Catevory
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

【F30プロジェクト】見ているのは女性活躍のその先。工場の女性管理職を10年前の6倍超にしたカルビーの視点。

2030年までに“女性活躍”という言葉がなくなる世界をめざして、働く女性リーダーを応援するF30プロジェクト。今回は誰もが知るあのカルビーさんにおじゃまして、ダイバーシティに取り組むお二人に話を伺いました。

( 取材・文:武田 明子/撮影:小松原 亜玲 )

 

カルビーさんに女性活躍についての取材をしたいと思ったきっかけは、noteで見つけたとある記事。カルビー公式noteに掲載されたその記事には、2012年はたった3人だった生産部門(工場)の女性管理職(課長以上)が、2022年には20人に増加した経緯が綴られていました。

 

ダイバーシティの最優先課題として女性活躍推進に取り組んできたカルビーさんですが、工場ではシフト制という大きな壁があり、女性管理職が特に少ない状況だったとのこと。これまで女性が昇格しにくかった生産現場で、どのように女性管理職を増やす流れをつくってきたのか。また、そのベースにある女性活躍を掲げるときに大切にしている視点とは?

今回の躍進を陰で支えた生産本部 西日本生産部 人事担当の種橋 直実(たねはし なおみ)さんと人事総務本部 人財・組織開発部長兼D&I・スマートワーク推進室長の流郷 紀子(りゅうごう のりこ)さんのお二人に伺いました。


「コロナ禍になり、オンラインでのミーティングが当たり前になったことが、女性管理職増員の追い風に」

カルビー株式会社 生産本部 西日本生産部 人事担当部長
種橋 直実(たねはし なおみ)さん

—まずは、今回の工場の女性管理職を増やす取り組みをスタートしたきっかけを教えてください。

種橋さん:
私は、2020年に現職である西日本生産部の人事担当部長に就きましたが、当時はカルビーの西日本にある6工場のうち、3工場で女性の管理職がゼロだったんです。全社的に女性管理職を増やそうとしているなかで、西日本の工場ではかなり停滞している状況で、女性活躍推進は私のミッションの一つと感じていました。

—女性管理職登用がなかなか進んでいなかった理由とは?

種橋さん:
製造現場では、実は「班長」や「主任」として、たくさんの女性が活躍されていますが、工場のラインによってはシフトが3交代になっていて早朝勤務や夜間勤務があることですね。「課長」になれば日勤なのですが、その手前で、例えば結婚や出産などのライフイベントで交代勤務を離脱することで、キャリアが途絶えてしまうという課題があったんです

—女性管理職登用が停滞していたなか、各工場長とも相談しながら人財マップをつくるなど、かなり大変だったのではないですか?

種橋さん:
コロナ禍でコミュニケーションが希薄になっているといわれていますが、実は、コロナ禍になり、オンラインでのミーティングが当たり前になったことが、追い風になりました。西日本には、鹿児島から岐阜まで6工場ありますが、現地に行かなくてもミーティングが可能になったので。

管理職候補者をリストアップする「人財マップ」は、今回取り入れた新たな仕組みなのですが、その相談や進捗報告もスムーズにできました。コロナ禍の課題はたくさんあるのですが、遠隔地とのコミュニケーションがやりやすくなったことは大きかったですね。

最初はそんな急に管理職を増やせるのか、と心配もありました。でも、工場長から「候補者は沢山いるんだけどね」」と言ってもらえ、安心しました。各工場長や生産部門の上層部も、ダイバーシティへの考え方に理解があり、それまで「班長」は3交代制が基本でしたが、今は日勤の「班長」が誕生したり、「主任」になる女性の人数が増えたりするなど、少しずつ変わってきています

 


「かつては私も声をかけてもらうことで勇気をもらったり、くじけそうなときに元気をもらったりしました」

カルビー株式会社 人事総務本部 人財・組織開発部 部長兼D&I・スマートワーク推進室長
流郷 紀子(りゅうごう のりこ)さん

 

—本社にいた流郷さんは、種橋さんの取り組みをどのように見られていましたか?

流郷さん:
私は2021年の2月にカルビーに入社したのですが、活躍の様子は風の便りで伝わってきていてました(笑)。とにかく、女性管理職候補とのコミュニケーションをしっかりと取られているなと遠くから見ていましたが、それが功を奏したと思っています。「声をかける」ことは、些細なことかもしれませんが、当事者にとってはすごく大事なことですよね。かつては私も声をかけてもらうことで勇気をもらったり、くじけそうなときに元気をもらったりしました。

種橋さん:
それほどきめ細かくフォローしていたわけではないですが、研修プログラムをのぞき見をして参加者に話しかけたり、工場に行ったときに「どんな感じ?」と聞いたりしていました。

というのも、私自身が2015年に管理職のオファーを受けた当時、なんの心の準備もスキルの用意もできていなくて不安だったんです。「せっかくオファーしてくれているのに、断るのも……」と悩んだ経験があります。今は研修もあって、“船が来たとき、それに乗る心の準備”ができているから、管理職のオファーも受けてもらいやすいだろうと思います。

 

続きはこちら<F30のnote>

 

 

 

 

 

 

share
page top