Catevory
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

Sponsored Contents やりきったら、ほっこり!?ゆるネタを楽しむ「ラムネ」イベント②ゆるネタ20連発編(ラムネ×女子部JAPAN)[2021.3.13]

去る3月13日(土)、ゆるネタを楽しむアプリ「ラムネ」と女子部JAPANの合同オンラインイベントが開催されました。午前の部は「焼きそば、ソース以外の食べ方大検証!」、午後の部では「ゆるネタ20連発やってみ隊!」を実施しました。

今回は、午後に行ったイベント第二弾「ゆるネタ20連発やってみ隊!」の様子をご紹介します!

ゆるネタアプリ「ラムネ」とは?

ラムネ」は、3秒からでもスキマ時間に楽しめる小ネタが詰まったアプリ。※2021年3月現在は、iPhone(iOS)でのみの提供となっています。)

「くだらない特別」をテーマにしたいろいろなお題に対して、みんなの投稿を見たり、自分で投稿したりして、ちょっとした時間にリフレッシュすることがます。気分の温度感にあわせて、ON/OFFのスイッチを切り替え、今の気分にマッチするネタと出会えるのポイント。

これまでも女子部JAPANでは、出張部活「ラムネ」部を実施するなど、一緒に活動してきましたが、今回は、オンラインのコラボイベントというかたちで開催されました。

ラムネアプリ

インストールはこちらから ※ただ今、iPhone版のアプリのみ提供中です。

今回のチャレンジは、ゆるネタ20連発!
 

参加者の自己紹介後に始まったのは、2時間のイベント開催時間中に「ゆるネタ20連発」するという、ゆるいのか、過酷なのか、体験する前は想像もつかないチャレンジ! みなさん、よく参加されました。本当に勇者です。

チャレンジの内容は、次の通り。

1.今の気分を数値化(お疲れ度●%/やる気度〇%)
2.窓を開けて深呼吸
3.「がんばるぞー!」と声に出しながら、腕を上げる
4.ラジオ体操をやる
5.スクワット20回
6.要らないものを一つ捨てる(アプリなどても可)
7.今週頑張ったことを書き出す
8.今月中にやりたいことを一つ書きだす
9.ちょっとハッピーになれる、自分へのご褒美を考える
10.あなたなりの息抜き方法は?
11.会いたい人に連絡する
12.待ち受け画面を変える
13.癒し写真、動画を1分間堪能する
14.コロナ後やりたいことを10個書き出す
15.ワクワクする夕食メニューを考える
16.古靴下のセカンドライフを考えてみる
17.⑯で考えたものをラムネに1投稿する
18.「失敗したー!」って時に、少しだけ前向きになるまでの儀式を考える
19.編集部とじゃんけん対決(右手は勝ち・左手は負けに)
20.今の気分をもう一度数値化

すべての様子は紹介しきれないので、インパクトのあったお題をご紹介します。

みんなで一緒にラジオ体操!

声を出したり、少しカラダを動かしたりした後にやってきたのは4番目のチャレンジ「ラジオ体操」。共有されたZOOMの画面を見ながら、一斉にラジオ体操に取り組みます。

 

画面では一斉に動いているから違和感が少ないですが、きっと家の中ではちょっとシュールな世界が繰り広げられていたのかも……。でも、大きくカラダを動かしたことで、参加者の表情がワントーン明るくなりました!

今月中にやりたいことを書き出していたら……!?

7番目のお題は、「今月中にやりたいことを書き出す」というもの。紙に書いて画面で見せられない人は、チャットに書き込んでもらったのですが……

お誕生日の方に対して、参加者の方が自主的「おめでとう」というシーンが!

ほかにも、イベント進行の横で参加者同士がチャットでコメントし合うことも多く、ネタを通じて交流が生まれたのが印象的でした。

靴下のセカンドライフを考えて「ラムネ」に投稿!

いろんなネタチャレンジの中には、実際に「ラムネ」へ投稿するものも。

17番目のチャレンジは、16番目のネタ「古靴下のセカンドライフを考えてみる」で考えたアイデアを、「ラムネ」へ投稿するという内容。ラムネ編集部のいっしーさんの説明を聞いたり、コメント機能を使ってみんなで支え合ったりしながら、実際に投稿をしてみました!

「ラムネ」アプリ上から、イベント中に投稿したネタが見られるので、ぜひチェックしてみてくださいね!

最初に書いた「気分」はどう変わった!? 

イベントの1つめのお題は「今の気分を数値化」するというものでした。

特定の「○○度」というのは設定されていなかったため、みんなそれぞれの感性で好きな「○○度」を指定していきます。女子部JAPANの部長こばなみは、イベントのお題にあわせて「なんかやりきりたい度」と「おつかれ度」を発表していました。

そして20連発の最後のお題は、この「○○度」がどのように変化したのか発表するというもの。みなさん、最初に書いた紙に、20連発チャレンジを乗り越えたあとの気持ちをぶつけます。

参加者のひとりは、チャットに気分を書き込んでくれていたのですが、疲れ度が93→25と大激減! イベントで話していたら楽しくなって疲れが抜けたそうです。ラムネ編集部のいっしーさんはチャレンジに含まれていたさまざまな運動のおかげで肩こり度がダウンしたとのこと。同時におなかも減ったそうで、みんなをほっこりとさせてくれました。

ゆるネタ20チャレンジ完遂!

ゆるネタゆえに、楽しく全員で無事20連発チャレンジを完遂。みなさん、終わった後は表情から「やりきった」があふれていました。

ゆるネタの楽しさを実感できた今回のイベント。ゆるネタアプリ「ラムネ」を開くと、いつでもいろんなネタで楽しめますよ。ぜひ試してみてくださいね。

ラムネアプリ

インストールはこちらから ※ただ今、iPhone版のアプリのみ提供中です。


今回のイベント開催に際しまして、下記のWeb用ライトをお借りしました。

https://direct.sanwa.co.jp/ItemPage/200-DGCAM019

協力:サンワサプライ株式会社さま

※こちらの商品は、サンワダイレクト限定販売商品です。

share
page top