Catevory
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

【アラフォー女子のからだ百科:胸①】 最近、バストの位置が下がってるかも!? “たれ乳”を天然ブラジャーで補強するエクササイズを美乳研究家・MACOさんに教えてもらいました

こんにちは。女子部JAPAN(・v・)のアリです。

アラフォーを過ぎた頃から、ふと自分の姿を鏡で見て、「あれ?今までとなんか違う……」と思ったことはありませんか? そのひとつが、たれ乳問題! 女子部JAPAN編集部内でも、「バストが全体的に降りてきてる」「胸の上のボリュームがなくなってきた」といった声が飛び交いました。

年齢のせいだから仕方がないと思うのは、まだ早い! 今からでもできることはきっと何かはあるはず!! ということで、今回は胸のエイジングケアを深掘り。まずは、小顔と美乳のメソッド「こがおっぱい」を提唱している、美乳研究家のMACOさんに、手軽にできる垂れ乳予防のエクササイズを教えてもらいました。

(テキスト:女子部JAPAN編集部・アリ/イラストレーション:オギリマ サホ)

 

 

<お話を伺ったのは…>

美乳研究家 MACOさん

小顔と美乳のメソッド「こがおっぱい」を提唱。美乳研究家、性教育専門保育士。大学を卒業後、会社員からプロボクサーへと転身し、その経験を生かしてスポーツインストラクターに。現在は美乳研究家として活動しながら、小顔&美乳サロン「MALOOVE」主宰、商品開発のプロデュース、タレント活動などを行う。著書に「こがおっぱい」(ワニブックス)、「つけナイトブラ®」(主婦の友社)、「ママになっても美おっぱい」(PHP研究所)などがある。

MACOさんの公式ホームページはこちら。

 

“たれ乳”予防は美姿勢から!
一石三鳥の簡単エクササイズ

そもそも、どうして歳を重ねると、胸が下に下がってくる“たれ乳”になってしまうのでしょう。

原因の1つは、30代後半頃から、出産経験の有無に関わらず女性の胸は少しずつ乳腺がしぼんでいき、そのせいでハリがなくなっていくため。乳腺がしぼんで脂肪に変わることで、ますます胸が柔らかくなってしまうのです。また、年齢を重ねていくと、肌自体の弾力や筋力も衰えます。これらのさまざまな条件が重なることで、胸が垂れたり、形が変わってきたり、触った感触が変化してくるのです。

MACOさん曰く「一度しぼんでしまった乳腺を蘇らせることはできませんが、エクササイズやストレッチなどのケアをすることで、バスト周辺の筋力を鍛えることはできます」。実は、バストと姿勢はとても密接な関係があり、肩を正しい位置にすることで、自然とバストトップの位置もアップして見えるとのこと。まずは、背中の僧帽筋を鍛えるストレッチからはじめましょう。

「僧帽筋を鍛えて美乳&美姿勢をつくる」の動画はこちら。

<ここがポイント!>

「エクササイズは、1日に何回やってもらってもいいですよ! 朝に行うと、代謝が上がるのでとくにおすすめです。猫背の人はとくに、最初は筋肉痛になるかもしれませんが、だんだんと背中まわりが柔らかくなってきて、動かしやすくなってくると思います」

今はリモートワークで、知らないうちに猫背になってしまっている人も多いそう。長い時間同じ姿勢になっていると、どうしても背中が凝り固まってしまいます。ぜひデスクワークや家事の合間などにこのエクササイズをやってみましょう。ちなみに、エクササイズを行うときは、どんなブラジャーをしても問題ないそうです。

 

<ここがポイント!>


「私は、美乳と美しい姿勢、そして小顔は全部セットだと思っているんです。このエクササイズで背中の僧帽筋をほぐして柔らかくすれば、自然と姿勢がよくなって、そうするとバストの位置もアップします。このエクササイズは、一石三鳥ぐらいの効果がありますよ!」

バストアップというと、どうしても胸のある前側の筋肉にフォーカスしがちですが、実は背中側の方が重要なのだとか。背中側を鍛えることで自然と姿勢がよくなり、トータルで若々しく見えるのだそうです。

 

胸の奥の小胸筋を刺激して、
天然のブラジャーを作る!

“バストアップ”と聞くと、サイズを上げることだと捉えらる場合もありますが、MACOさんが考える“バストアップ”とは、美しいバストにするということ。垂れている胸をアップさせたり、離れてしまったバストを寄せたりと、見た目の美しさを重視しているそうです。

できるだけ自分の筋力で胸が垂れるのをキープするために、ちょうどブラジャーのストラップ部分あたりにある、小胸筋を刺激するエクササイズをしてみましょう。

「天然のブラジャーをつくるストレッチ」の動画はこちら。

<ここがポイント!>

「このエクササイズをすることで、胸の奥にある小胸筋が刺激されるんです。ここをしっかり伸ばしてあげることで筋肉が収縮して、バストを引き上げる力を高めることが期待できますよ。このエクササイズを継続すれば、まさに“天然のブラジャー”を作ることができます!」

 

 

バストの土台を作って、
ひらべったい胸におさらば!

次は、バストの土台を作ってあげるエクササイズをご紹介。

バスト自体はほとんどが脂肪なので、もちろん鍛えることはできません。そこで、胸の一番奥にある大胸筋を鍛えることで、バストの土台を作るというイメージだそう。すると、バストに厚みが出てきて、胸の位置が上がったように見えるのです。

とくにアラフォー世代は、バストの上の部分が年齢とともに削げてきて、平べったくなってしまう人が多いですよね。そういった悩みも、このエクササイズが有効なのだとか。

「大胸筋を鍛えてバストの土台をつくる」の動画はこちら。

<ここがポイント!>


「このエクササイズをすると、胸の奥の大胸筋に効いてきます。よく、大胸筋を鍛えるのに腕立て伏せをする人がいるのですが、正しいフォームで行わないと、肩周辺がたくましくなってしまうんです。大胸筋だけに効かせるためには、このエクササイズが最適です。ポイントは、肘だけをくっつけること!」

これを10回ぐらい、キツければ8回ぐらいでもOK。毎日1回行えれば理想的ですが、MACOさんのエクササイズは継続することが大切。週に2〜3回程度など、無理なく継続してできるペースで行いましょう。

 

「何もしなければ垂れていく一方ですが、正しいケアをすることで、何歳からでも美しいバストは作れる」とMACOさんは言います。この3つのエクササイズは、すべて座ったままでもできるので、仕事や家事の合間でも気軽に行うことができますよ。バストの位置をアップさせるだけでなく、美しい姿勢にもつながる今回のエクササイズ、ぜひ試してみてください。

次回は、MACOさんにマッサージ編を教えてもらいます。

 

 

WEBで!リアルで!おしゃべりしよう 全国の女子部員、募集中! <登録無料><年齢不問>
share
page top