Catevory
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

手作りだから、楽しくて簡単! おうち時間にぴったりの、アイスクリームメーカー3機種を試してみた

こんにちは。女子部JAPAN(・v・)のアリです。

もうすぐ梅雨も明けて、いよいよ暑〜い夏がやってきます。夏といえば、やっぱりアイス! 普段はもっぱら、買ってきたアイス派の私ですが、たまには手作りアイスも食べてみたいな〜なんて思っていたら、最近はアイスクリームメーカーにもいろいろとおもしろい商品があるとのこと。

そこで今回、家で簡単に手作りアイスが作れちゃう、アイスクリームメーカーを試してみました!

氷とグミを入れるだけ! 独特の食感がクセになる「コロロおどるスイーツメーカー」

はじめに私が試してみたのが、こちらの「コロロおどるスイーツメーカー」。可愛らしいデザインで、見た目はミキサーに似ています。

なんとこちら、市販で販売されている「UHA味覚糖 コロロ」というグミ専用のアイスクリームメーカー。買ってきたコロロと氷を入れるだけで、簡単にアイスができるのです。今回はコロロのぶどう味をチョイスしてみました。

コロロおどるスイーツメーカー(オープン価格)

用意するのは、コロロと氷だけ。一人分のレシピはコロロ6粒と氷5個。たったこれだけ! 計量などの手間もなく、洗い物が出ないので楽チンです。2人分の場合は、1袋を使います。

材料を入れたら、ミキサーをスタート。ここでちょっと注意したいのが、ミキサーを回すとけっこう大きな音がすること。小さなお子さんやペットが近くにいる場合は気をつけてあげてください。氷が大きいと振動もあるので、取手もしっかり持って操作します。

できあがりは、こんな感じ! シャーベット状よりも少し柔らかめで、トロッとした独特の食感。コロロが適度に残っていて、いい具合にアクセントになっています。また、ミキサー時間を少し短めにすると、氷の粒が残ってシャリシャリ感も楽しめるので、これもお好みで調整を。今まで食べたことのない、まさに新食感なアイスができあがりました。

ちなみに、コロロにはマスカット味や白桃味、ストロベリー味など、いろいろなフレーバーが販売されているよう。お店で見つけたら、ぜひ新しいコロロアイスに挑戦してみてくださいね。

 

編集部内ではダントツのアイス好き、編集部さかいも試してくれています。

<編集部さかいも使ってみました!>

「コロロと氷さえあれば、本当に10秒でできるからすごい! 夏に来客があったときにさっと作って出したら喜ばれそうですね。不思議な食感で、グミ好きはハマるかも。さっぱり味でおいしかったです。サイダーの上に乗せてフラッペ風にしてもよいかもしれません。スイッチも押しやすく、カップなどお手入れしやすいのも高ポイントですね」

<Amazonからも購入できます!>

 

ジュースがあっという間に、シャリシャリのシャーベットに!「ハピロール ファンファンシャーベット」

 

続いて「ハピロール ファンファンシャーベット」。こちらは、さらに作り方が簡単! まずは、前日から四角い本体を冷凍庫に入れておき、10時間以上冷やしておきます。準備はこれでOK。

ハピロール ファンファンシャーベット(オープン価格)

 

冷凍庫から取り出した本体に、冷えたジュースなどを流し入れます。ジュースの味は好みでOKですが、果汁100%のジュースなど濃い目のものがおすすめ。アイス状にした時に、少し味が薄まってしまうようです。カルピスを濃い目に作った液でもおいしいかも!

今回は、大好きなマンゴージュースを使ってみました。10時間以上冷やした、冷え冷えの本体にゆっくり注ぐと……

あら不思議! ジュースが少しずつシャリシャリしてきて、だんだんと固まっていくのです。この感覚、ちょっと新鮮でクセになりそう。ヘラで混ぜながら、広げたりまとめたりしていくと、どんどんシャーベット状になっていきます。

器によそって、ミントを飾りつけたら完成! 味はまさに、マンゴーのシャーベットアイス。スッキリ味で、暑い夏にぴったりです。これに細かくカットしたマンゴーや好きな果物を混ぜて作ってもいいかも。好みの味でシャーベットが作れるのは、手作りならではですよね。さらに、梅酒やお好きなチューハイなどで作って、お酒のシャーベットにするのもおすすめですよ。

 

編集部いといは、生クリームや牛乳、卵、砂糖を使って、ちょっと手の込んだバニラアイスを作ってくれました!

<編集部いといも使ってみました!>

「作ってみて1番良かったのは、甘さを調節できることです。売っているアイスクリームはかなり甘くて、後で喉が乾く感じが少し苦手。でもこれで作れば、自分好みの甘さや固さにすることができます。基本のバニラで作っておけば、途中でちょっとだけ抹茶を入れたり、チョコチップを入れたりと、いろいろなアレンジができそう!」

<Amazonからも購入できます!>

 

コロコロ転がすこと20分!生クリームが濃厚バニラアイスに「ソフトシェル アイスクリームボール」

最後に試したのが、なかなかの大物、「ソフトシェル アイスクリームボール」です。一見すると、「こんなボールで本当にアイスなんてできるの?」と疑ってしまいますが(ただの、大きなゴムボールに見えます)、これも立派なアイスクリームメーカーなんです。

 

ソフトシェル アイスクリームボール(オープン価格)

 

最初に見たときは、ちょっとゴツくてびっくりするのですが、それにはちゃんと理由があります。

今回は、バニラアイスを作ってみましょう。材料は、生クリーム、砂糖、塩、バニラエッセンス。そして、氷です。蓋を開けて材料を入れ、反対側には氷を満タンに入れます。ちなみに氷はけっこうな量が必要になるので、たっぷり用意しましょう。

しっかりと蓋を閉めたら、コロコロタイムがスタート。説明書を見て驚いたのが、このコロコロを20分以上もするとのこと。ゴツめのゴムボールの理由は、ボールのように転がしてアイスを作るからなんです。

20分間転がすのはなかなか根気がいりますが、おいしいバニラアイスのためならと頑張りました〜。友だちや家族で分担して転がすと、あっという間に終わりますよ。

20分後に蓋を開けてみると……見事にバニラアイスができていました〜。初めての手作りバニラアイスは、20分間も待ったかいがあって、できあがったときはちょっと感激! そして、思った以上に濃厚で甘みもちょうどよく、おいしくいただきました。

生クリームの乳脂肪分を変えてみたり、いろいろなトッピングを入れてみたりすると、また違った味が楽しめそうです。

 

コロコロ転がすのがちょっと大変ではありますが、たとえばアウトドアやホームパーティーなどのイベント時に使ってみるのもいいかも。話題性もあって、盛り上がること間違いなしです!

 

編集部のさかいは、お子さんと一緒にコロコロまで楽しんでいましたよ!

<編集部さかいもつくってみました!>

「材料と氷を全部入れると重たくて、転がすときはけっこう力がいるので、エクササイズにもなりそう!? 子どもと一緒にいろんな転がし方を試したりして遊ぶのも楽しかったです。転がす時間の長さでアイスの固さが変わるみたいなのですが、固めのアイスクリームが好きなので、30分ぐらい転がしてみました。新幹線のアイスクリームばりにかった〜いアイスができました! 

味もとってもおいしくて大満足。次の日には、つぶあん+生クリーム+砂糖(分量は適当)でゴロゴロやってみましたが、そちらも美味しくできました。ほかにもいろんな材料で試してみようなか〜と思います」

 

<Amazonからも購入できます!>

 

アイスクリームメーカーで、夏のおうち時間に涼を呼び込もう!

今年はなかなかお出かけの予定も立てられないし、おうちで楽しめることを見つけたいもの。このアイスクリームメーカーも、おうち時間をより楽しくしてくれるアイテムです。グミを使ってミキサーでアイスを作ったり、好きなジュースを凍らせてシャーベットにしたり、ボールに材料を入れてコロコロ転がしてアイスを作ったりと、好みに合わせてアイスクリームメーカーを選んでみましょう。手作りアイスを一度作ってみると、「今度はこんな材料で作ってみようかな!」と、いろいろなアイデアが浮かぶはず。おうちにひとつあると、今年の夏はより楽しめそうですね!

WEBで!リアルで!おしゃべりしよう 全国の女子部員、募集中! <登録無料><年齢不問>
share
page top