Catevory
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

もしもあの時、加熱式たばこだったら……、喫煙者の嘆き(トホホ編)

 

ここは知る人ぞ知る、クスクス、ムフフ…の“珍”コーナー! その名も『セキララ部室』。 女子部員たちから集まった、リア友には言えないあんな話や男子禁制のそんな話、そしてとにかく誰かに知らせたいというだけの、こんな話を紹介していきます。 (女子部JAPAN(・v・)部長のこばなみ)

 

むかし付き合っていた彼氏にたばこは嫌だと言われ、やめると約束をしてしまい……、でも吸いたいので、彼の前ではもちろん吸わなかったし、会う前は歯磨きや服を替えたりしていましたが、ある日バレてしまい振られました。あの時本当に好きだったのでショックでしたが、別れてからめっちゃたばこ吸う本数が増えてリバウンドしました。

紙巻たばこを喫煙していて困ることは、喫煙所が少ないことと、加熱式たばこと違い、紙巻たばこは服ににおいが付くし、におので辛いですね。

でも……、彼もそんな思いだったのでしょうか。もしあの時に加熱式たばこが登場していたなら別れるまでいかなかったかも!?

 

 

データ引用元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000129.000003149.html

 

「におい」や「煙」がなければ許容できるという人も多いので、時を巻き戻せれば……!?

加熱式たばこのなかでも低加熱型は、ほぼ無臭といえるほどニオイがしないことが最大の特徴とのことで、今からでも遅くないです!

これからできるパートナーへ配慮しながら喫煙によるリフレッシュ時間も楽しめるプルームシリーズはおすすめかも?

 

 

さて、『セキララ部室』では、みなさまから衝撃や笑撃を受けたクスクス、ムフフなエピソードを募集しております。採用者の方には女子部ポイントを40ポイントプレゼントさせていただきます!(おしゃべりポイントについて詳しくはこちら

投稿はこちらからどうぞ。

※女子部JAPAN(・v・)に登録、ログインの上、投稿ボタンを押してください。

次回のセキララ話もお楽しみに〜!

share
page top