生声直送!すっぴんライフ 生声直送!すっぴんライフ

【生声直送!すっぴんライフ】「やせたーい!」って言うけど、実際のところ、一体何キロやせる気?? (調査9)

女子部員たちのココロをハダカにして無意識な気持ちを探る「すっぴん調査」。今回は、ここ1年「やせたい」とボヤき続け、あれこれ試し続け、しかし全くやせない編集部員・いわたが37人の女子部員たちのダイエット事情に迫りました!

(テキスト:女子部JAPAN(・v・) いわた)

 

Q.「やせたーい!」って言うけど、実際のところ、一体何キロやせる気?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(回答者数 37人) (2017年4月12日、15日 第1回すっぴん調査会にて)

 

<すっぴん結果>

「自分歴」の長いオトナ女子は、「手に届く理想」を胸に、ダイエットに励む?

最近、「トクホ」とか「ジム」とか「ヨガ」とか、なんだかんだと「やせる手段の提案」をしてくる広告もよく見かけますし、今って若干ダイエットブームなんじゃ? と個人的に思いつつ、アラサーのわたくし自身の「やせたい」私情も混ざり、当然のように「やせたいよね?」みたいな前提で質問してみましたが…アンケート結果では、大多数の女子たちもやっぱり、「まあやせたいよね!」と思っているようです。

しかーし、数字だけではないのが「すっぴん調査」ッ!!

たとえば1番票が集まった「2〜3kg」ですが、「すっぴん調査」では「そっか〜❤」で終わらず、「2〜3kg? え? なんで? もっとやせたいとかないの? ていうか、どうやって2〜3kgやせる気?」と刑事の如くしぶとく食い下がります。なにしろ目の前に口頭でリプライくれる女子たちがいるもので…あとわたくしも必死で…。

女子にとってダイエットは永遠の課題でもあり、ダイエットに失敗はつきもの。つまり!オトナ女子なら経験も豊富で良き知恵を授けてくれるはず…? と色々と話を聞いてみたところ、「実現可能な理想」を持ったオトナ・ダイエット事情が、じわじわ見えてきました。

 

 

「BMI」「筋肉」「体質」「純粋に見た目」etc…
「ダイエットの基準=体重」はもう古かった…!?

 

BMIの標準適正でバランスが良ければいい。(しおんさん)

 

 

やせるよりも、引き締めて筋力をちょっと上げたい。(しずかさん)

 

 

体重を減らすというより、見た目をシェイプアップしたい。(ろみさん)

 

 

体脂肪を減らして、筋肉量を上げたい。(かずささん)

 

 

何キロというより、体脂肪率を落としたい。(みきさん)

 

 

やせやすい体質になりたい。(ゆかりさん)

 

 

 

そもそも「何キロやせたい?」という質問自体が、時代遅れだったのだと痛感しつつ…でも、「体重計に乗っている」という女子たちは多数存在していました!!

たしかに今の体重計は、そこそこ安いやつを買っても「体脂肪」とか「水分」とか「基礎代謝」とか出してくれる「できる子☆」なので、意識的に運動している人や体質改善しようとしている人にとって、ヘルスメーターとしての体重計は必須アイテムなのかも。

一方、わたくしのように「後からいっぱい出てくる数字なんのこっちゃ…?」な人にも、問答無用にkgという紛れもない現実を突きつけて喝を入れてくれるのも、昔ながらの体重計の役割ですが…。

いずれにしても「ダイエット=やせる」という発想が古いということがよく分かりました…!

 

 

「やせたい❤」っていうか「もうちょっとキレイになりたい❤」が本音のオトナ女子心?

 

理想は平らなおなか!コンプレックスは下半身。(せいこさん)

 

 

骨格から違う人を目指しても仕方ない。ヘルシーな感じの体型に憧れる…。(taguさん)

 

 

「kg」というより、部分的にやせたい。ふくらはぎ&おしり!!(うさこさん)

 

 

大学生の頃の自分の体型に戻りたい。(ゆかりさん)

 

 

理想は20歳の頃の自分。コンプレックスは二の腕の下のお肉。(ろみさん)

 

 

 

もちろんリアルにあと○kgやせたら自分はこうなる、と経験から思い描く方もいると思いますが、実際に話を聞いていると、アンケートで「2〜3kgやせたい」が最も票を得たのは、「今の自分より、もう少しキレイになりたい」気持ちの現れなのかな、という印象。「すっぴん調査会」を始めて何度も感じたことだけれど、うむ、オトナ女子、地に足がついている。

で、そんなみんなは、具体的にどうやって「ダイエット」してるの!?

 

 

ダイエットジプシーになりそうな現代、
経験豊富なオトナ女子は何を選ぶ…!?

 

ジムに行ってる。食べ物にも気をつけている。(かすみさん)

 

 

筋肉をつけようと思って、田町〜渋谷とか上野〜品川まで歩いたり。(美奈子さん)

 

 

ヨガに行ってる。すごい悪いものが出る気がする!(しほさん)

 

 

生まれつき筋肉質で、運動すると脂肪の上に筋肉がつくから、まずは食事制限で脂肪を落としてる。(リナさん)

 

 

毎日体重計に乗って、カレンダーに記録してる。(あこりんさん)

 

 

毎日体重計に乗るだけ。(かなかなさん)

 

 

 

積極的に運動する派から、日常生活に運動を取り入れる派、食事制限、頭の片隅に体重を書き込んで食べ過ぎ防止する派など、今や「ダイエット」の流派は多種多様…!?

最近よく見る「おきかえダイエット」に関しては、かえって食べ過ぎちゃう、という、いかにも失敗談が垣間見える発言もあり。トクホ系のお茶も、あくまで免罪符的に使われている感じで、「摂取すること」でなんとかしようとする他力本願なオトナ女子は少ないもよう…。

なんということだ! わたくしなんて、摂取してなんとかするものを求めて、ネットの海の中を漂って、横に出てくるヨガのバナーとかは全て無視して、挙げ句「美味しくてカロリーゼロの中華丼とか出ないかな〜」なんて、ドラえもんに聞かれたら3時間くらいお説教くらいそうなことを真剣に願ってますが…。いや、動かなきゃダメだとは分かってるんですがね…。

ちなみに調査会で「ヨガ行ったことある人?」と聞いたら、わたくしがお話を聞いていた席の女子部の方、なんと全員経験済みでした! が、続けている人は少数。

どうやら「すっぴん調査会」に参加してくれた女子部の皆さん、新しいものが出れば積極的に試してみるようですが、「自分に合うか合わないか」の見切りを付けるのも早いっ! なるほど、オトナ女子の目は肥えております!

 

 

でもでも…こっそり理想を教えて!

 

筋肉がほどよくついた体。こじはるとか。中村アンとか。(まいくさん)

 

 

米倉涼子さん。(きらりんさん)

 

 

杉本彩さん。胸が豊かで脚が細い。筋肉がキレイについている。(daikichiさん)

 

 

椎名林檎さん、美乳、筋肉程よく、憧れるー。(かたおかゆぅほさん)

 

 

井川遥。いい意味でエロい。ヘルシーなエロさ。(しほさん)

 

 

 

皆さんの色々棚に上げた、自由な理想をまとめると「ヘルシーかつ女性らしさを失ってない体」ということになりますが…あれっ。「完全な理想」と「現実的な理想」、両者の距離はあれども、「女性らしさを失わない筋肉美」が共通してる…!! 

飢餓が多い時代に太ってる女性が美しいとされたとか、食が豊富になったら、今度は逆にとにかく細いことに憧れるとか、ちょっと極端だな、と頭ではわかるけど、欲望ってそんなもんだと思っていたので…今「健康的で、かつ女性的にも美しい」ものが求められてるのって、まさに「中庸」ってやつじゃないですか!! 目から鱗というか、ものすごく原点回帰感があるというか。……確かにカロリーゼロの中華丼なんて、未来的だけど、屈折してるもんなあ…。

もしかして今って「ダイエット・ルネッサンス」期なの…!?

 

 

すべての道は「筋肉美」へ通ず。
これってトレンド?それともダイエットの最終形態?

アプローチはそれぞれでも、イマドキのオトナ女子たちの、目指す先にあるのは「筋肉美のある体」

たしかに、筋肉量が増える=総合的にエネルギー消費量が高まる=やせる。かつ、血流も良くなって冷え性改善!? ひいては老化防止!? これって、オトナ女子たちの、美と健康における欲望を全てなんじゃ!? もしかしたら、総合的な美の結集が「ほどよい筋肉美」なの!?

「ダイエット=やせる」なんて発想が、旧時代のものになった今、単なる重さとしての体重をそれほど重視しない「筋肉美」の体作りは、いかにも最先端、と同時に「ダイエット」の最終形態、と思えなくもないですが…!?

 

調査記事に協力してくれる部員募集中 食べながら飲みながらディープにおしゃべり。
share
page top