Catevory
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

最大5,000円分がもらえる! 「マイナポイント」をまずはざっくり理解!

こんにちは。女子部JAPAN(・v・)編集部のたけだです。

舘ひろしさんが着ぐるみ姿で登場するCMが、お茶の間のテレビで流れていましたね。最大5,000円分のポイントがもらえるというマイナポイント、みなさん利用される予定ですか? なかには「マイナポイント? なにそれ?」「面倒そうだから、いいや」という方もいると思います。

わたし、たけだは、わりと早めにチェックしていて、すでに予約完了。今は、どのキャッシュレス決済サービスを申し込みしようか迷っているところ。そう、マイナポイントで最大5,000円分のポイントをもらうには、この「予約」や「申込」という作業が必要なんです。

そこで今回は、女子部JAPANの編集部内でも「わかりづらい!」という声が多かった、マイナポイントの概要と登録の流れについて、ざっくりとご紹介。「これなら、やってみようかな」と思ってもらえれば嬉しいです。

マイナポイントって? 何のポイントが、いくらもらえる?

電子マネーやQRコード決済、クレジットカードなどのキャッシュレス決済サービスを使うと、買い物やチャージをした金額の25%分のポイントがもらえる、マイナポイント。

1,000円を使うと250円分のポイントがもらえ、合計2万円を使うと上限の5,000円分のポイントがもらえる仕組みです。

総務省による事業で、マイナンバーカードの普及はもちろん、TOKYO 2020が閉幕した2020年秋以降の消費を活性化する狙いもあったようですよ。

そしてマイナポイントというのは、この仕組みの名前。「マイナポイント」というポイントがもらえるわけではありません。事前にどれか1つのキャッシュレス決済サービスを選んで登録しておくと、そのキャッシュレス決済サービスで使えるポイントが付与されるというわけです。

つまり、LINE PayならLINE Payで使えるポイントが、SuicaならSuicaで使えるポイントがもらえます。

ポイント付与の対象となるのは、2020年の9月1日から2021年3月31日までに使ったキャッシュレス決済。ただし、予算は4,000万人の利用を見越し、およそ2000億円とのこと。予算の上限に達したら、付与されない場合もあることも知っておきましょう。

ポイントをもらうに、必要なものは?

マイナポイントのポイントは、次の2つを準備しておけば誰でももらうことができます。

①マイナンバーカード

今回のマイナポイントの大きな特徴が、マイナンバーカードを取得している人だけが利用できる点。消費活性化以上に、マイナンバーカードの取得促進が大きな目的のようです。

以前、ご家庭に郵送された、紙の通知カードでは登録できないのでご注意を。

通知カードではマイナポイントをもらえません。

マイナポイントをもらうために、マイナンバーカードを取得するという人も増えているようです。ただし、取得には1ヵ月以上かかる場合もあるので、早めに申請をしましょう

マイナンバーカードを持っていれば、未成年のお子さんでも、保護者のキャッシュレス決済サービスを登録して、一人あたり5,000円分のポイントをもらうことができます。

②マイナポイント対象のキャッシュレス決済

  • プリペイドカード
  • 電子マネー
  • QRコード決済(○○Pay)
  • クレジットカード
  • デビットカード

マイナポイントの対象となるキャッシュレス決済サービスは、Webサイトで確認できます。世の中にあるすべてのキャッシュレス決済が対象となるわけではないのでご用心。

ちなみに、2019年10月〜2020年6月末まで実施されていた「キャッシュレス・消費者還元事業」とは対象となるサービスが異なるので注意しておきましょう。

ポイントをもらうための事前登録は?

マイナポイントをもらうには、まずはマイナポイントの「予約」とキャッシュレス決済サービスの「申込」が必要。スマホの「マイナポイントアプリ」を使って行うのがスムーズです。

※スマホ以外では、パソコンや、全国の市区町村窓口やコンビニ、郵便局などでも行うことができます。

●iPhone用のアプリはこちら

●Android用のアプリはこちら

■ステップ1:マイナポイントの予約(マイキーIDを発行)

マイナポイントアプリで予約(マイキーIDを発行)します。マイナンバーカードを用意しておきましょう。

※画面はiPhone用のアプリです。

画面の指示に沿ってすすんでいきます。

「読み取り開始」のボタンを押したら、マイナンバーカード発行時に登録した数字4桁の暗証番号を入力し、マイナンバーカードの上にiPhoneを載せます読み取りにけっこう時間がかかるので、数秒そのままで待ちましょう

iPhoneでは、上部裏側あたりをマイナンバーカードに載せるのがポイントです。モバイルSuicaやApple Payで支払う際に、ピッとあてるNFC機能がある部分ですね。

読み取りが完了したら、「マイキーID」が発行されます。キャッシュレス決済サービスを登録する際に必要になるので、メモをとったり、スクリーンショットを撮ったりしておきましょう。

■ステップ2:キャッシュレス決済サービスを登録

マイキーIDが発行できたら、それを使ってキャッシュレス決済サービスを登録します。マイナポイントアプリで登録できますが、キャッシュレス決済サービスのアプリで登録できる場合もあります。

一度登録したサービスは、途中で変更できないので、自分に合うのはどのキャッシュレスサービスなのかを吟味しておくことが大切です。

また、キャッシュレス決済サービスによって、ポイントがもらえるタイミングも異なります。さらに、独自にポイントを上乗せする特典付きのキャンペーンを実施しているサービスや自治体も!

どんなポイントが、いつもらえるかをチェックしておきたいですね。

以上、マイナポイントをもらうために、まずはざっくりと把握しておきたい概要や登録の流れをご紹介しました。

マイナンバーカードをまだ持っていないという人に向けた編集部による取得体験レポート、キャッシュレス決済サービスの選び方や登録方法については、別の記事でご紹介していきます。ぜひ、チェックしてみてください〜。

※この記事は2020年8月の情報もとに作成しています。

 

share
page top