Catevory
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

「既読つけずにメッセージチェック!」「一瞬で友だち追加!」 知っているとちょっと便利なTIPS 7選【LINE使いこなし術④】

こんにちは。女子部JAPAN(・v・)のアリです。

メッセージやスタンプを送ったり、無料で通話をしたり、写真や動画をシェアしたりと、友だちや家族とのコミュニケーションには欠かせないLINE。忙しい毎日の中で、1日に何度もアプリを開くことも多く、できるだけ簡単でスムーズに操作できるとうれしいですよね。そこで今回は、知っていると何かと便利なTIPS7選をご紹介します。

バックナンバーもチェック!
削除と取消の違いは? アナウンスってなに? 意外と知らないトークルームの便利機能8選【LINE使いこなし術①】

ブロックしたらどうなるの? 相手の名前を変更できる? 友だちにまつわる、知っておくべき機能6選【LINE使いこなし術②】

「広告ばかり表示される」「いつの間にかプロフィール画像をシェアしてた」など、タイムラインのお悩みをスッキリ解決!【LINE使いこなし術③】

 

LINEアイコンの長押しで、一瞬で友だち追加!

目の前にいる人とLINEで友だち同士になるときに便利なのが「QRコード」。でも、いざ友だちに追加しようというときに、QRコードの読み取り画面がなかなか表示できず、慌ててしまったことはありませんか?

そんなときにぜひ覚えておきたいワザが、ホーム画面にあるLINEアイコンを長押しする方法。長押しするとメニューが表示されるので、「QRコードリーダー」をタップします。すると、読み込み画面が一瞬で立ち上がりますよ。

あとは、友だちになりたい人のマイQRコードを読み取ればOK。実はこの画面は、普通にQRコードリーダーとしても使えるのです。これを知っておけば、マイQRコードリーダーを表示してくれる目の前の友だちを待たせません!

 

 

Keepメモ」は、自分だけのメモ帳代わりに便利!

最近のアップデートで登場したのが、「Keepメモ」。ここは、自分だけが見ることができるトークルームで、ちょっとしたメモを残したり、写真や動画、ファイル、URLなどを保存しておいたりできます。

最新のLINEにアップデートすると、トークルーム一覧に「Keepメモ」というアイコンが加わっているので、そこにいつも友だちに送る感覚でさまざまなデータを送信することができます。もし、「Keepメモ」が一覧で見つからなかったら、上部の検索欄に入力すると表示されます。

ここに送信しておくと、自動的にLINEのクラウドストレージ機能である「Keep」に残しておくことができるのです。今までは「Keep」に保存しておくのは手動でしたが、このトークルームに送っておけば簡単に保存ができますよ。

さらにここでもうひとワザ! 「Keep」メモを頻繁に使うようであれば、トーク一覧内の「Keep」メモの表示を右にゆっくりスライドして、ピンマークをタップ。これで、いつでも上部に表示されて、さらに使い勝手がよくなります。

 

 

既読をつけないまま、メッセージが素早く読める!

忙しくてゆっくり返信はできないけれど、メッセージだけでも先にチェックしたい!そんなときってありますよね。

でも、一度既読をつけてしまうと、相手が既読スルーされていると思ってしまうのも心配…。そんなときは、既読をつけないで、メッセージをサッと確認することができます。

メッセージが来たら、トーク一覧を開きます。いつものようにトークルームをタップせず、トーク名の部分を長押し。すると、トークの画面が表示されて、メッセージを読むことができます。

この操作では、トークルームを開いたことにはならないので、既読はつきません。すぐに返信ができないときには、ぜひ試してみましょう。

 

 

国内外の携帯電話や固定電話に無料で通話できる!

LINE同士の通話は無料で利用できるため、「通話はLINEで!」という人も多いのでは? でも、LINEを使っていない相手や固定電話へは、トークルームからの通話は利用できませんでしたよね。

でも、ちょっとした裏ワザを使えば、携帯電話や固定電話への通話も無料で利用することができるんです。

「ホーム」のページ内にある「サービス」の「すべて見る」をタップして、その中にある「LINE Out Free」をタップします。

無料通話の履歴が表示されているので、左上にあるキーパッドマークをタップ。

ここに、電話番号を入力します。はじめて使うときは、SMSでの認証作業が必要ですが、一度行えば次からはすぐに利用できます。

また、無料で通話ができるということもあり、いくつかの条件や制約もあります。番号を入力して電話がかかるまでに、基本15秒ほどの短い広告が入ります。また、固定電話の場合は3分、携帯電話の場合は1分という時間制限も。これさえ問題なければ、無料で電話がかけられるので便利です。

 

グループトークしながら、みんなでYouTube鑑賞!

グループトークには、ちょっとおもしろい機能があります。

グループを作って、みんなでビデオ通話をすると、そのメンバーと一緒にYouTube鑑賞ができるのです。

ビデオ通話の最中の画面で、右下にある四角いマークをタップ。

次の画面で、「YouTube」をタップします。ちなみに、この下の「画面シェア」をタップすると、スマホの画面をグループ内ですることもできます。

「YouTube」の検索画面が出るので、見たい動画を探します。動画を決めたら、「開始」をタップすると、動画の再生画面とみんなの顔がスマホ画面に表示されます。

 

 

もしもの時のために、トークのバックアップを取っておく!

iPhoneのバックアップは取っていても、アプリの中身までしっかりバックアップできているわけではありません。できれば、大事なトークルームの中身も保存しておきたいですよね。

そこで、LINEのトークをバックアップしましょう。「設定」から「トーク」を開いて、「トークのバックアップ」をタップします。

「今すぐバックアップ」をタップすれば、トーク内容のバックアップがはじまります。手動だと忘れてしまいそうな人は、「バックアップ頻度」から「自動バックアップ」を選び、頻度を自分で設定しておけば安心です

 

 

トークルームの背景を変えて、見た目でも区別する!

トークルームをいろいろ使っていると、送るトークルームを間違えて、ひやりとした経験はありませんか? 送り間違えなどのミスを防ぐには、トークルームの背景を変えてみるのもひとつの手です。

トークルームを開いて、右上の三本マークをタップ。次の画面で一番下の「その他」をタップして、「背景デザイン」を選びます。

そのメンバーをイメージさせる写真や一緒に撮影した写真などにしておくと、トークルームをパッと見ただけで、誰とのやりとりか判断することもできます。また、この変更はグループのメンバーには知られないのでご安心を。

 

 

友だちが送ってくれたスタンプから、即ショップへ!

友だちが送ってくれたスタンプを見て、「このスタンプ、欲しい!」ということはありませんか? そんなときは、スタンプをタップ、もしくは長押しして「ショップ」を選択してみましょう。

すると、スタンプの購入画面に移ります。ここで、すぐにスタンプを購入することができます。無料のスタンプの場合も、ダウンロードできる画面に移りますが、ダウンロード期間が過ぎている場合は入手できませんのでご注意を。

 

 

ちょっとした小ワザを覚えておくと、仕事中にサッとメッセージを覗いたり、保存しておきたいものを素早く「Keep」しておいたり、友だちとスムーズに友だちになれたりと便利。上手く活用すれば、時短にもつながりますよ。

share
page top