Catevory
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

【キニなる記事をまとめヨミ】知っておくと知らないとではきっと違う!防災TIPSと防災アプリ、普段からスマホを味方につける方法も

過去の記事の中から、テーマごとにピックアップして見てみる「キニなる記事をまとめヨミ」。今回は、防災にまつわる記事のまとめ読み企画です。震度7を2回記録し、270人以上が犠牲になった熊本地震から5年が経ったこの春。今一度、防災について学びなおしてみませんか。

(テキスト:女子部JAPAN (・v・) さかい)

 

関心も高まる、学べる擬似体験
大地震のとき、どう行動する? 「そなエリア東京」で、首都直下地震を想定した防災体験をしてきました!(2021.03.05掲載)

いざというときに、よりよい行動や選択ができるように、首都直下地震を想定した防災体験ができる施設「そなエリア東京」。ここで編集部メンバーが体験してきたレポート記事です。

体験したのは、「東京直下72h TOUR」というプログラム。マグニチュード7.3、最大震度7の首都直下地震が起きた想定で、地震の発生から避難までを体験できる学習ツアー

メンバーの感想がこのツアーのリアルさや体験することの影響力を物語っています。実際にそれぞれが防災への関心を高め、知識や知恵も習得することができました。なかなか出向くことができない今だからこそ、記事を読むことで追体験してみては。

 

知っておきたい、やっておきたい
大地震に備えて! 私たちが学んだ今すぐ役立つ防災TIPS2021.03.11掲載)

編集部メンバーが行ってきた「そなエリア東京」は、学習ツアーだけではなく、防災にまつわる情報をたっぷり知ることができる施設。「これは覚えておきたい!」と思う知識も盛りだくさんなのです。

こちらの記事では、「そなエリア東京」で学んだことを踏まえて、大地震に備え、編集部が今すぐ知っておきたい・やっておきたいと思ったアクションをご紹介。

身近にあるもので災害時を乗り越えるテクニックや、今準備しておきたい防災グッズ、女性なら備えておきたい防災グッズなどをまとめております。防災準備をするときに、この記事で紹介した知識を役立ててもらえるとうれしいです。

 

いざという時、スマホを強力な味方に!
【2021年最新版】災害に備える&災害時に役立つ! スマホの使いこなし術10(2021.03.09掲載

スマホは災害時にとても便利なツール。あらかじめ準備をしておくことで、いざという時にきっとその能力を最大限に発揮できます。こちらの記事では、災害への備えで知っておきたい、スマホの10の使いこなし術をご紹介しています。

スマホで普段から備えておきたいことから、災害が起きたらすぐに実践したいことまで。

いつどこで災害に遭遇しても、大概はスマホを携帯しているはず。だからこそ、スマホを頼ることができるように、ここで知識をつけておきましょう。

 

こちらの記事では、災害に備えてインストールしておきたいスマホの災害系アプリ7選をご紹介。

防災の知識を身につけておくアプリや、全国の避難所を案内してくれるアプリ、災害時の情報を得るためのアプリ、緊急SOSを発信することができるアプリなど、スマホに入れておいて損はないものばかり。

編集部内でのリアルな声も参考にしてみてください。

 

知っているのと、知らないのとでは、きっと大違い!

今だからこそ、備えよう

いつかは訪れるかも…、でもまだきっと大丈夫。そんな日々を過ごしていませんか?災害はいつなんどき起こるかはわかりません。ご紹介した記事が、一人ひとりの防災のためのアクションを起こすきっかけとなってくれたら…と願っております。

女子部JAPAN(・v・)では、万一の場合に備えておきたいポリ袋『アイラップ』について取材をしたり、2019年の台風15号で被災した方に取材をしたことも。こちらも参考にしてみてくださいね!

<防災の関連記事>

ただのポリ袋じゃない! 万一に備えておきたい『アイラップ』、サメ部長に突撃インタビュー 

 

万一の災害時にあわてないために!ガスコンロ1つでできる『アイラップ』調理に挑戦!

 

台風15号から考える、わたしたちにできる防災・支援って? 鴨川市在住の友人に聞きました。

 

【グッとくるグッズ】備えて安心。暮らしにとけこむオシャレな防災グッズ5選

 
share
page top