Catevory
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

2020年版やっちまった傑作選その5<言いまつがい編>

こんにちは。女子部JAPAN(・v・)編集部のさかいです。

来る【12月24日開催】[オンライン]クリスマス・イブ100人女子会2020に参加する方に、投稿をお願いしている「今年のやっちまった」話。

会のなかでは、傑作な投稿をしてくれた方に豪華プレゼントをご用意しているということで、続々ネタが集まってきております。

 

ここでは、どんなネタがよいものか…と投稿に悩む方だけでなく、ただ単にちょっと笑いたいだけのあなたのために、編集部の2020年ネタと、厳選した過去の傑作ネタを順次ご紹介中。今回はこんな、【言いまつがい】でズッコケてしまうような、やっちまった話たちです。

 

NEW!!◆EPISODE1◆
つい先日の話。大学パンフレットを作成するお仕事で、大学生とゼミ教授に同時にお話を聞くことがありました。ゼミでどんなことが学べるか、その学生がどんな成長をしているのかというような話を2人同時に聞くんですが、学生のお名前などを知ったのがその場だったということもあり、取材序盤、学生に向けて「〇〇くん、ゼミはどんな雰囲気ですか?」と質問したところ、ん?反応がない…。「いや、自分、●●です。」と名前を訂正されました!!え!?と手元の資料をよく見ると、〇〇は先生の名前じゃん……!(汗)先生に君付けしてしまった~!!普段は学生にも「さん」付けしているのに、なぜかその場だけ「くん」で呼んでいたので余計に申し訳ない!!苦笑いで取材を続けました、とさ。。(編集部おぜき)

 

NEW!!◆EPISODE2◆
唐揚げを電子レンジで温めていたんです。チーンと鳴って、取り出すときに皿の淵に手を触れて、思わず「あっつ!」と叫びました。しかし、実際は全然熱くなくて、咄嗟に間違えたことに焦ってしまい「いや、ぬっる!」と叫び直しました。しかし皿がぬるいなんて表現はない。ただ皿が油でヌルヌルしていただけなんです。だから「熱くもぬるくもなくて、ヌルヌルしてるんだわ…」といちいち言い訳しました。この間、終始一人。独り言にも訂正を入れてしまうほどの妙に生真面目な性格に、自分で嫌気がさしました。すこしはぬるく生きていきたい。(編集部さかい)

 

◆EPISODE.1◆
先方へのメールで、「部長に報告いたしました」という文面を誤って「武将に報告いたしました」としたまま送信してしまった! 戦国時代かよ![2018年クリスマス・イブ女子会からのやっちまった話より]

 

◆EPISODE.2◆
店員さんにナイフを頼んだら、ライムが運ばれてきた。そんなに滑舌悪かったかしら…!?。[2017年クリスマス・イブ女子会からのやっちまった話より]

 

…俺が言ったことは全部な、今俺が言おうとしてたことじゃないぜ!!(?)と慌てて訂正したくなる言いまつがい。あなたの2020年にもきっと一つや二つあるはず…。

 

と、いうように、衝撃や笑撃のやっちまったエピソードだけでなく、ちょっとしたトホホやうっかりなエピソード、なんでもOK(盗用は厳禁)! クリスマス・イブ女子会にご参加のみなさま、どしどしご投稿くださいませ。

 

〜<クリスマス・イブ100人女子会 Vol.8>にお申込みいただいた方へ〜

「2020年のやっちまった話」の投稿がまだの方は、女子部JAPAN編集部より送付したメールをご確認ください!

 

※プレゼント当選の発表は【12月24日開催】[オンライン]クリスマス・イブ100人女子会2020で行ないます。

(ちなみに…編集部のNEWやっちまった話&過去の傑作選は数日おきに公開しています。ぜひほかの回も読んでみてくださいね!)

share
page top