Catevory
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

【女子のホンネ調査】失ったものと得たもの・その1 新型コロナの影響で、”失われた””崩れた”と感じることは?

こんにちは。女子部JAPAN(・v・)さかいです。

いろいろあった2021年もあとすこし。コロナで失われた〇〇〇を取り戻すべく、女子部JAPAN(・v・)も邁進中です。

こちら、アラサー・アラフォーシングルを主軸とした女子部員たちの本音を探る「女子のホンネ調査」では、”失ったもの”や逆に”得たもの”を部員の皆さまに問い、分かち合うべく、リサーチを続けております。 今回は、新型コロナの影響で、”失われた””崩れた”と感じること。

2020年がはじまる頃には、持っていたはずのあれやこれや。コミュニケーションやスキンシップ、体力や向上心、出会いや希望…、その他たくさんの選択肢の中から、選んでもらいました。

 

Q. 新型コロナの影響で、「失われた(崩れた)」と感じることは?

次点[票数]…ポジティブな心[20]、片付いた部屋[18]、家事への意欲[16]、好奇心[14]、家族愛[14]、健康[13]、表情[13]、集中力[7]、希望[7]、脂肪[7]、闘争心[6]、寛容さ[6]、食欲[5]、失ったものはない[4]

(複数回答)(女子部JAPAN(・v・)メルマガ調査/回答者145人/調査期間2021年10月)

「コミュニケーション」が1位となりました。当然の結果と言っていいでしょう。続いての2位は、「体力・筋力」。外出の機会が減ればおのずと動かなくなり減っていきがちな”力”ですね。続いては「出会い」。インターネットやSNSがこれだけメジャーなものになっていても、やはり出かけなければ出会えない、ということなのでしょうか。

では、具体的にどんなことが失われ、それがどう影響しているのか。部員のみなさまにコメントをもらいましたので、ピックアップしたものを紹介していきます。

 

コミュニケーションや出会い、スキンシップなど…人間関係にまつわるものを失ってしまった。

人との交流がなくなったのが一番悲しい。シングルマザーなので、家に帰ると子どもとしか話をしない。(Tさん/30代/シングル・子あり)

友だち。完全に失った訳ではないと思いますが、約2年もご飯を食べに行ったりしないと疎遠になりました。(Pさん/40代/既婚・子なし

人と話す機会が減って、会話が減り、いざ話そうとすると話題と語彙力を失った。(Eさん/60代/既婚・子あり)

友達をなくした。何しても外に出れないし誰とも喋らないし友達とも会えなくてほぼ休日は1人です。友達ともどうやって連絡すれば良いかわからなくなった。(Bさん/40代/シングル・子なし

”会う”ことをしていたからこそ、関係性が保っていられたという人間関係、ありますよね。多くの人の交友関係がコロナによって絞られて行っているのではないかなと思います。

また、「在宅せざるを得ないので、一人でいられる自由時間がなくなった。女子部イベントにも参加したいけどオンラインだと家族の目(耳)もあり自宅からは参加しづらい。早くこれまでみたいにリアルイベントに参加したいなー。(Sさん/40代/既婚・子なし)」という声も。出かけることで自由時間を得ていた人にとって、外出自粛はつらいものがありますね。一人の時間も、人との時間も、バランスよく持てるような生活に戻ること、切に願います。

 

体力、筋力…コロナ以前の体を、失ってしまった。

ジムでのトレーニングができない期間が2か月ほどあったときに筋量が落ちました。(Kさん/50代/既婚・子なし)

まともな体型を失いました。ぶくぶく太った、困ってます。(Mさん/30代/既婚・子なし)

とにかく筋肉。在宅勤務が多くなり通勤は運動になっていた事に気がつきました。久しぶりに会社に行くと筋肉痛になるのヤバすぎて部屋で出来る運動を模索中です。(Mさん/40代/シングル・子なし

美容への意識です。チーク、リップメイクはほぼなくなりました。この前免許証の更新があったのですが、すっかり忘れており、出来上がった免許証を見てがっくり…。目元のみ濃いメイクで顔の上下でまるで別人のようでした…。(Aさん/30代/既婚・子あり

移動するにも体力がいるもので、ほとんど外出しないとなると体力・筋力が衰えていってしまうものなのだ、と実感する声が多数。「体力がぐんと落ちてあまり歩けなくなった(Mさん/40代/シングル・子なし)」という切実な声も。美容というより健康のために、コロナ前の体力・筋力を取り戻せるよう努力する必要がありそうです。が、なかなか難しいものですよね…。(私は体重の最高記録を日々更新中です。一体どこまでいくのか!)

 

メイクへの意欲や、オシャレ心など…外見に関する向上心を失ってしまった。

在宅が多くて服への興味がなくなった。(Rさん/40代/既婚・子あり)

美容への意識です。チーク、リップメイクはほぼなくなりました。この前免許証の更新があったのですが、すっかり忘れており、出来上がった免許証を見てがっくり…。目元のみ濃いメイクで顔の上下でまるで別人のようでした…。(Aさん/30代/既婚・子あり

おしゃれをする機会がなく緊張感がなくなり、楽しみもなく、友達とも話す機会もなくなり、家庭だけでストレスが貯まるだけ。(Nさん/50代/既婚・子なし)

せめて部屋着をおしゃれに…なんて意識を高く保てている人はすごいですよね。リラックスできる服が主流になっているという人は多そうです。私もここ1年以上(太ったせいもあって)オーバーサイズの服ばかりだったのですが、先日久しぶりにパンプスを履いてみたら、痛くて痛くて…。ブラウスも着て出かけたら変に緊張して肩が凝るし…。それまで何気なく来ていた服が、結婚式の二次会にでも行くレベルで気張らないと着れなくなっているなと感じております。

 
余裕、愉しみ、休息も…日常生活のよりどころを失ってしまった。

外に飲みに行く事で家事を忘れる事ができ、心が休息したというふうに思えていたのにそれが出来なくなりました。(Nさん/40代/既婚・子あり)

旅行関係の仕事が多かったのでいくつかの継続的に関わっている仕事がなくなりました。(Tさん/50代/シングル・子なし)

旦那の残業がほぼなくなり金銭的余裕なくなりました。一円でも無駄遣いできません。(Kさん/50代/既婚・子あり)

休日は夫婦と愛犬で毎週ドライブしにいってドックランに寄るのが恒例でしたが、緊急事態宣言で自粛生活になり、人も犬も楽しみを失いました。(Yさん/40代/既婚・子なし)

心や金銭的な余裕と、やりがいのある仕事、そして休息や日々の愉しみを、一刻も早く、取り戻したいですね。コロナの収束を願うばかりです!!

 

失ってよかったこと、悪かったこと、
人それぞれの事情あり

今回のテーマは、少し沈みがちな内容となってしまいましたが…、いずれ失ったものを取り戻せるよう、少しずつ前を向いていけるといいですよね。女子部JAPAN(・v・)では「コロナで失われた○○○をどーん!とプレゼント」と副題をつけたクリスマスイブ女子会を企画中です。参加してくださる女子のみなさんがちょっとでも元気になれるよう、笑顔になれるよう、編集部一同頭をひねっております。

【女子のホンネ調査】の、失われたものを問うアンケート記事はまだまだ続きます。次回は今回の逆!コロナで得たものをリサーチした結果をお届けする予定です。また、デリケートな話に突っ込んだ記事も更新中。 ぜひチェックしてみてくださいね。

WEBで!リアルで!おしゃべりしよう 全国の女子部員、募集中! <登録無料><年齢不問>
share
page top