Catevory
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

【女子のホンネ調査】生理休暇の利用状況は? 仕事中に困ることは?? 女子を悩ます生理×仕事の関係

アラサー、アラフォーシングルを主軸とした女子部員たちの本音を探る「女子のホンネ調査」。 今回のテーマは、「生理×仕事」について。

女性であれば切っても切れない生理ですが、仕事への影響を感じている人も少なくないようです。 どんなに辛くても、生理休暇の制度を上手に利用できている人はほんのわずか。 生声を交えたアンケートの結果には、同じ女子として興味深いものがあるはずです。

2018年の調査結果と、4年経ち「働き方改革」が2022年の調査結果も比べてみましょう。

2018年の記事【担当者にトツゲキ】生理や更年期、ガマン=エライになっちゃってる?  女性の健康推進プロジェクをすすめる大塚製薬の西山さんに聞いてみた。 とも合わせて、ぜひごらんください!

(テキスト:女子部JAPAN(・v・) さかい)

※2017年10月3日に掲載した記事に加筆・再編集し、掲載しています。

Q. 生理休暇、利用したことがある?<2018年調査>

(女子部JAPAN(・v・)メルマガアンケートより/回答者30人/調査期間2018年5月21日〜6月6日)

 

Q. 生理休暇、利用したことがある?<2022年調査>

     

(女子部JAPAN(・v・)メルマガアンケートより/回答者130人/調査期間2022年2月)

 

そんな制度、うちの会社にはない!? あきらめモードの女子も多数

労働基準法68条には、「生理日の就業が著しく困難な女性が休暇(半日、時間単位でも可)を請求した時は、生理日に就業させてはなりません。」(厚生労働省)とあります。そもそもうちの会社には生理休暇の制度がない!と悲痛な叫びをあげている女子は、まずは社内制度を確認し直してみてもいいかも。

ただ、その取得率となると、令和2年でも1%を下回ったとか(厚生労働省「令和2年度雇用均等基本調査」より)。 表面化しにくい生理の辛さは、同じ女性でも個人差があり、社内で言い出しにくい雰囲気があることなども影響しているようです。

ここでは女子部員たちの職場での生理休暇についてのコメントを一部ご紹介。※コメントの後ろには(名前/年代/生理は重い?軽い?/調査年)を記しています。

  一応生理休暇という名前の休暇はあるようですが、使っている人は見たことがなく、とても使いにくいです。(さきっぽり/20代/重い/2018年)  

前職は生理休暇があったが無給だったため、自分も使わなかったし周りにも使ってる人はいなかった。(かな/20代/重い/2018年)  

学校職員をしているのですが、先生が1日休むこと自体、仕事上難しい。(じゅり/30代/軽い/2018年)

生理休暇取得を推奨しているが、上長(男性)に生理休暇の承認を得る必要があるため女性社員は利用していない。(ゆうちゃん/20代/どちらかといえば軽い/2022年)

今は専業主婦ですが前に働いてた会社では使用できました。でも使うと男性社員が嫌な顔をして使いづらかったです。前もって言って欲しい等無理な事を沢山言われてました。(たんぽぽ/30代/どちらかといえば重い/2022年)

  なんだか世知辛いですね…。これでは制度もあって無いようなもの。それでも一部では、生理休暇を乱用しているのでは!?と思われるような女子もいるとかいないとか。生理の辛さは周りからは確かめようがないのでなんとも難しい問題です。また、「前もって言ってほしい」と言われるというのは、男性が生理のことを正しく理解していればあり得ない発言ですね。なかなか埋まらない溝を感じます。

ですが、ここへきて前向きな方向へ進んできている職場もあるようです。

定期的に生理休暇がありますよ、とお知らせを流してくれる。リーダー達への教育が始まったらしい。また、生理休暇や不妊治療への福利厚生が手厚くなってきた。(あいすべあ/20代/どちらかといえば重い/2022年)

生理休暇を取得しても何も言われないし聞かれない。(そにゃん/40代/どちらかといえば軽い/2022年)

あいすべあさんもそにゃんさんも、共に生理休暇を利用したことがあるそう。制度があることをお知らせしてくれて、制度を利用したらしたで何も言われないし聞かれない、そんなあり方が理想的ですね。

ちなみに、今年2022年には、「職場で上司に”生理だから休む”と言うことができますか?」というアンケートも実施してみました。結果、言えるという人は18%のみ…。言えないという人は「上司が男性だから」という声がほとんど。逆に、「女性の上司にだけなら言える」という声は多かったです。けれども中には、「上司も女性だが、体調管理には厳しい職場なので逆に言いづらい」という声も。業種や職場の雰囲気も関係していそうです。

 

どれだけ仕事に励みたくても、 生理中や生理前はいろんな理由で集中力が低下している!?

ではでは、生理は仕事にどんな影響を与えているのでしょう。具体的にどんなことで困っているのかや、つらかったエピソードも集めてみました。

  医療関係なのですが、抜けられない仕事(とくに手術中)のときは数時間は交換できないので、漏れないかひやひやします。以前、仕事中にどうしてもナプキンを替えられず、まさかの漏れが。上司に指摘され、本当につらかったです。(さきっぽり/20代/重い/2018年)

  学校勤務なのでトイレに行けるタイミングが限定的なのが困る。同僚には膀胱炎になってしまった女性職員も…。(じゅり/30代/軽い/2018年)

  保育士なのでよく動くし、トイレに行く暇があまりないので、ナプキンだと不安。だけど、タンポンもあまり慣れてないので、結局は大きいナプキンをしています。(ぽりこ/30代/どちらかといえば軽い/2018年)

  立ちっぱなしの仕事なので、貧血になり座らせてもらうため仕事にならないこともある。(やっち/20代/どちらかといえば重い/2018年)

電話を取って担当者がいるか確認するのに立ち上がるときに、ドバっと出るのがツラいです…。あと、生理がひどいときはランチにガッツリしたものを食べると、午後必ず貧血になるのが面倒です…。(たぐ/30代/重い/2022年)

看護師の仕事が忙しく、中々トイレに行けなかった。下着に血液が付着したので仕方なくオムツを着用しやり過ごした。(にいぽん/20代/重い/2022年)

ひどい時は1時間でナプキンを交換しないとモレてしまう程量が多くて、それなのに2.3時間お手洗いに立てない状況の時にスカートも椅子も真っ赤に染まってしまったことがあります。立つことができなくて、人がいない隙を狙って上着やカバンで隠しながらトイレにかけ込みました。(たまご/40代/重い/2022年)

おならが出やすくなってデスクで緊張する。(かな/20代/どちらかといえば重い/2022年)

生理痛で仕事を休むと主人が冷たい。職場の中でも分かってくれないひとも多いかも。(のんのん/50代/重い/2022年)

  同じ女性なら同情してしまうコメントばかり…。このほかのコメントも、どれもこれもしんどさが伝わってきて、泣きそうになるほどでした。理解のない男性にぜひ読んでもらいたいものです。困りごとの内容としては、生理の重い軽いは関係なしに、まずは漏れやトイレのタイミングやにおいに不安を抱えている人も多いようです。それに加えて生理痛もあるとなれば、仕事になんらかの影響が出てしまっても無理はないですよね。  

 

一筋縄にはいかない「生理×仕事」問題。新しい生活様式で道も開ける?

女性には生理があるけれど、男性にも体調不良の日はあるもの。また女性でも生理の症状には個人差があり、同じ人でも毎回同じ具合とは限りませんよね。 今回のアンケートのなかには、「なぜか毎月休む人がいますがそもそも少し痛いくらいで平気でずる休みしているのでやめてほしい。我慢して行っているこっちは健康だと思われて休むことができない」という意見もきていました。「生理だから」と権利を振りかざすのではなく、個人同士が補い合って助け合いながら仕事を進めていくことができたら、軋轢も生まれないのではないでしょうか。

また、2022年のアンケートらしい声としては「今はリモートワークなので、そんなに困っていない。休日に外出するのに生理用品を忘れがち…」「ここ2年、テレワークが続いているので、生理痛が辛い人がいれば出勤とテレワークを交代できるのが有難いです」というものも。必要に応じてリモートワークができれば、生理中の仕事への不安も解消されそうです。

それでもなかなかスッキリとした解決法が見つからない「生理×仕事」問題。 【女子のホンネ調査】では、女子たちの忌憚なき意見を集めつつ、発信していければと思っています。 今後もお楽しみに!

WEBで!リアルで!おしゃべりしよう 全国の女子部員、募集中! <登録無料><年齢不問>
share
page top