Catevory
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

【女子のホンネ調査】女子同士でも話題にしにくい”デリケートゾーン”のこと。今のお悩みは? 何か対策してる??

アラサー、アラフォーシングルを主軸とした女子部員たちの本音を探る「女子のホンネ調査」。今回は、7月3日に開催したオンラインイベント「ご自愛フェス2021〜フェムテック で全身アップデート〜」でもコンテンツとして取り上げた、”デリケートゾーン”がテーマです。
親しい友人や家族にも相談しづらいこのテーマ。実は密かに悩んでいる…という人や、得に意識をしたことすらなかった、という人もいると思います。

女子部JAPAN(・v・)部員のみなさまにご協力いただいた調査結果を見たら、「私だけじゃないかも」と少しだけ気持ちが軽くなる…かも? 気になる方は要チェックです!

(テキスト:女子部JAPAN(・v・) さかい)

 

Q. デリケートゾーンのお悩みは?

(女子部JAPAN(・v・)メルマガ調査/回答者65人/調査期間2021年6月)

 

多かった回答は、アンダーヘアの処理、かゆみ、においと続きました。アンケート実施期間が初夏という季節柄も関係しているのかもしれません。

コメントを見てみると、その対策も人それぞれ。ただ悩むばかりで対策が練れていない…という声も聞こえてきました。では、それぞれのコメントをご紹介していきます。共感できる意見、参考になる意見が見つかるかも?

 

みんな何かと悩んでる。
専用アイテムを取り入れている人も

《お悩み:アンダーヘアの処理》

VIO脱毛通ってますが、なかなか減りません。(taguさん/30代)

専用のシェーバーを使うようにしています。(ゆうさん/30代)

 

《お悩み:かゆみ》

生理中は吸収型ショーツを使うようにしました。ひどかったときは婦人科で薬を処方してもらっていたのですが、何度も繰り返すので、結局はできるだけむれないように、清潔に保つようにするしかないのかなと。(あもさん/30代)

フェミニーナ軟膏を使っている。(むーむーさん/30代、ynさん/20代)

フェミルテクリームを使っている。(chingtomoさん/40代)

 

《お悩み:におい》

デリケートゾーン用のソープを使っている。(shizukaさん/30代)

いい方法があれば知りたい。拭き方が分からなくて、強くこするからか、よくでき物が出来て激痛。デリケートゾーンにでき物がが出来た時医者に見せるのが恥ずかしい。自分が清潔でないのかと不安になる。繰り返しできるので何とか治したい。(kikaさん/40代)

 

《お悩み:尿もれ》

生理に関係なく常にナプキンを付けている。(のぞみさん/30代)

尿もれパットを使用。(メロンさん/40代)

 

《お悩み:乾燥》

保湿剤を塗るようにはしてますが、黒ずみも気になる。(れいにゃんさん/20代)

 

7月3日に開催したオンラインイベント「ご自愛フェス2021〜フェムテック で全身アップデート〜」では、デリケートゾーン専用のクリームやソープのご紹介もありました。参加者全員に配布されたキットの中にも試供品が入っていたので、使用してみてにおいや乾燥に効果を感じている方もいらっしゃるのでは。

尿もれに関しては、アイテムでカバーするだけでなく骨盤底筋を鍛えることで改善されていく道も。産婦人科専門医・医学博士であり、ヨガの指導者としても活躍中の高尾美穂先生にお話しを伺った記事が参考になるはずです!

生理時はとくに、ムレることでかゆみが増してしまうこともありますよね。上記コメントのあもさんのように、吸水ショーツを取り入れてみるのもよさそうです。女子部JAPAN(・v・)では実際に編集部メンバー&部員がお試しし、使用感をじっくりレポートした記事も。気になる方は要チェックです!

 

期待が高まるのは
骨盤底筋トレーニングや、更年期向け商品!

そのほかのコメントを見てみても、いずれも暑い季節に悩みが深まりそうな問題ばかりでした。けれども、泣き寝入りすることなく改善していきたいですね。

女性が抱える健康問題をテクノロジーで解決しようとするモノ・サービスである「フェムテック」のアイテムが次々登場しているいまだからこそ、これまでのお悩みを打破する道が見えてきそう。

女子部JAPANでは、デリケートゾーンにまつわる記事を不定期で発信中です。上記のようなお悩みの解決につながる情報も含まれているかも…。ぜひチェックしてみてくださいね。

WEBで!リアルで!おしゃべりしよう 全国の女子部員、募集中! <登録無料><年齢不問>
share
page top