Catevory
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

【アラフォー女子のからだ百科:デリケートゾーン①】たった1分のすきまエクササイズで、更年期にミラクル!? ちぇぶら代表・永田京子さんの「骨盤底筋エクササイズ」

こんにちは。女子部JAPAN(・v・)のアリです。

アラフォーの女性のからだについて深掘りするシリーズ、今回のテーマはデリケートゾーン。どの世代にとってもデリケートゾーンにはそれぞれに悩みがあるとは思いますが、アラフォーを迎えると、その時期特有の悩みやトラブルが出てきます。

その要因の1つになっているのが、女性ホルモンの変化。アラフォー世代は、女性ホルモンが急激に変化することでカラダやココロにも変化が訪れる“更年期”についても少しずつ意識しはじめる頃ではないでしょうか。

そこで第一弾は、更年期をこれから迎える女子の悩みを軽減してくれる「骨盤底筋エクササイズ」をご紹介。2021年7月3日に開催した女子部JAPANのイベント「ご自愛フェス2021」で、NPO法人ちぇぶら代表・永田京子さんに教えてもらった動画とともに公開します。

 

<お話を伺ったのは…>

NPO法人ちぇぶら代表理事 永田京子さん

演劇活動後、ピラティスや整体、経略などの東洋医学を学ぶ。インストラクターとして活動するなか、40代の女性たちから聞く不調の悩みや、自信の母が更年期障害でうつになった経験から、更年期を迎える女性の健康サポートを目的とした「ちぇぶら」を設立。YouTube「ちぇぶらチャンネル」や漫才などユーモアある取り組みで更年期ケアをわかりやすく楽しく伝えている。新著に『はじめまして更年期♡』(青春出版社)。

 

 

更年期は“Change of life”
心と体に向き合うチャンス!

私たちは“更年期”と聞くと、どうしてもネガティブなイメージを持ちがち。「でも、海外では更年期のことを“Change of life”と呼び、人生の転機として前向きに捉えられている」と永田さん。そういう考え方、“なんだかいいなかも!”って思いませんか?

詳しくは過去記事をチェック!

生理会議♯2 <前編>ちぇぶら代表・永田京子さんと話し合う「生理の終わりと、その先のバラ色の世界」

アラフォーやアラフィフ世代以降は、女性ホルモンが減少することで筋力が低下しがち。尿もれや子宮脱(子宮の一部または全部が膣から脱出する症状)などの症状に悩まされる人が増えてきます。

だからといって「更年期は嫌だな……」「どんな症状が起こるのか怖いな……」と、更年期を恐れるのではなく、来たるべき時に備えて、今からできることをしておきましょう。

いざ更年期を迎えたときの自分の気持ちも、そして症状も、ずいぶんと違ってくると永田さんは言います。そこで、おすすめなのが「骨盤底筋エクササイズ」です。

「毎日コツコツとこのエクササイズを行うことで、骨盤まわりの筋肉をまるごと一度に鍛えることができる」と永田さん。骨盤まわりを鍛えることで骨盤のゆがみが整い、尿もれや子宮脱などの予防につながります。また、O脚や膝の痛みも改善も期待できるとか。

 

すきま時間でできる、骨盤底筋エクササイズの動画はこちら。

 

「たったこれだけ?」と思うかもしれませんが、実際にやってみると、ももの内側やお尻の筋肉などにけっこう効きます! まずは10回を1セットでやってみましょう。

このエクササイズは、立ったまま、場所を選ばずにできるのがいいところ! たとえば、エレベーターを待っている間や、電車やバスの待ち時間など、ちょっとしたすきま時間に行ってみてください。気づいたときにサッと行うなど、習慣になるといいですね!

 

誰にでもやってくる更年期を、どう迎えるかは自分次第! 更年期に備えて今からできることをしておきたいですよね。今回、永田さんに紹介していただいたのは、誰でもできる簡単な動きなのに、更年期の悩みを軽減してくれる、まさにミラクルなエクササイズ。

海外で広まりつつある“Change of life”という更年期の捉え方が、ぜひ日本でも広まるといいですよね。骨盤底筋エクササイズを取り入れることで、今と未来の自分の心と体に向き合ってみましょう。

WEBで!リアルで!おしゃべりしよう 全国の女子部員、募集中! <登録無料><年齢不問>
share
page top