Catevory
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

【F30プロジェクト】女性メンバーの自己肯定感を上げたい! こんなとき、どうする?

リーダーとして仕事をしていれば、必ずぶつかるコミュニケーションや人間関係の問題。相対する人も違えば、状況もさまざまで、「こうすれば正解」がないのが難しいところです。

そこで、女性リーダーたちが実際に体験したコミュニケーションの課題とそれに対するアクションをケーススタディとして紹介。同じような課題を抱える人のヒントになれば、という思いで届けていきます。

今回は、広告系企業で部長職を担うルイさんが経験した、部下の育成における課題について。男性主体の組織のなかで、どうしても声が小さくなりがちな女性メンバーを育てるために取り組んだ方法を紹介します。

 

ニックネーム:ルイさん(50代)
金融系の営業事務職、編集プロダクション、広告制作会社を経て、広告プロモーション会社では部長職に。持ち前の体力と気力をもって、猪突猛進で仕事に取り組む体育会系の自覚あり。2022年度から新天地で活躍中。

 

男性社会で女性はマイノリティ。プレゼンが通らず、自信をなくすことも

もともと男性社会の広告業界では、女性は言わばマイノリティ。今でこそ、私が所属していた広告系の会社は女性の従業員が30%程度になっていますが、以前はもっと少なかったんですよね。

そんななかで20年以上働いてきた私の肌感としては、やっぱり男性と女性っておもしろがる部分がちょっと違うな、と。

もしかしたら性差というより、広告業界に古くからいる人たちの傾向かもしれないですが、男性はとにかくドカンと大きいことをしたい、「世界初」とか「日本一」とか分かりやすいネタが大好き。

一方、部下の女性メンバーを見ていると、ちょっとした心の機微や共感性をすごく大事にする傾向があるな、と。だから、細かくて繊細な企画を出すんですが、それが男性の上司には伝わらず、企画が通りにくいんですよね。

そういうことが続くと「どうせ、企画も通らない」「どうせ、私なんて」と感じてしまう。プレゼンも自信がないような話し方になってしまい、なおさら伝わらない……というメンバーもいました。_______________ 

 

 

続きはこちら<F30のnote>

 

 

 

 

share
page top