメラがぶれたり、場面の切り替えも早いので、ちょっとしんどかったです。乗り物酔いしやすい人は、きついかも…という噂を聞いたことがあるほど。
だから、これはあまり倍速で見ないほうがいいのかなーと思っています。
ただ、この映画は後半の展開、特に伏線の回収の仕方が傑作なので、未見の人はぜひ!

どういった作品が倍速で見るのがおすすめできないのかと考えてみたのですが、おそらく
●場面の切り替えが早い
●アクションシーンが多め
●話が込み入っている
の3点かな…と。
だから、この3点がないものであれば、倍速で見るのはかなりおすすめです。

 

倍速におすすめの作品!

場面の切り替えや1回分の話がそれほど複雑ではない日本のドラマは、基本的にどの作品も1.3〜1.5倍で見てもそれほど違和感はないと思います。
とはいえ、「どういうのがいいんだろう?」と思う方もいると思うので、映画作品も含めて、倍速で見るのにおすすめな作品をピックアップしてみました。

■『かもめ食堂

B000ELGLDA

フィンランドで日本食堂を流行らせようと、奮闘する物語。

「奮闘」って言っちゃいましたけど、かなりスローペースの奮闘です。そのおかげか癒やされる。のんびり見たいときは、そのまま再生でもいいですが、「限られた休憩中に、何かに癒やされたい!」ってときは、倍速で見て、短時間でほっこり…なんて見方もおすすめです。

<倍速で見られる主な動画配信サービス>
U-NEXT、hulu

■『スーパーサラリーマン左江内氏

B06XP956JS

ある日、スーパーマンになってしまった冴えないサラリーマン・左江内のスーパーマン生活を描いたドラマ。

左江内が悪い奴を見つけて、やっつける…という勧善懲悪のストーリーは毎回お決まりなので、倍速で見ていてもストーリーはなんとなくわかると思います。このドラマの醍醐味はストーリーよりもいかに小ネタを楽しむか。ちなみに私は5話で、占い師扮する佐藤二朗が左江内の運勢を見るふりをして、左江内役の堤真一が出ていた『やまとなでしこ』のストーリーをぶっこんできたシーンが大好きです。

<倍速で見られる主な動画配信サービス>
Hulu、dTV

■『シェフ 三ツ星フードトラック始めました

B018S2FQKA

一流レストランの元料理長がフードトラックでアメリカを横断しながら、サンドイッチを売っていくロードムービー。

そこで、人との絆を取り戻していったり、仕事の楽しさを実感していくのですが、急展開する話でもないし、倍速で見ても十分内容がわかる作品だと思います。
見終わったあとポジティブな気持ちになるので、「ちょっとやる気が出ないな」というときにおすすめ。あと、出てくるサンドイッチや食べ物がめちゃくちゃおいしそうなので、飯テロ系の作品が好きな人にもピッタリです!

<倍速で見られる主な動画配信サービス>
U-NEXT、Paravi

 

ほかの時間と両立させるには倍速視聴がベストな方法!

作品の魅力を存分に味わうなら、倍速なんて邪道だと思いますし、「ふざけんなー!」という映画ファン、ドラマファンも多いと思います。すいません。

でも、限られた人生のなかで、できるだけたくさんの作品に触れたいと思う私は、仕事や生活などの時間と両立するには今のところこの方法がベストだと思ったんです。で、もし同じような考えを持っていても「今まで方法がわからなかった!」という人の参考になれば!

ちなみに今回ピックアップした作品は、倍速で見なくても十二分におもしろい作品ばかり紹介したつもりです。なので、作品選びに悩んでいた人の一助にもなれば幸いです

※動画の配信状況は2020年7月の情報です。

 

share
page top