Catevory
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

【アラフォー女子のからだ百科:白髪編③】 白髪が目立ちにくヘアスタイルはある? 白髪ヘアを素敵に提案する、えがお美容室さんに聞いてみました!

こんにちは。女子部JAPAN(・v・)のアリです。

アラフォー女子の悩みについて、パーツごとに取り上げてお届けする『アラフォー女子のからだ百科』。第一弾は「白髪」について深掘りします。

歳を重ねると、だんだんと増えてくる、厄介な白髪の存在……。自分が歳を取ってしまった証のようで、ネガティブに捉えてしまう人も多いかもしれません。でも、加齢による白髪を予防することは難しいし、一度白髪になってしまうと、再び黒髪に戻ることはほぼありません。だったら、できるだけ目立たないような対処法を実践して、ポジティブに過ごしたいものです。

そこで今回は、シニア世代に人気のサロン『えがお美容室』さんに、白髪が出はじめた時期におすすめのヘアスタイルや、ちょっとした白髪隠しのテクニックについて聞いてみました。

(テキスト:女子部JAPAN編集部アリ/イラストレーション:オギリマ サホ)

白髪①はこちらから!
【アラフォー女子のからだ百科:白髪①】 白髪ってなぜ生えるの? もう黒髪には戻らない? アンチエイジングの専門医・浜中聡子先生に聞いてみました!

白髪②はこちらから!
【アラフォー女子のからだ百科/白髪編②】 白髪染めはどう選ぶ? 自宅で行う時の注意点は? エイジングケアに詳しい美容師さんに白髪のホームケアについて聞いてみました!

 

<お話を伺ったのは…>

えがお美容室さん

巣鴨にある、シニア世代のためのヘアサロン。白髪の悩みやケアの方法に詳しく、さらにグレイヘアの楽しみ方をさまざまな角度から提案。美容室と併設されたセレクトショップ『えがお洋品店』では、ファッションアイテムや小物を販売していて、トータルコーディネートも提案してくれる。

えがお美容室さんの公式ホームページはこちら

えがお美容室さんのInstagramはこちら

 

 

白髪がちらほら出はじめた頃は
明るめカラーやメッシュでおしゃれに隠す!

白髪は一気に増えるというよりは、徐々に増えていくのが一般的。ちらほら出はじめた頃は、まだ白髪染めをする段階ではないですが、どうしても気になってしまうものですよね。白髪は抜かずに根元で切るのが、美容師さんがおすすめしている正しい対処法。ただし、白髪は黒髪よりも乾燥して固くなっているそうなので、伸びてくると短くツンツンと立って、かえって目立ってしまう場合もあるようです。

そこで、根元で切りたくないという人や、一本ずつ切るのが面倒という人は、おしゃれ染めでの対処法がベストとのこと。スタイリストの向井さんによると、おしゃれ染めなどで髪のトーンを明るくするだけでも、白髪はずいぶんと目立たなくなるそうです。

とくに黒髪の人は、黒髪と白髪のコントラストが大きいので、より目立ちやすくなってしまいます。でも、髪色をおしゃれ染めで明るくすれば、そのコントラストが小さくなるので、白髪が目立たなくなるというわけです。

フェースラインやトップなど、白髪が目立つ場所だけをポイントでカラーリングしたり、表面上にメッシュカラーを入れたりするのもおすすめだとか。髪の表面にすじ状に明るい色を入れることで、表面の白髪が目立たなくなり、おしゃれに白髪を隠すことができます。


写真提供:えがお美容室さん

<ここがポイント>

「手早く白髪を隠したいときに、マスカラタイプの白髪隠し用ヘアマニキュアを1本持っていると便利ですよ。白髪がちょっと気になるときや、フェースラインのツンツンと短い白髪が気になるときなど、お出かけ前にサッと使えます。シャンプーをすれば落ちるので、髪への負担も少ないですね。ただし、雨や汗など水に弱いので、白髪が気になりだした頃の一時的な対処法として活用しましょう。」

最近ではさまざまな白髪用アイテムやカラーリング技術が進化していて、白髪が出てきたときの対処法にもいくつかの選択肢があります。自分と合うものをうまく取り入れて、それをおしゃれとして楽しむぐらいの気持ちでいられるのが理想ですね。

 

ナチュラルに隠したいなら、ヘアスタイルをチェンジ!

カラーリングやマニキュアのほかにも、白髪を目立たなくさせる方法があります。それが、ヘアスタイルを工夫してみること。

向井さんによると、とくに白髪が目立ちやすいのが、前髪がアップになっていたり、分け目がくっきり分かれているスタイル。そこで、前髪を作ってトップに動きとボリュームを出したり、分け目をジグザグに取ってぼかしたり、ちょっとした工夫をしてみましょう。


<ここがポイント>

「少し段を入れて動きをつけてあげると、表面の髪が揃っているよりも、白髪が目立ちにくくなります。そういう意味でも、ショートカットはトップの動きを出しやすいスタイル。ほかにも、白髪が比較的少ない部分に分け目を変えてみるのも効果的です。分け目を変えるだけでも、だいぶ印象が変わりますよ。」

また、ロングヘアの場合は、根元を立ち上げるようなスタイルがGOOD。根元がぴたっとしていると白髪が目立ってしまうので、カーラーなどで巻いてふんわりとボリュームを出すといいそうです。

今のヘアスタイルに合わせて工夫してみてもいいですし、これをきっかけにイメージチェンジでスタイルを変えてみるのもいいですね。

 

頭皮の老化は20代から!?
白髪が出る前にはじめたい頭皮ケア

白髪が生えはじめる場所や量などは個人差が大きいですが、フェースラインと頭頂部は比較的多い傾向があります。向井さんによると、フェースラインと頭頂部は血流が滞りやすい場所のため、白髪もこの場所に最初に生えてくることが多いのだとか。頭皮の血流が滞ってしまうことで、白髪が生えてきたり、薄毛につながってしまうことも考えられます。そこで、家でも簡単にできる頭皮マッサージはおすすめだとか。


<ここがポイント>

「頭皮マッサージは、髪と頭皮の健康のためにもおすすめです。毎日シャンプーをする時に、フェースラインと頭頂部を中心に、地肌を動かすようにしましょう。頭皮を上へ持ち上げたり、後ろに引っ張ったりしながら、頭皮を大きく動かすようにマッサージします。」

向井さんによると、頭皮の老化は20代からはじまっているそう。白髪など悩みの少ない20〜30代では、なかなか頭皮のケアまでは考えられないかもしれませんが、白髪が出てしまってからでは、もう黒髪にも戻りません。予防をするという意味でも、できるだけ早い時期から、頭皮ケアやマッサージを行いたいですね。

 

 

白髪が増えはじめてしまうと、どうしてもマイナスに考えてしまいがち。でも、最近は手軽に白髪を隠せるアイテムもいろいろありますし、おしゃれ染めやメッシュカラーなどで、おしゃれを楽しみながら白髪を目立たなくすることもできます。

白髪が出はじめて「嫌だな……」「どうしよう」と迷っている人は、何かアイテムを試してみたり、新しいヘアスタイルに挑戦するなど、一歩踏み出してみるチャンスです。もしかしたら、白髪がきっかけで、ちょっと違った自分に変身できるかも!? ぜひ、自分に合ったアイテムや対処法を見つけてみましょう。

 

WEBで!リアルで!おしゃべりしよう 全国の女子部員、募集中! <登録無料><年齢不問>
share
page top