Catevory
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

あなたにぴったりなワーケーションとは? モヤモヤもこれで解決!? フローチャートで自分の働くスタイルを見つけよう

こんにちは、女子部JAPAN(・v・)のおぜきです。

最近よく耳にする「ワーケーション」という言葉。メディアでもよく取りざたされていますが、みなさんは「ワーケーション」をやってみたことはありますか?

そもそも「ワーケーション」という言葉自体、仕事(ワーク)と休暇(バケーション)があわさったものということで、定義自体もあやふやな感じ。自由度が高すぎて、「一体どうすればいいのか分からない」「何から用意すればいいのか分からない…」と、ワーケーション迷路に迷いこむ人や団体が続出しているとかいないとか。

今回は、ワーケーションにまつわるモヤモヤを解決すべく、1月末に開催された「オンラインシンポジウム」の様子と、あなたにぴったりなワーケーションスタイルが見つかる「ワーケーションフローチャート」をご紹介!これであなたもワーケーションへの第一歩を踏み出せるかも!?

ワーケーションを細分化した「フローチャート」で、あなたにぴったりな滞在スタイルを発見!
女子部では、昨年11月に2回ほど、ワーケーションのモニターツアーを実施しました。
 
★ワーケーション・レポート記事はこちら
 
極めて「ゆる~いワーケーション」実験をもとに得たもの、見えてきたもの。それは・・・「がんばらない」という視点でした。
そして見えてきた、いくつかのワーケーションタイプ。心理面から、あなたにぴったりなワーケーションのスタイルをご提案しちゃいます!各項目に答えていくだけで、働き女子それぞれに適したワーケーションの形が見つかりますよ。
 
Q1からスタートし、Yesの場合はピンクの矢印を、Noの場合は青の矢印に進みます。
私は「メリハリ重視ワークライフバランス派」でした。確かにあっているかも!みなさんはどのタイプでしたか?ぜひ参考にしてみてくださいね。
 
ワーケーションに関するモヤモヤを激論!オンラインシンポジウム

上記のフローチャートが紹介されたのは、ワーケーションにまつわるモヤモヤを徹底的に討論するオンラインシンポジウム。2021年1月31日に開催された、地域スポーツコミッション「ウェルネスポーツ鴨川」×女子部JAPANのコラボ企画です。

この日は緊急事態宣言中ということで、残念ながらオンライン開催となりましたが、女子部のこばなみ部長もパネラーとして出席。昨年11月に実施したワーケーション・モニターツアーで感じたワーケーションに対するモヤモヤや現状の課題、そして今後のワーケーションの可能性などについて真剣に語り合いました。

<パネラー紹介>

・ミノシマタカコ/フリーライター・ウェブ編集・狛犬愛好家

・山下 慶子/フリーランス・熊本県上天草市在住  

・小林 奈巳/女子部JAPAN(・v・)代表

★房総サイクルサミット「がんばらないワーケーション」クロストーク動画はこちら
 
パネラーと、主催のウェルネスポーツ鴨川の専務理事・岡野大和さん、城西国際大学の渡辺淳一教授とともに始まったワーケーション・クロストーク。日頃からほぼワーケーションのような生活を送っているメンバーだけでなく、最近東京から熊本県に移住したメンバーもいて、ワーケーションに対する広い視点で意見が飛び交いました。
 
テーマはズバリ!「がんばらないワーケーション」。女子部JAPANが昨年11月に実施した2回のテストケースを例に、それぞれのワーケーション体験談をはじめ、参加者の気付き、改善点など、実際にワーケーションをしてみた視点から、ワーケーションが分析されていきます。
その結果、ワーケーションが日本人の働き方の一つとして受け入れられるために不可欠な指針は、「‟がんばらない”ワーケーション」なのではないか…!?
 
確かに「ワーケーション」という言葉自体、仕事(ワーク)なの?休暇(バケーション)なの?とあやふやなもの。自由な働き方の一つであるはずなのに、「ワーケーションをしなければならない」と言われると、急に窮屈に感じてイヤになってしまう。その気持ちよくわかりますよね!
 
だからこそ、「がんばらないワーケーション」という考え方は、ワーケーションが無理なく日本に浸透するために、また、ワーケーション参加者が仕事も休暇も両方を良い感じに取り入れるためにも必要となってくるのかもしれません。
 
「がんばらないワーケーション」についての詳しい分析は、動画でチェックしてみてくださいね。
 
 
日本における「ワーケーション」が私たちの生活に定着するには、まだまだ多くの課題がありますが、働き方の一つとしてだけでなく、観光における新たな形、そして地域活性化など、広がりや可能性もたくさん秘めているように感じられた1時間半でした。
数年後にはワーケーションが当たり前の働き方になっている!…かも? 
share
page top